【事例40選】デザイナーが教える外壁・屋根の色の組み合わせポイント

外壁と屋根の色の組み合わせ

「10年に一度の塗装、せっかくだから屋根も外壁も新しい色にしたい!」

「外壁と屋根の色の組み合わせのコツは?」

できればセンスの良い配色で、満足できる塗装工事にしたいですよね。

よくある外観だとつまらないし、かといって自分で色を選んでやぼったくなってしまうのも不安です。

では、どうすればバランス良く、納得いく色選びができるのでしょうか。

 

実はお洒落なお家には、「色の黄金比」「窓サッシの色」によってお洒落にまとまる配色のコツが隠されているのです!

 

この記事では、美術大学院を卒業して色のスペシャリストとして、様々なお家のカラーアドバイスを担当してきたデザイナーの目線から、配色のポイントと、実際の施工事例もあわせてご紹介します。

 

ぜひ、あなたのお家の理想のおしゃれな色選びの参考にしてみてください。

 

1-1 お家の配色は「色の黄金比」で考えよう

色の黄金比とは、70:25:5の割合で配色を行う面積比率のことです。

「ベースカラー」、「メインカラー」、「アクセントカラー」の3つで構成されており、それぞれ役割があります。

  • ①一番大きな部分を占める、 ベースカラー(70%)

    ②配色の主役となりお家の印象を決める、 メインカラー(25%)

    ③メインカラーを引き立てる、 アクセントカラー(5%)

お家の外観に限らず、センスが良いと感じる配色の多くには、この「色の黄金比」と呼ばれる法則が使われています。

例えば、身近なファッションやインテリアにも活用されています。

 

キッチンの参考画像

色の黄金比

▲こちらのブルーグレーの収納棚がかわいいキッチン。

ベースカラーがホワイト、メインカラーがブルーグレー、アクセントカラーがブラックとなっています。

 

では、この「色の黄金比」を使ったお家にはどのような例があるのでしょうか。

実際の施工写真を参考に具体例を見ていきましょう。

 

青い壁のお家

▲例えば屋根の形がかわいいこちらのお家。

外壁:ベースカラー(70%)屋根:メインカラー(25%)窓枠や帯:アクセントカラー(5%

 

外壁の爽やかなブルーと白のアクセントが主役の屋根を引き立て、お家の配色がバランスよくまとまっているため、周りのグリーンや木部のネイチャーカラーとの相性もバッチリです。

 

1-2 お家の色選びは「窓サッシ」の色が決め手

お家の色を決める際は、窓サッシの色に合わせて色を決めることをお勧めします。

なぜなら、窓サッシは塗装で色を変えられない場合が多く、窓サッシに外壁や屋根の色が合っていないと、お家全体の見栄えに影響し、失敗する可能性が高くなるためです。

 

まずは窓サッシの色にしっくりくると思える色を意識して選びましょう!

 

とはいっても、我が家の窓サッシにあう色ってどんな色があるの?と思いますよね。

そんな方のために、窓サッシ色別、おすすめ屋根外壁色組み合わせ施工事例をご用意しました。

ぜひ参考にしてみてください!

 


2章 【窓サッシ色別】おすすめ屋根外壁色組み合わせ施工事例

この章では、窓サッシ色別、おすすめ屋根外壁色組み合わせ施工事例をご紹介します。

我が家のサッシにはどんな色が合うのか、イメージを膨らませていきましょう!

 

2-1 黒の窓サッシにあう組み合わせ

黒のサッシはお家の全体を引き締めスッキリとまとめてくれるので、どんなお家もスタイリッシュで垢抜けた印象にしてくれる魅力があります。

黒ならではの重厚感を引き立てる色の組み合わせがおすすめです。

 

▼黒系の屋根×モノトーン系の外壁

グレーの外壁

白や、黒、グレーのモノトーンの配色で組み合わせは◎。

黒サッシの魅力を引き立てシャープでモダンな雰囲気にまとまります。

 

モダンなお家

木部分との相性も抜群。三角屋根のお家も洗練された雰囲気になりますね。

 

黒い外壁

屋根や壁と同系色でまとめてサッシの主張を抑えることで、ホワイトのアクセントや、お庭のグリーンを良い感じに引き立ててくれます。

 

▼黒系の屋根×ブラウン系の外壁

ブラウン系外壁

落ち着きのあるブラウンと黒の組み合わせは、クラシックで上品なお家にぴったりです。

 

白、ブラウンの外壁

白とブラウンの両方とも黒いサッシはうまく調和してくれます。

 

