外壁塗装は築5~7年がベスト!塗り替え時期の簡単チェック項目3点

外壁塗装の時期

外壁の塗り替えは10年に1度のもの、まだうちには早いから関係ないかな…、

塗装の時期だと言われたけれど、まだ雨漏りもしていないのになぁ…、

そう思われている方は多いのではないでしょうか。

 

住宅ローンに加えて、お家のメンテナンスで余計な出費はしたくないものですよね。

ましてや、まだ何も不具合が出ていないのに塗装と言われても、むしろやらなくて済むならその方が良いと思います。

 

では、本当に装をするべきタイミングはいつなのでしょうか?

この記事では、本当に塗装が必要な築年数ついて、分かりやすくお伝えします。

 

塗装をするのに最適な季節について知りたい方はこちら↓

 

1章 塗装は築後5年から7年の間にやるのがベスト!

塗装は新築後5年~7年の間にやることをお勧めします。

その理由は2つあります。

・家自体が、常に雨風や紫外線の被害を受けているので、日々ダメージを蓄積し続けている

新築時の標準塗装の防水効果は、築後5年から消えてくる

というのが主な理由です。

 

一般的には塗装は10年を目安にと言われています。ですが実際には、築5年頃から家の傷みが出てきて、簡単な補修が必要になってきたというケースも多くあります。

まだまだ新築…と思うかもしれませんが、実際には塗装をするには最適なタイミングなのです。

どういう事か、具体的に見てみましょう。

 

  • 1-1 新築時の塗装の効果が続く期間は、築後5年まで!

工場から出荷される建材(サイディングなど)には標準仕様で塗料が塗られていますが、その効果は実は、5年目くらいから消えてしまいます

そのため製品を作ったメーカーからも、築後5年以降は塗装を検討するようにと勧められているのです。

 

大手サイディングメーカー「ニチハ」のカタログにも明確に“築後5~7年を目安として点検し、汚れ、褐色、白色等が目立つようになったら再塗装が必要な時期”と記載されています。

ニチハカタログ

新築時のピカピカが数年で消えてしまうのは、新築時の仕様のせいなのです。

建てたばかりの時は、まさかあと5年くらいでコケやカビが生えてしまうという事は想像できませんよね。

実際には日陰面にコケが生えたり、逆に日当たりのよい場所の色が褪せたりします。

築後57年で初期塗装の効果がなくなってしまうという事は多くの人が知らず、そのため劣化を見過ごし、お家の状態の変化に後になって気付く事が多いのです。

 

1-2 紫外線の影響で劣化した外壁は、割れてしまう!

実は家が毎日浴びている紫外線のせいで、外壁は劣化をしていきます。劣化とは、ヒビ割れの事です。

サイディングの家でもモルタルの家でもヒビ割れは起きます。

なぜなら、紫外線は大変強いエネルギーです。人間であれば長時間浴びると1日で日焼けや火傷までしてしまう紫外線を、家は365日浴び続けているため、ダメージを蓄積し続けているのです。

 

ちなみに人間が紫外線を長期間浴び続けると、老化や発がん性も高まってしまいます。

そんな紫外線を常に浴びている家は、築5年だと1825日分も常に紫外線を浴び続けている事になります。

丈夫な建材で出来ているとは言え、新築時と全く同じという訳にはいきません。

これはサイディングの家でも、モルタルの家でも同じです。

■築5年サイディングの外壁

SDひび割れ

コケが生え、打ちつけてある釘回りにヒビが入ってしまっています。

 

■築6年モルタルの外壁

モルタルヒビ

大分長い亀裂が入ってしまっています。

 

1-3 まだ塗装をしなくても良いかどうかの見極めは、専門業者にしてもらうべき!

まだ何か不具合が出ている訳でもないのに…という場合は、すぐに塗装をしなくても大丈夫です。

但し、定期的な点検は実施した方が良いでしょう。

 

不具合の中には、自分の目に見える雨漏りやヒビ割れの他に、専門の知識がある人が隅々までチェックしないと見つからない様な、初期の傷みがあります。

初期の傷みであれば、小さな段階で補修しておく事で傷みの広がりが抑えられるので、塗装の時期自体を先延ばしにすることも可能です。

 

今特に何も症状がないという場合は、1年に1回の定期点検をすることで、実際に塗装をする期間を見定める事ができます。

 

