失敗しないALC外壁の塗料選び3つのポイント&プロ厳選おすすめ塗料

ALC塗装

こだわって建てたALC外壁のお家。

外壁塗装をするなら、ちゃんとALCに適した塗料を選んで使いたい、という方も多いのではないでしょうか。

 

実はALCに合った塗料選びは、そこまで難しくありません。

ここでご紹介するポイントさえ押さえておけば、誰でも後悔しない塗料選びができるようになります。

ご自身で選んだり、業者の提案が適切か見極めたりして、しっかりメンテナンスをしてあげましょう。

 

この記事ではまずALCに適した塗料のポイントを、機能面からデザイン面まで全体を通して成功できるようにご紹介します。

それから具体的なおすすめ塗料も紹介しますので、迷った方はこちらを参考にしてみてください。

 

またどんなに良い塗料も、扱う業者・職人の腕によって質が左右されてしまいます。

選んだ塗料の性能を100%発揮してくれる優良業者の選び方も解説しますので、塗装工事をより良いものにするために実践してください。

 

ALCはとても優秀な建材です。

しっかり塗料を見極めてお家を長く保つために、ぜひ最後までしっかりお読みくださいね。

 


1章 ALC外壁の塗料選び3つのポイント

ALC外壁の塗料選びで重要なのは、たったの3点です。

ここさえ押さえておけば、失敗することなく適切な塗料を選べますので、必ずチェックしてくださいね。

 

1-1 劣化状態に合わせて下塗りにフィラー・シーラーを使う

ALCの下塗り塗料

一般的にALC塗装では、『フィラー』などの高粘度の下塗り塗料を使いましょう。

粘度の高いどろっとした質感の下塗りは、肉厚な塗膜を作ることができます。

ALC外壁は小さなひび割れから水が浸入すると脆くなってしまうという弱点があるため、フィラーのような肉厚でひび割れしにくくしてくれる塗料が適しています。

その他、ALC適用とカタログに明記されている『シーラー』でも問題ありません。

 

ただ、築年数が経っていてALC表面がすでに劣化している場合は、『シーラー+フィラー』と組み合わせた下塗りを行なうのがおすすめです。

シーラーは水のようなサラサラした塗料ですが、先に塗っておくことで下地強化・塗料の密着性向上ができ、より強い塗膜を作ることができます。

 

このように、ALCの下塗りは現在の劣化状況に合わせる必要があります。

どんな仕様にするかは、きちんと業者に選んでもらうようにしましょう。

 

★下塗り…

3回塗りのうち一番最初の塗装。外壁と上塗りとの間の接着剤、調整剤の役割をする。

 

1-2 耐用年数の長い上塗りにする

ALCの上塗りには、フッ素など耐久性の高い塗料を使いましょう。

なぜなら、ALC自体がとても耐久性が高く、長く使える外壁材だからです。

耐久性の高い塗料を使うことで将来の塗装回数を減らすことができ、コストパフォーマンスが良くなります。

 

■塗料の耐用年数と費用相場

塗料

耐用年数

費用相場

ウレタン

8~10

80~125万円

シリコン

10~15

100~140万円

フッ素

15~20

120~165万円

無機

20~25

125~200万円

  • ※費用は30坪2階建てALC塗装面積150~180㎡の概算
  • ※足場代、コーキング補修、附帯塗装などを含む

 

スタンダードで人気があるのはシリコン塗料ですが、ALCならばより長持ちするフッ素、無機塗料の方がおすすめです。

ご予算に余裕がある場合はぜひフッ素以上で検討し、そうでない場合はシリコンを選ぶようにしましょう。

 

1-3 デザイン性を高めるなら多彩模様塗料を使う

多彩塗料

ALCの外壁は、メーカーによっては新築時に石材のような細かい色柄のデザインがついているものがあります。

この質感を保ちたい、また同じような重厚なデザインに塗り替えたいという場合は、通常の塗料ではなく「多彩模様塗料」を使いましょう。

 