2-2 白の窓サッシにあう組み合わせ

白のサッシはお家をやさしい雰囲気にしてくれるのはもちろん、どんな色にも合わせられるので、他のサッシでは合わせるのが難しい色にもチャレンジできるのが魅力です。

例えば、ニュアンスカラーの外壁もおしゃれに仕上がりやすいのでおすすめです。

青

ニュアンスカラーとは、はっきりとした鮮やかな色に、グレーやベージュを混ぜて、少し彩度を抑えたような色味のことです。

「白サッシとグレー系屋根」の無彩色の組み合わせは、比較的どんな色にもあいますが、外壁をニュアンスカラーにすることで特に色彩を楽しみたい方におすすめです。

良い意味で主張が少なく、どんな色も取り入れやすいので、お家に個性を出しつつも、柔らかい印象でおしゃれにまとまりやすいのが魅力です。

 

▼グレー系の屋根×グリーンの外壁

グリーンの外壁

モダンな形のお家でも、グリーンのニュアンスカラーで可愛らしい印象に!

 

▼グレー系の屋根×ピンクの外壁

ピンクの外壁

外壁のピンクが主張しすぎず、濃いグリーンとの相性もバッチリ!

 

▼グレー系の屋根×イエローの外壁

外壁 黄色

イエローで爽やかで明るい印象に。ニュアンスカラーはタイルやレンガなどとも合わせやすいですね。

 

▼グレー系の屋根×パープルの外壁

外壁 紫

ラベンダーの外壁で、大人かわいい雰囲気が魅力的です。

 

白いサッシは、もちろん濃い外壁色との相性も◎です!

▼グレー系の屋根×ダークグレーの外壁

黒い外壁

モノトーンな配色の中に、ワンポイントのポストの赤がセンスを感じます。

 

▼グレー系の屋根×ネイビーの外壁

ネイビーの外壁

ネイビーの外壁と合わせれば、上品で知的な印象に。

 

▼グレー系の屋根×ブラウンの外壁

ダークブラウン

ダークブラウンの外壁でも白のサッシと合わせることで重くなりすぎず、高級感と温もりを感じるお家になります。

 

▼グレー系の屋根×赤い外壁

赤と白のお家

白のサッシと赤の外壁を合わせることでカントリー調のお家に。

赤い外壁は一見くどくならないか心配ですが、全体のカラーバランスを工夫することで、個性的でおしゃれな外観に仕上がります。

周りの外観との調和が心配な方は、落ち着きのあるブラウン寄りの赤や、ツートンでクリームと合わせると悪目立ちしにくいです。

 

ブラウンの屋根色は、イエローやオレンジ系の類似色や、同系色を外壁に選ぶとしっくりまとまりやすくなります。

▼ブラウン系の屋根×イエローの外壁

黄色の外壁

イエローの外壁で快活さを出しつつ、屋根やタイルのブラウン、白のサッシとのバランスで柔らかで落ち着きのある印象になります。

 

▼ブラウン系の屋根×ブラウンの外壁

ブラウンの外壁

屋根と外壁を茶系でまとめることで、白のサッシがアクセントとしてブラウンのあたたかみを引きたてています。

 

また、赤やオレンジ系の屋根の場合は、ぜひとも屋根を目立たせるべき。

屋根を引き立てる優しい色合いの外壁色を組み合わせるのがおすすめです。

▼オレンジ系の屋根×クリーム色の外壁

黄色い外壁

白サッシと馴染みの良いクリームの外壁と合わせることで、メリハリをつけすぎずナチュラルにオレンジの屋根を引き立てます。

 

▼オレンジ系の屋根×アイボリーの外壁

アイボリー

柔らかい屋根と外壁の色を、白いサッシも邪魔せずおしゃれに仕上げてくれます。

 

▼赤系の屋根×クリーム色の外壁

クリーム色

赤い屋根とクリーム・アイボリー色の外壁の組み合わせは、お家を憧れの南欧風の雰囲気に。 

 

最近人気な緑系の屋根も、イエローやアイボリーなどの明るい色の組み合わせがぴったりです。

▼緑系の屋根×イエロー系の外壁

黄色い外壁

モスグリーンの屋根とクリームよりの明るめのイエローの外壁で、目立ちすぎずバランスの取れた配色に。白サッシのアクセントで爽やかさをプラス。

 

▼緑系の屋根×アイボリーの外壁

アイボリー、白の外壁

白サッシと外壁を近い色でまとめることで、屋根とサッシの縁取りの鮮やかなグリーンが主役となりお家の魅力になっています。

 

2-3 茶色の窓サッシにあう組み合わせ

木や土の色をイメージさせる茶色のサッシは、自然界にある色との組み合わせがおすすめ。

お家に温もりや安心感を与えてくれます。

特に、伝統的な和風のお家や、落ち着いた洋風のスタイルに合わせやすいです。

 

