帯板・幕板剥離の修理と費用相場|適切な補修方法4選と綺麗に保つコツ

帯板の剥離

家の帯板のところだけ塗装が剥がれてきた!

目立つところだし、みっともない…

これってどうすればいいの?

とお困りの方も多いのではないでしょうか。

 

帯板(幕板)とは、家の外側についている板状の装飾材・化粧材のことです

1階と2階の間や、ベランダの高さなどに横に走って付いているお家が多いです。

デザインによって、縦に付いている場合もあります。

帯板・幕板

帯板・幕板

 

見た目をおしゃれにするために付いている部材なのですが、

外壁とは別の素材を上から張り付けているので、壁より早く劣化してしまう、ということが非常に多い場所でもあります。

 

この記事では、剥離した際の最適な補修方法を、劣化状態別でご紹介します。

また、そもそも剥離してしまった原因と、今後綺麗に長持ちさせるためにできることも併せて解説します。

 

元がおしゃれなお家だからこそ付いている部材です。

そのデザインを長く楽しむためにも、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 


1章 帯板(幕板)剥離 状態で選ぶ補修方法4選と費用

帯板、幕板は、雨風の影響を受けやすいことや、素材などの要因により、どうしても劣化症状が出やすい場所です。

症状の度合い似合わせて補修方法が4ありますので、状況や予算に適した補修を行ないましょう。

 

放置しておくと、見栄えが悪くなってしまうのはもちろんのこと、

ぼろぼろに崩れた帯板の落下や、外壁を弱らせて雨漏れの原因になるなど、家全体へのダメージにもつながってしまいます。

 

劣化症状の軽い順に紹介していきます。

 

1-1 軽度の剥がれなら|ケレン作業+塗装

帯板塗装

一部分の塗料が少し剥がれている程度であれば、ケレン作業(手作業による下地調整)で古い塗膜をしっかり落とし、再塗装しましょう。

費用相場:8001,200/m

 

下地調整を丁寧にすることで見た目も綺麗に塗装できますし、塗料の密着性が高まり、今後剥がれにくくなります。

 

☆ケレン作業とは…

  • やすりなどを使って、素材の表面にわざと傷をつけるように整える作業です。

    細かい傷が付くことによって、塗料がしっかり食い込んで剥がれにくくなります。

    古い塗膜を除去するためにも行います。

 

1-2 凸凹が目立つなら|パテ補修+塗装

少し劣化が進んで、帯板が部分的に欠けたりして凸凹が気になる場合は、パテやコーキングで埋めて平らにならしてから塗装をして、綺麗にしましょう。

費用相場:8001,400/m

 

塗装は、広い面はローラーで行いますが、補修箇所など細やかな作業の時はハケに持ち替えて、一つ一つ丁寧な作業が必要です。

 

■凸凹箇所の補修+塗装帯板の補修

 

■ひび割れ箇所の補修+塗装

帯板の補修

 

1-3 割れや欠けが多いなら|帯板交換

帯板のひび割れや欠けも多い…という場合は、帯板の交換をしましょう。

費用相場:5,000~8,000/m

※建材のグレードや足場の必要有無により金額も差が出ます

 

パテやコーキングの補修は、あくまで小さい面積のみに使う方がおすすめです。

あまり広い部分を補修すると、しっかり平らにならずきれいに仕上がらない可能性があります。

補修か交換か、業者さんと相談して、きれいに仕上がる方を選びましょう。

 

帯板交換の様子

■剥がれのひどかった帯板

帯板交換

ベランダの帯板の剥がれがひどかったため、この面だけ交換をしました。

 

■傷んだ帯板の撤去

帯板交換

■撤去した帯板

帯板交換

全体的に水分を含み、もろくなっていました。

 

■新しい帯板の取り付け

帯板交換

■ビスで固定

帯板交換

帯板交換

■塗装して完成!

帯板交換

 

  • ※注意!
  • ものによっては、全く同じデザインの板材が、廃版になって手に入らない可能性もあります。
  • (上下にラインが入っている、下が階段状に成形されている、など、実は帯板も種類があります。)
  •     
  • ■デザイン性の高い帯板
  • 帯板
  • 境目がわかると逆に目立ってしまうため、帯板交換は、面ごとに行うのがおすすめです。

 

1-4 今後メンテナンス不要にしたいなら|板金巻き工事

帯板が全体的に傷んでいて、今後なんどもお手入れするのは嫌だな…という方は、板金巻き工事をしましょう。

今の帯板の上から金属を貼って覆ってしまう工事です。

費用相場4,000~8,000/m

※足場の必要有無により金額も差が出ます

 

■劣化がひどかった窓回りの幕板

板金工事

板金工事

■板金巻き工事後

板金工事

 