普通の塗装は単色なので、もともとの色柄はすべて塗りつぶされてしまいます。

しかし多彩模様塗料は、中に小さなカラーチップなどが入っているため、いくつもの色が重なってできる重厚感、高級感を演出することが可能です。

 

ALCは60年以上も持つ高耐久の外壁ですから、お住まいの方にとっては見た目も大切だと思います。

デザインにこだわりたいという方は、ぜひ多彩模様塗料を選びましょう。

 


2章 厳選!ALC向けおすすめ塗料3

結局どの塗料にすればいいかわからない、という方のために、おすすめ塗料を3つご紹介します。

ALC外壁の実績も豊富な塗装のプロが厳選した、信頼できるメーカーの塗料ですので、迷ったときにはぜひ参考にしてくださいね。

 

2-1 スタンダード仕様なら|アレスダイナミックTOP

アレスダイナミックトップ

出典:関西ペイント株式会社

グレード

シリコン

耐用年数

12~15

単価相場(㎡あたり)

2,300~3,500

 

まずスタンダードな仕様が良いという方におすすめなのが、国内の最大手メーカー・関西ペイントのアレスダイナミックTOPです。

シリコンは製品によって耐用年数に幅があるのですが、この塗料はその中でも特に高い、約15年という耐候性を持っています。

「ラジカル制御」という外壁劣化の原因物質を抑制する機能で、紫外線による外壁の劣化を抑える効果から、この性能が実現しました。

 

金額的にも使いやすいシリコン塗料の中でも耐用年数が長い方なので、ALC外壁のお家に適しています。

 

2-2 長期的なコスパ重視なら|セラスターウォール

カタログ

出典:ジャパンカーボライン株式会社

グレード

無機

耐用年数

20~25

単価相場(㎡あたり)

4,300~5,500

 

ALCの耐久性の高さを活かす、長持ちする塗料をご希望の方には、ジャパンカーボラインのセラスターウォールをおすすめします。

重防食塗料の世界的メーカー「カーボライン社」の開発した塗料です。2025年もつ耐候性は無機塗料ならではです。

※重防食塗料簡単に塗り替えできない大型物件、橋、道路など向けの塗料。高い耐久性が求められる。

 

中部国際空港や東京国際フォーラムなどの塗装にも使用されているため、数ある無機塗料の中でも信頼性が高くおすすめです。

 

2-3 重厚感あるデザインを楽しむなら|水性ゾラコートEX

ゾラコートEX

出典:関西ペイント株式会社

グレード

シリコン

耐用年数

10~13

単価相場(㎡あたり)

2,300~3,500

 

石材のような重厚感ある風合いに仕上げたい方には、水性ゾラコートEXがおすすめです。

複数の色のチップが入った多彩模様塗料で、土壁や石造りの建物のような落ち着いた重厚感ある風合いに仕上がります。

 

■水性ゾラコートの塗装見本

ゾラコートEX

出典: 関西ペイント 水性ゾラコートEXカタログ

あたたかくカジュアルなベージュ系や石材のような落ち着いたグレー系など、カラーバリエーションも豊富です。

 


3章 塗料の性能を100%発揮できる塗装業者の見極め方

ここまでALC外壁に適した塗料を紹介してきましたが、同じくらい重要なのは業者選びです。

なぜなら、どんなに良い塗料を選んでも業者や職人が手を抜いてしまったら、その性能は発揮できないからです。

 

最後に、塗料の品質を最大限発揮してくれる優良業者を見極めるポイントを3つに絞ってご紹介します。

大切なALC外壁を良い状態で維持するために、信頼できる業者を見つけてくださいね。

 

3-1 丁寧な点検をもとにした提案をしてくれる

外壁 点検

まずは見積もり段階でしっかり点検してもらい、おうち1軒ごとに合わせた塗料提案をしてくれるところを選びましょう。

ALCは外壁の劣化状態によって下塗りを選ぶ必要があるからです。

 