2章 築年数だけではない!塗装が必要か簡単にチェックできる3つのポイント

塗装をすべき時期かどうかは、築年数以外でもいくつかの症状でチェックできます。

住宅は、全てが同じ条件で建っている訳ではありません。立地や材質、家の形などの条件によって個々で異なるものですから、築年数だけでは全て判断が出来ないと言うのが本当の所です。ですから、次の3つのポイントを押さえて今の家の状態を知ることから始めましょう。

 

2-1 目地にヒビが入っていたら、初期補修をしてあげよう

サイディングの外壁は、ボートとボードの間にシーリング(コーキングとも言います)という、ゴム状の緩しょう剤が入っていますが、これがヒビ割れしていたら、劣化のサインです。

コーキングのヒビ

 

シーリングは地震などの揺れによる衝撃を吸収してくれるのですが、紫外線による劣化が見えやすい場所でもあります。

その為、日当たりの良い角地や小高い場所にある家など、立地条件により早い内から劣化が見られます。

ヒビまではいかないけど、なんだか痩せてきたように見えるという場合は、ヒビ割れの1歩手前の状態です。経過観察のために、定期的な点検を実施しましょう。

 

外壁がサイディングの場合は、築年数に限らずシーリングが劣化していないか注目し、もしヒビ割れている部分を見つけたら専門業者に相談しましょう。

 

2-2 サッシ廻りにヒビなどが出たら、規模によって補修方法を変えよう

サッシ廻り家の角部分に、ヒビやシミ、隙間がないかチェックをしましょう

どの材質の外壁でも窓の構造は一緒です。外壁に窓の形の穴を空けてサッシがはめ込まれていますから、言わば外と貫通していて、もろけが出やすい箇所になります。

サッシ周りのヒビ

窓は毎日の開け閉めが繰り返される事で負担が生じ、ヒビや歪みが出てきます。

細いヒビが出てくると、それだけで雨水はどんどんヒビから家の中に入っていくので、その箇所廻りはシミが見える事もあります。こうなると浸水している証拠ですので、まず応急処置としてヒビを補修材で塞ぎましょう。

こうして浸水を止める事で家の素材保護が出来ますが、見逃してしまえば早期劣化に繋がります。

ホームセンターなどで、“補修チョーク”、“ヒビ割れ補修材”などの名前で補修材が販売しており、数百円~数千円程度で購入できますので、12ケ所程度であればご自身で補修も可能です。

それ以上の規模はやはり、専門業者に点検してもらいましょう。

 

2-3 日当たりの良い・悪い場所では色褪せやカビ・コケで見極めよう

日当たり良いベランダ面などは、その分多くの紫外線を浴びるので、他の場所よりも早く塗料の成分が劣化し、色褪せが見えます

反対に日陰面は、塗料成分が経年劣化すると外壁材が湿気を含んで、カビやコケが繁殖しやすい環境になります。

ですから、家の日当たりの特徴が良く出ている2ケ所の状態をチェックした方が良いのです。

 

紫外線を長く浴び続けると、そこに塗ってある塗料は劣化し、色褪せてきます。ウッドデッキなども同様です。よく古い本などの表面が日焼けして、色が変わってしまっているのを目にしますよね。それと同じことです。

反対に日当たりの悪い北面などは、比較的陰になっている事が多いため色が沈んで見えます。

それはもしかすると日陰のせいではなく、カビ・コケが発生しているからかもしれません。

カビ・コケが生えている状態は既に家の防水機能が失われている証拠ですので、補修や洗浄ではなく、塗り替えを考えた上で点検を実施しましょう。

 

お家を細かく見る機会は、誰しもが新築時に比べて減っていく一方だと思います。

以前と何が変わってしまったかは感覚値だけでは分り辛いので、写真を撮っておくこともお勧めします。

■下から見上げたベランダ

ベランダの軒

 

■劣化したウッドデッキ

色褪せたウッドデッキ

 

■築4年、モルタルの外壁北面
コケの繁殖した家

 

3章 塗装時期が遅れると損をする!家を長寿にする為に必要なポイント

塗装をないまま「いずれやろう」と先延ばしにしていると、気づかぬ間に思いがけない修繕工事になり、200万円以上の大工事になってしまうケースがあります。余計なコストはかけたくなかったはずなのに、結果として高額な工事になってしまうのは、塗装時期を分っていなかったからです。

 

10年以上塗装をしない人も多くいますが、それは単純に塗装をすべきタイミングが分らない塗装をしなかった時のデメリットを知らない人がほとんどです。

では、塗装のタイミングを逃すと、金額以外にどんなデメリットがあるのでしょうか?

