自分でできる結露と雨漏りの見分け方|2つのポイントと正しい対処法

結露、雨漏り

窓回りや天井が湿っていたり水滴がついていたりするのは、結露と雨漏りどっちだろう?

と心配になる方もいらっしゃいますよね。

 

確かに結露も雨漏りもお家に起こる水関係のトラブルで、ぱっと見た症状は良く似ています。

しかし、中身は全く別のものです。

 

結露とは、空気中の水分が冷やされることによって起こる現象です。

例えば冷たい水を注いだグラスの外側が濡れてきてしまうのは、身近な結露ですね。

お家の場合は、主に家の中と外の温度差によって発生します。

 

一方の雨漏りとは、屋根や外壁の隙間から雨水などが入り込んで起こるものです。

お家のどこかに不具合が発生しているという状態です。

 

結露は家の中の空気から出てくる水、雨漏りは家の外から入ってくる水なので、対処方法や直し方も変わってきてしまいます。

 

そこでこの記事では、結露と雨漏りの見分け方を分かりやすく解説していきます。

原因が判別出来たあとの対処法修理費用の相場なども紹介します。

正しく直して、今後も快適に暮らせるようになりましょう。

 


1章 結露と雨漏りの見分け方2つのポイント

結露と雨漏りを見分けるポイントは、①時期(いつ発生するか)②場所・範囲(どこで発生するか)です。

ご自宅の気になっている湿り気、水濡れ状況はどのようになっているか、確認してみましょう。

 

結露

  • ・秋~冬の寒い時期
  • ・暖房を入れたとき
  • ・壁一面、窓ガラス全面など広い範囲に起きやすい
  • ・換気をすると改善する

雨漏り

  • ・季節に関係なく、雨の日、台風などの日に起こる
  • ・壁の一部、窓の枠やサッシの端など部分的に起きやすい
  • ・部屋がかび臭いなど内部にも影響が出ている
  • ・換気をしても変わらない

 

1-1 時期での判別

台風被害

結露と雨漏りは、気になっている水濡れがどのタイミングで発生するのかでおよそ判別ができます。

 

秋~冬にかけての寒い時期のみ水滴などが発生する場合は、ほぼ結露でしょう。

特に暖房をよく使うお部屋、換気が十分でなくて湿気が溜まりやすいお部屋は起こりやすいです。

 

逆に、季節に関係なく雨の日・台風のときなどに濡れる場合は、雨漏りの可能性が高いです。

雨漏りは外からの水が無ければ起こりません。

どうしても雨漏りか確証が持てなくて不安だという場合は、業者に散水試験を依頼してみましょう。

※散水試験・・・雨漏りの原因になりそうなところにホースなどを使って水をかける調査のこと。

 

1-2 場所・範囲での判別

結露

どこでどのくらい水濡れが発生するかも、原因特定の目安になります。

 

壁一面や窓ガラス表面、サッシ全体など広く濡れる場合結露の可能性が高いです。

天井が濡れる場合は、天井裏のスペースに湿気が溜まっているのが原因かもしれませんので、天井裏の換気をして変わるかどうか見てみると良いでしょう。

 

壁一部分や、窓ガラス表面ではなく窓枠、サッシの端など、限定された範囲のみに水滴等が出るという場合は、雨漏りの可能性が有ります。

壁や窓は結露していないのに天井だけが水に濡れたり、換気をしても乾かないという場合も、雨漏りが考えられます。

 

また、雨漏りの場合は、部屋の壁などに滲んでくるまでに家の内側を水が伝ってきています。

壁の内側や壁紙を湿らせていることがあるため、「お部屋がかび臭い」「壁紙が黒ずんでいる」ということがあれば雨漏りを疑いましょう。

 

どこで発生しているか、気になる箇所の付近をぐるっと見回してチェックしてみましょう。

 


2章 結露だった場合の対処法と費用

結露に対する対処法は主に2つあります。

「換気・除湿で湿気を減らす」「断熱して冷たい空気を家に入れない」です。

それぞれ見ていきましょう。

 

2-1 換気・除湿で湿気を減らす

換気

手軽にできるのは、換気や除湿によって家の中の湿気を減らす方法です。

湿気は普段の生活で工夫できるところもあり、特別な工事というような費用を出さずに済むことが多いです。

 