例えば業者によっては、提携している1メーカーの塗料しか提案できないところもあります。

これでは、本当にあなたのお家にとって最適な工事にはできません。

また早く契約を取りたいがために、どのお家でも同じような見積もりをぱっと出す業者もいます。

きちんと点検もせずに見積もりを出すのは、塗料の選定ミスなどが起こりやすいため絶対にNGです。

 

ALCは1軒ごとにこだわって建てているお家も多いですし、立地、日当り、風通しなどによって劣化状況も変わってきます。

適切な塗料を選び、良い工事をしてもらうためにも、必ず事前点検をしたうえで提案を作ってもらいましょう

 

3-2 ALCの施工実績が豊富にある

ALC 塗装

工事を依頼するのは、ALC外壁のお家の塗装実績が多い業者にしましょう。

実際に工事経験があるほうが、似たような状況の事例などから、あなたにとって最適な提案・施工をしてくれる可能性が高いからです。

 

今の住宅で最も多いサイディングが78割なのに対し、ALC1割未満と非常に少ないですから、「実はALCは一軒もやったことがない…」という業者も存在します。

初めて扱う外壁材や塗料では、熟練の職人であっても誤りが起きるリスクは高まりますから、工事経験が多いに越したことはありません。

 

またALCは扱っているハウスメーカーも限られており、メーカーによってお家の建て方や劣化の仕方の傾向があります。

「うちと同じメーカーや、似たようなALCのお家の実績はありますか?」と聞いて、確認しておくと安心です。

 

3-3 塗料メーカーの保証がつく

保証書

良い工事をしてもらうためには、塗料を製造しているメーカーから保証が出る業者を選びましょう。

 

一般的な塗装工事の保証は、「工事会社(施工店)」からの保証です。

実は「塗料メーカー」が塗装工事に対して保証を出すことはほとんどありません

なぜなら、どんなに良い塗料を製造しても、現場の職人が仕様通りに施工してくれるとは限らないからです。

万が一現場で薄めて使ったり塗り回数を省略したりしてしまったら、本来の塗料の性能は発揮できません。

 

しかし品質にこだわった業者は、塗料の扱い方・仕様についても管理を徹底しています。

「この会社はすべての現場で正しく塗料を扱っている」とメーカーから認められた会社だけが、塗料のメーカーからの保証も付けてもらえるのです。

 

したがってメーカー保証が出るということは、塗料の仕様をきちんと守っている証拠になります。

 

あなたのお家のALCのために選んだ塗料を、正しく使って性能を100%発揮してもらうために、メーカー保証が出るのかどうかはぜひ確認しましょう。

 


まとめ

【ALC外壁の塗料選びのポイント】

  • ・劣化状態に合わせて下塗りにフィラー・シーラーを使う
  • ・耐用年数の長い上塗りにする
  • ・デザイン性を高めるなら多彩模様塗料を使う

 

【ALC向けおすすめ塗料】

  • ・スタンダード仕様なら『アレスダイナミックTOP
  • ・長期的なコスパ重視なら『セラスターウォール』
  • ・重厚感あるデザインを楽しむなら『水性ゾラコートEX

 

【塗料の性能を100%発揮できる塗装業者の見極め方】

  • ・丁寧な点検をもとにした提案をしてくれる
  • ALCの施工実績が豊富にある
  • ・塗料メーカーの保証がつく

 

ポイントさえ押さえれば、ALCの塗料選びは難しくありません。

迷ったらプロのおすすめ塗料も参考にしてみてください。

しかしどんなに良い塗料も、正しく扱わなければ性能は発揮できません。

業者選びもきちんと行うことで、ALC塗装を成功させましょう。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

【おすすめ記事】

>適正価格が分かる!ALC外壁塗装の費用相場とお得に良い工事4つの秘訣

塗料とあわせて、具体的な工事の内容や費用についてもチェックしておくとより安心です。

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!