 

3-1 塗装をしないリスクは、家を短命にしてしまうこと

塗装の本来の目的は「防水機能」にあります。防水機能が紫外線や経年劣化でなくなる事で、家を短命にしてしまいます。

防水機能が失われ家が雨水などを吸水するようになると、外壁にカビやコケが出てしまったり、内部や躯体が腐ってしまったりと、大きな修繕が必要になります。

もちろん塗装には見た目を美しく保つという意味もありますが、1番のメリットは防水機能が備わっていることで、家が傷まず長持ちするという事にあります。

 

日本の住宅は、適切な塗装やメンテナンスをする事によって、3世代先まで持つと言われています。

しかし塗装をしなかったばかりに、徐々に傷みが蓄積した家はもろくなり、万一大きな地震が起きた際にはあっさり倒壊…なんて話も珍しい事ではありません。

倒壊に繋がってしまうのは

・水が躯体部分まで浸みこみ、腐ってしまって強度が落ちる。

・湿気により白蟻が集まってきて、木部を食べてしまう。

が大きな理由です。

知らない間に家が蝕まれてボロボロになっていたという悲しい結末にはしたくありませんよね。

 

塗装をするという事は、自分の家を守り、生活や命を守る事にまで繋がっているのです。

 

つまり塗装をしないデメリットは家が長持ちしない、家の寿命が縮むという事です。

 

3-2 劣化が進みすぎると大きな工事になり、余計なメンテナンスコストが掛かってしまう

雨水の浸水を放置した結果、基礎の補修・修繕費まで必要になってきてしまうと、一般的に100万前後と言われている塗装工事を、200万300万と変えていくのです。

内部までメンテナンスが必要になると、外壁を塗装するだけでは済まなくなくなってしまうからです。

例えば浸水によって木部が腐ってしまった物を交換するとなると、その部分を一旦取り除いてから交換する訳ですから、費用も工事期間もかさんで、金額や精神的な負担が大きくなってしまいます。

 

お家を購入する時は、住宅ローンを組まれる方が多いと思います。何十年もかけてローンを支払う中で余計な出費は誰しもが避けたい所ですが、塗装をしない事によってかえって高くついてしまうという事があり得ます。

ですので、余計なメンテナンスコストを掛けずに済むよう、ライフプランや節目のイベントなど先々の出費を考えた上で、家の塗装はいつ頃にしようと計画をしておくことが大切です。

いつ頃塗装が必要なのかの判断は、前のチェック項目と専門業者の定期的な点検結果と、負担の少ないタイミングで目安を決めましょう。

 

3-3 どうせ塗装するなら、耐久年数を重視しましょう

家の塗装を長持ちさせるには、やはりグレードの高い塗料(長持ちする塗料)を使用するべきです。

いざ塗装をするとなると、塗料には様々な種類があり迷うでしょう。ですが何度も費用や時間、環境の負担を負って工事をしなくても良い様に、1回の塗装で防水効果が長持ちする塗料を選びましょう。

例えば、水性塗料よりも油性塗料の方が耐久年数は長く、防水効果は長持ちします

水性と油性の比較

 

もちろんその分1回あたりのコストは高くなりますが、1年ごとに状態を気にしてやきもきする必要性は低くなります。また短いスパンで塗装をする必要ないので、ライフプランの計画も立てやすいです。

もし塗料選びで迷ったときは、防水機能が長く続く塗料を選んで、1020年先を見た時に負担にならない計画的な塗料選びをしましょう。

 

まとめ

以上の事より、

塗装は築5年~7年目までにやっておく事で、お家の防水効果を維持できる。

・但し、築年数だけでは必ずしも判断できない事なので、チェックポイントを抑えて定期的な点検をして家の変化に気付いておく

・塗装を先延ばしにすると将来的に余計なメンテナンスコストがかかり、更に家がもろくなってしまう危険性がある。

この3点を抑えておくだけでも、自分の家はあと○年で塗装をしよう!と言う基準が持てます。

もちろん床下や屋根など、専門の業者に依頼をしないと見えてこない部分はプロにお任せをするとして、ご自身のライフプランと塗装時期を今からしっかり計画していく為の知識として、押さえておきましょう。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。