結露防止の湿気対策

・こまめな換気

・除湿機、除湿剤を設置

・植物や花瓶を置かない

・換気口の新設

・石油、ガスを燃やす暖房(石油ストーブやガスファンヒーター)を使わない。オイルヒーターやエアコンなどの電気式の暖房を利用する。

 

2-2 断熱して冷たい空気を家に入れない

結露は家の中と外の気温差によって起こるので、それを緩和するために断熱する方法もあります。

こちらは便利グッズでできる簡易的なものから、大掛かりなリフォーム工事まで様々です。

 

結露防止の断熱方法

費用相場

断熱シート(結露防止シート)

500~2,000/

窓下用ヒーター

10,000~30,000/

二重窓(内窓)工事

5~20万円/箇所

屋根裏断熱工事

15~50万円 

※屋根裏60㎡程度の概算

 

■断熱シート(結露防止シート)

断熱シート

ニトムズ透明断熱フィルム(Amazon)

 

断熱効果のあるシートです。窓だけでなく、ドア用のものなどもあり、ご自身で手軽に貼ることができます。

透明なものから、目隠しにできる半透明、かわいらしい柄付きなど、デザインも豊富です。

窓・サッシから伝わる冷気を軽減してくれるので、防寒対策にもなります。

 

■窓下用ヒーター

窓用ヒーター

マルチヒーター(Amazon)

 

窓の下に置いて空気を温め、窓ガラスに結露が出るのを抑制してくれます。電気屋さんやネットで購入できます。

こちらも防寒対策になりますし、結露が落ち着く時期には、トイレや机の下など、狭いスペースの足元用ヒーターとして使うこともできます。

 

■二重窓(内窓)

インプラス

インプラス(LIXIL)

 

通常の窓の内側にもう一枚窓を設置して、二重構造にするリフォームです。業者に依頼して行います。

二枚の窓の間に空気層ができるため、冷気の侵入を防いで結露防止になります。防犯や防音の効果も期待できます。

窓のサイズや、使うガラスの種類によって費用が変わってきます。

 

■屋根裏断熱工事

屋根裏(小屋根)に入ってグラスウールなどの断熱材を敷く・吹き付ける工事があります。

実は屋根裏は、屋根から伝わってきた熱や冷気に影響されて急激な温度変化が起こり、結露を起こし、天井の水染みの原因になったりします。

そのため、屋根の断熱をすることが結露対策になります。

 


3章 雨漏りだった場合の対処法と費用

雨漏りが発生している場合は、「原因の調査水が入らないように修理」という流れで直していきます。

修理費用も原因や規模によって変わってきますので、まずは専門業者に点検してもらい、それから水が侵入しないような修繕工事をしてもらいましょう。

 

3-1 原因調査

サーモグラフィー調査

雨漏りはプロでも原因を特定するのが難しいため、目視だけでなく専門の検査が必要になる場合があります。

検査するだけでも費用がかかる場合がありますので、覚えておきましょう。

調査方法は、雨漏りの状況や場所によって使い分けたり、初めの調査で分からなければ別のものを試したり、と行う場合もあります。

 

調査方法/費用相場

調査内容

目視調査/

無料~3万円

目で見て状況を確認する方法です。ひび割れ、屋根のズレ、外壁の浮きなど、目で見える範囲で行います。業者により、交通費や人件費がかかる場合があります。

散水調査/

3~20万円

原因となりそうな部分にホースで水を流し、実際に雨漏りが発生するか再現してみる調査です。規模によっては足場を立てる必要があります。水道はお客様のお家から借りることがほとんどです。

発光液調査/

5~25万円

紫外線を当てると光る塗料を水に混ぜ、原因となりそうな部分に流す調査です。屋根裏などから紫外線を当てて、光っているところを探り、原因場所を特定します。

赤外線サーモグラフィー調査/

5~30万円

物体の温度が見た目でわかる機械・サーモグラフィーを使った調査です。水が通っているところは温度が低くなるため、そこを探して辿っていき原因を特定します。散水調査と合わせて行う場合もあります。

※これらの調査によって、必ず原因が特定できるわけではありません。

※規模によって金額差があります

 

3-2 原因箇所の修理

雨漏りの修理費用は、修理箇所や程度によって変わってきます。

小さなすき間を一つ塞げば良いものから、既に水があちこちに回っていて大規模な工事になるものまで様々だからです。

ここでは、原因としてよくある「屋根」と「外壁」からの雨漏りの修理費用をまとめました。

目安としてご覧ください。

 