▼黒系の屋根×ブラウン・ベージュ系の外壁

黒、ブラウンの外壁

黒の屋根と合わせることで和風なお家や和モダンなお家にぴったり。渋くてかっこいいですね。

 

▼茶系の屋根×茶系の外壁

ダークブラウン

全体を同系色でまとめることで、茶系ならではのあたたかな魅力が増します。

赤みがかったブラウンで品のあるお家に。

 

▼茶系の屋根×アイボリーの外壁

茶色、アイボリー系外壁

漆喰の外壁と茶系の屋根とサッシとの組み合わせが和風のお家の魅力を引き立てています。

 

▼緑系の屋根×アイボリーの外壁

アイボリーの外壁

自然を感じさせる茶系は、もちろんグリーンとの相性もバッチリ。

アイボリーの外壁が2色を引き立ておしゃれな外観になっています。

 

2-4 グレー・シルバーの窓サッシにあう組み合わせ

グレーやシルバーのサッシは今人気のカラー。

お家をスタイリッシュでモダンな雰囲気にみせてくれます。

基本的には暖色系より、寒色系の色やモノトーンとの組み合わせがおすすめです。

白を使う場合も、クリーム系より、すっきりしたオフホワイトの外壁の方が、より洗練された印象になります。

 

▼黒・グレー系の屋根×オフホワイト、グレーの外壁

グレーの外壁

ダークグレーとオフホワイトで、全体的にモノトーンでまとまった印象のお家です。

 

▼黒・グレー系の屋根×オフホワイト、ブルーの外壁

白、青の外壁

オフホワイトの外壁の一部に、ブルー系の色の組み合わせが◎

 

▼黒・グレー系の屋根×グレーの外壁

黒い外壁

ダークグレーの外壁とシルバーのサッシの組み合わせは、より近代的でかっこいい雰囲気になりますね。木部分の相性もいいです。

 

▼黒・グレー系の屋根×青系の外壁

青い外壁

洋風のお家も、寒色系の外壁なら違和感なくお家を上品で爽やかな仕上がりに。

 

外壁塗装セミナー

3章 色を決める際のポイントと注意点

配色のバランスの方法、組み合わせのコツがわかってきたところで、さらに色選びを成功させるためのポイントや注意点をご紹介します。

 

3-1 色の黄金比は屋根を基準に考える

1章で紹介した「色の黄金比70:25:5(ベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%)」ですが、ただ黄金比と言ってもお家によって、その組み合わせは様々。

どんなふうに面積比率を決めればいいかな?

と迷った時は、屋根を基準に考えると決めやすいです。

※厳密に70:25:5じゃなくても大丈夫。大まかな割合でイメージしていきましょう!

 

  • 例① 屋根が大きく、下からよく見える場合

家のイラスト

外壁をベースカラー(70%)、屋根をメインカラー(25%)、窓サッシや玄関ドアをアクセントカラー(5%)として考えるとまとまりやすくなります。

 

  • 例② 屋根が傾斜が少なく、下からほとんど見えない場合

家のイラスト

外壁をツートンカラーにし、ベースカラー(70%)とメインカラー(25%)で配分、窓サッシまたは玄関ドアをアクセントカラー(5%)として考えるとまとまりやすいです。

 

3-2 近隣との相性を考える

色を選ぶ際は、周りのお家とのバランスもよく考えた上で決める必要があります。

なぜなら、周囲にはない派手な色にすることにより、違和感を感じてしまうだけではなく、「景観が壊れた」と、近隣とのトラブルにも発展する場合もあるからです。

 

家のイラスト

⇨周りがブラウン系のお家が多いのに対して、青の原色のお家は景観を壊してしまう可能性が高いです。

周りのお家の色の系統も一通り見て、馴染む色を選びましょう。

 

また、観光地など地域によっては「景観保護法」関係から使用できる色が限られている場合があるため、色を決める前に、住んでいる地域の法的制限も確認しておきましょう。

 

3-3 日の当たり方によって見え方が変わる

色の見え方は、表面に反射する光の量で変わります。

そのため、日にあたる部分、影になる部分のバランス、晴れの日と曇りの日で、お家の印象が変わってきます。

 

■晴れの日と曇りの日の見え方イメージ

家のイラスト 晴れと曇り

同じ色でも光の当たり方によって見え方が違います。

施工事例や、自分のお家を見て日の当たり方による色の変化をチェックしましょう。

これを知っておくと、後になって「イメージと違う!」という失敗を防ぐことができますよ。

 