交換工事もできますが、お家全体など施工箇所が広いと、撤去処分も含むため施工費が高くなりやすいです。

その点、板金巻き工事なら撤去処分は要りませんから、場合によってはお得になります。

 

また、完全に覆ってしまうことで雨水が直接触れなくなります。

今後のお手入れの心配を無くしたい人におすすめです。

 


2章 帯板剥離の原因

帯板の剥がれを見ると、多くの方は施工不良じゃないの?と考えるかと思います。

しかし、実際に施工不良であることは稀です

元々帯板は、外壁などと比べるとどうしても劣化しやすい場所なのです。

 

まずは帯板が劣化しやすい特性について解説します。

そのあとで稀にある施工不良についてもご紹介しますので、この原因を押さえることで、今後よりきれいに長く保てるようにしましょう。

 

2-1 構造上水分が溜まりやすい

帯板は、外壁や屋根などの他の部位と比べて、どうしても劣化が早い場合があります。

なぜなら、外壁の上に張り付けてある、という構造上、水分が溜まりやすいからです。

帯板の劣化原因

通常の外壁のような平らな面であれば、雨が降ってもそのまま壁を伝って下へ流れていきますが、帯板があるとそこの出っ張りで水が溜まります

すると、帯板自体に水が触れている時間が長くなる為、素材が湿気を帯びてもろくなってしまうのです。

 

さらに、帯板の中に入った水分が乾いて蒸発しようとするときには、表面から出ていきますから、塗膜を弱らせていき、最終的には膨れ・剥がれが出ることもあります。

帯板の劣化原因

帯板の傷みの多くが、こうした経年劣化なのです。

 

■帯板の上部が劣化している様子

Deterioration of decorative board

帯板の劣化

 

水分の溜まりやすさを解消する対策方法については、3章をご覧ください。

 

2-2 ケレン作業の不足

実際にはあまり件数はありませんが、施工不良として考えられるのは、塗装前のケレン作業(下地調整)不足です。

塗料の密着性を高めるための作業ですから、これをきちんと実施しないと、逆に密着性が悪く剥がれやすくなってしまうのです。

 

特に、何度か塗装をしているお家の場合は、古い塗膜を落とすためにも、この作業が重要になってきます。

どんなに良い塗料を塗ったとしても、古い塗膜や汚れが残ったままでは、そこから剥がれてしまいます。

 

塗装してもらった業者にアフターフォローで補修してもらったり、

塗りなおしの際に念入りに下地調整してもらいましょう。

 


3章 綺麗に長く保つためにやるべき2つの事

帯板はどうしても劣化しやすい部材ですが、それを少しでも抑える対処法があります。

ここでは、帯板を綺麗に保つためにできること2つに絞ってご紹介します。

 

元々がデザイン性を高めるために付いている部材ですから、ポイントを押さえておしゃれな外観を維持してあげましょう。

 

3-1 帯板の上の“三角コーキング”

帯板の塗装や交換をする際には、帯板上部に“三角コーキング(帯上コーキング)”をしてもらいましょう

コーキング(ゴム状の防水材)を打つことによって、壁を伝ってくる水が、帯板の上に溜まるのを防ぐ方法です。

帯板の三角コーキング

 

■塗装前に三角コーキングした帯板

帯板の三角コーキング

 

コーキング施工の費用相場:7001,000/m

 

ほんのひと手間ですが、こうすることで帯板に水分が溜まりにくくなります。

剥がれ・膨れの予防になりますし、帯板自体を保護することにもなりますので、塗装の際はぜひ見積もりに入れてもらいましょう

 

3-2 定期的なアフター点検

帯板のお手入れをした後は、3~5年おきに、施工業者に点検してもらいましょう

なぜなら、一番チェックが必要な帯板上側は、普段見ることができない高いところだからです。

 

帯板を綺麗なまま保つには、上部から水が入らないことが大前提です。

コーキングも永久ではなく、紫外線でひび割れたり劣化してしまいます。

定期的にチェックして、傷んでいたらまたコーキングを追加してもらいましょう。

 

きちんとした業者であれば、帯板が傷みやすい要注意部材であることは承知しているはずです。

工事後も長いお付き合いができる業者さんに頼んで、綺麗に大事にし続けてあげてくださいね。

 


まとめ

お家の帯板・幕板は、水が入りやすいため、どうしても傷みやすい部材です。

塗装が剥がれてきたら、状態に合わせて補修をしましょう。

 

補修する際にはぜひ“三角コーキング”処理をしてもらい、

工事後もアフターメンテナンスに来てくれる業者だと安心です。

帯板の特性を理解して、おしゃれな外観を長く保てるようになりましょう。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

【この記事を読んだ方におすすめ】

放っておけないクラック(ひび割れ)の3つの症状と家を守る補修方法

帯板修理の際に業者を呼ぶなら、他に直すところが無いか見て、ついでにやってもらうと安心ですよ。

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。