屋根の雨漏り修理費用

屋根の雨漏り修理

費用相場

スレート屋根の場合

スレートの差し替え

5千~2万円/箇所

棟板金の交換

10~30万円

屋根カバー工事

40~100万円

スレートの葺き替え

60~120万円

瓦屋根の場合

瓦の交換

5千~2万円/箇所

棟瓦の漆喰補修

15~30万円

瓦の葺き替え

80~130万円

その他

足場仮設

5~20万円

下地板の交換

10~30万円

破風板、軒天など木部の交換

15~30万円

天井の張替え

5~15万円

※302階建て、屋根面積80㎡程度の概算

 

■外壁の雨漏り修理費用

外壁の雨漏り修理

費用相場

コーキング補修

700~1,000/

ひび割れ補修

1,000~2,000/

外壁の部分張替え・修繕

5000~8000/

外壁カバー工事 ※

120~220万円

内部木材の交換、補強

10~50万円

※ 外壁材の種類によって差あり

 

◆雨漏りの原因と修理について詳細はこちらをご覧ください

 


4章 定期点検・メンテナンスで雨漏り予防をしよう!

家の劣化

結露は日々の生活や外の環境に左右されることが多いですが、雨漏りは屋根・外壁の経年劣化が原因で起こることが多々あります。

そのため、定期的な点検やメンテナンスをしてお家を健康な状態で保つことが、雨漏り予防につながります。

 

とあるお家の事例です。

最近2階の和室の結露がひどい、というお話が出ていました。

 

■和室の窓の結露

結露

結露

障子がびっしょりと濡れています。

建てた大工さんには相談済みで、室内からざっと様子を見てサイズを測り、2重窓にする見積もりを送ってくれるとのことでした。

 

しかし、外からは見ていないと言っていたので、念のため梯子をかけて外からその窓付近を点検してみると…

 

■窓サッシの上の外壁

ひび割れ

ひび割れ

ひび割れ

窓サッシの上部の外壁に、多数のひび割れが発見されました。

 

■窓サッシの脇のコーキング

ひび割れ

また、窓サッシの脇のコーキング(ゴム状の素材)部分も亀裂が入っています。

 

実はこのお家は結露ではなく、外壁の隙間からの浸水=雨漏りだったのです

 

ひびもコーキングの亀裂も、外壁の経年劣化によって起こるものです。

このお家は築10年を過ぎており、まだ一度も外壁・屋根の塗装をしていなかったため、こうした劣化症状が出ていました。

 

お家の外壁・屋根の点検やメンテナンスは非常に重要です

こうした異常に気付くこともできますし、適切な時期で塗装メンテナンスをすることで、この事例のような大きなひび割れ自体を防ぎ、雨漏り予防になります。

大切なお家を水から守るためにも、まめな点検やメンテナンスをしてあげましょう。

 


まとめ

結露と雨漏りを見分ける時は、時期(いつ発生するか)場所・範囲(どこで発生するか)をチェックしましょう。

結露

  • ・秋~冬の寒い時期
  • ・暖房を入れたとき
  • ・壁一面、窓ガラス全面など広い範囲に起きやすい
  • ・換気をすると改善する

雨漏り

  • ・季節に関係なく、雨の日、台風などの日に起こる
  • ・壁の一部、窓の枠やサッシの端など部分的に起きやすい
  • ・部屋がかび臭いなど内部にも影響が出ている
  • ・換気をしても変わらない

 

結露だった場合は、換気や除湿で湿気を減らしたり、断熱リフォームなどで冷たい空気を家に入れないようにして対処しましょう。

雨漏りだった場合は、まず原因を調査してから修理となります。専門業者に対応してもらいましょう。

 

特に雨漏りは、お家の経年劣化で起こることも多いです。

そのため、屋根・外壁の定期的な点検や塗装メンテナンスが雨漏りの予防につながります

 

結露も雨漏りも、正しい対処と予防が大切です。

これからも長く快適に住み続けるために、お役に立てれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

 

◆お家の劣化症状を、ご自身でも点検できるポイントをまとめています。ぜひチェックしてみてください。

→塗り替え時期は築5~7年!外壁塗装タイミングの簡単セルフチェック

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。