4章 こんな組み合わせも!上級者向けおしゃれな施工事例9

ここまではあくまでおすすめの配色、組み合わせ方法をご紹介してきましたが、もっと自由に、オリジナリティを出したいという方に、上級者向けおしゃれな施工事例をご紹介します。

 

4-1 色選びで個性を出す

▼白の窓サッシ×クリームイエローの屋根×ピンクの外壁

ピンク

まるで絵本に出てきそうな黄色い屋根のかわいいお家。

屋根は重めの色や無彩色をイメージしがちですが、思い切って明るい色で組み合わせるのも楽しいですね。

 

▼茶色の窓サッシ×ライトブルーの屋根×イエロー×レンガの外壁

イエロー

こちらもまるで絵本に出てきそうな、水色屋根のかわいいお家。

色数が多く難しそうですが、アクセントのサッシ以外の色の強さを上手く揃えることでバランスが取りやすくなります。

 

▼黒の窓サッシ×黒の屋根×ライトグリーン×アイボリーの外壁

緑の外壁

一見、黒のサッシと合わなそうな外壁の組み合わせですが、浅緑のグリーンのチョイスが絶妙です。

重くなりそうな黒をアクセントとして活かしつつ、爽やかな印象のお家に。

 

▼シルバーの窓サッシ×黒の屋根×オレンジ×グリーンの外壁

黄色、緑の外壁

思い切った鮮やかなグリーンにメタリックな窓サッシがなんともマッチ。

個性的なお家の形をより活かした配色になっています。

 

4-2 アート塗装で個性を出す

アート塗装とは、外壁や門塀、家の附帯部分に絵や文字を描く塗装のことです。

色の組み合わせで無理に個性を出さなくても、ちょっとしたアートを取り入れるだけで自分らしさを表現できます。

 

▼窓サッシにお花と蔦のアート

ペイントアート

植物のデザインは取り入れやすく、おしゃれになるのでおすすめです。

 

▼お子様の成長の思い出に、木のデザインの身長計

ペイントアート

ペイントアート

記念写真はいつもここで!家族の思い出の場所にぴったりのアートです。

 

▼玄関まわりにお花のウェルカムアート

アートペイント

アートペイント

可愛らしいウェルカムアートがあると、お家に入るたびほっこり嬉しくなりますね。

 

▼お家のネームプレートがわりにも!

アートペイント

ペイントアート

家族の一員、ワンちゃんのイラストを入れるアートも人気です。

 

↓アート塗装の事例をもっと見たい方はこちらをご覧ください

 


まとめ

いかがでしたでしょうか?

屋根と外壁の色の組み合わせについて、今回この記事で覚えていただきたいことは大きく2つです。

 

①お家の配色の割合は「色の黄金比」で考える

  • ・一番大きな部分を占める、 ベースカラー(70%
  • ・配色の主役となりお家の印象を決める、 メインカラー(25%
  • ・メインカラーを引き立てる、 アクセントカラー(5%

 

  • ②お家の色は窓サッシの色に合わせて決める

 

併せてこちらのポイントも色選びの参考にしてみてください。

  • ・色の黄金比は屋根を基準に考える
  • ・近隣との相性を考える
  • ・日の当たり方を確認する

 

コツさえ上手く押さえれば、特別なセンスは入りません。

誰でもおしゃれな外観に近づけることができます。

少しでもあなたの理想の外観の色選びに役立てたら幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

【無料】塗装お見積り カラーシミュレーション付!

「せっかくの外壁塗装だから、色やデザインにこだわりたい。」

「どうしたらいいか分からないから、詳しい人からアドバイスが欲しい…。」

とお困りではありませんか?

 

そんな方はぜひ、私たちユーコーコミュニティーへご相談ください!

東京・神奈川で15,000件以上の実績を持ち、適正価格・高品質であることはもちろん、

美術大学出身の塗装職人カラーコーディネーター資格を持つスタッフが色・デザインにお悩みの方もしっかりサポートいたします。

  • 外壁塗装の無料お見積りで、ご自宅の写真を使ったカラーシミュレーション6パターンをサービス!
  • ご契約後にはさらに高精度なシミュレーションが無制限!タブレットで何度も試せる!
  • カラーアドバイザーによるZOOM相談も実施中
  • 丁寧な点検に基づく詳細見積もり書を、ご要望にあわせ複数ご用意
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 相見積もりOK!他社様との比較にもご利用ください

点検、お見積り、内容説明まで無料で行っていますので、ぜひお気軽にお申し込みください。

※無制限シミュレーション、カラーアドバイザーZOOM相談はご契約者様限定サービスです。

 

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!