外壁塗装の植木・鉢植えトラブルを防ぐ!汚れ・破損から守る対策3つ

外壁塗装を控えているあなた。

大切に育てている植木が工事中に傷つかないか心配で調べているのではないでしょうか。

外壁塗装では足場を立てたり、塗料を使ったりもするので、植木に影響が出てしまうこともあります。

ただ、きちんと工事前に備えれば、大切な植木を守ることができます。

大切なのは、起こり得るトラブルを把握して対策する事です。

 

そこでこの記事では、外壁塗装中に起こる植木に関するトラブルと、植木を守るための3つの対策方法をご紹介します。

あらかじめ注意しておくことで、大切にしている植木や盆栽、お庭を守ることができます。

どんな対策が必要になるかチェックしていきましょう!

 

また記事の後半では、工事前に業者に確認しておくべきことを具体的に解説。

この記事を読めば、業者と打ち合わせすべき内容も分かり、円滑に工事を進めることが出来ます!

ぜひ最後までご覧ください。

 


1章 外壁塗装の植木に関するトラブル例

まずは、外壁塗装工事でどんな植木トラブルが起きることがあるのか把握していきましょう。

よくあるトラブルは以下の5点です。

 

①足場作業で枝・葉が折れてしまった

枝が折れる

特に足場架設/解体作業の際に起こりやすいです。

 

②植木や盆栽、花に塗料が付いた

外壁に近いところにある植物は、塗装作業中に塗料が付いてしまうことがあります。また高圧洗浄時に、汚れた水が飛んでしまうこともあります。

 

③植木鉢が割れた

割れた植木鉢

足場の架設/解体のときや、1階周りの塗装作業の際に起こりやすいです。

 

④育てている植物が枯れてしまった

枯れた花

長い間、植木を養生して空気や太陽光に当たらない状態にすると枯れてしまうことがあります。

毎日お手入れが必要な植物などは注意が必要です。

 

⑤近隣の庭や植木を傷つけてしまった

近隣の庭

ご自宅だけでなく、近隣の植木・庭への被害も起こり得ます。

近隣トラブルを避けるために対策しておくことをおすすめします。

 

上記5点のトラブルを避けるための対策を2章でご紹介していきます。

 


2章 外壁塗装で植木を守る3つの対策

外壁塗装工事で、植木を守る対策は以下の3点です。

・お家から60㎝以上離しておく

・上から養生をする

・外壁に接触している部分は剪定する

それぞれ具体的な方法を解説していきます。

大切な植物たちを守るために、しっかり備えていきましょう!

 

2-1 お家から60㎝以上離しておく

植木鉢の移動

移動ができる植木鉢や盆栽などは、お家から60㎝以上、離しておきましょう。

なぜなら、足場が立つ3050㎝付近にあると作業時に被害に遭う確率が上がってしまうからです。

外壁に近いところにあるほど、職人も接触しやすくなるので、出来るだけお家から離しておくことを心がけましょう。

また、小さいものであればガレージや物置の中、玄関の中など室内に置いておくのも安心です。

ずっと置いておくのが難しい場合も、足場架設/解体の日だけ移動するなど工夫をして被害を避けていきましょう。

 

2-2 上から養生をする

植木鉢の養生

庭から直接生えている木や花は移動が出来ないので、上から養生してもらいましょう。

養生というのは、薄い布やビニールなどで汚れてほしくないものを覆う作業です。

塗装作業の日には布・ビニールを被せて、塗料の飛散を防いでいきましょう。

ただし、工事中ずっと養生してしまうと枯れてしまう恐れもあります。

植物に合わせて業者に相談しながら対応してもらいましょう。

 

2-3 外壁に接触している部分は剪定する

植木の剪定

大きな木を植えている場合は、外壁に接触している部分がないか確認しましょう。

外壁についてしまっていると、木に塗料が付くだけでなく、外壁塗装作業も円滑に進みません。

そのため、工事前に外壁に接触している部分だけでも剪定しておきましょう。

 

外壁塗装セミナー

3章 工事前に業者に確認すべきこと

最後に、塗装工事前に業者に相談しておくべきことをチェックしていきましょう。

業者によっては「植木や花・庭が汚れてしまうことは仕方ない」と思っているところもあります。

対策をきちんとしてほしいこと伝えて、大切な植木を守っていきましょう。

 

3-1 植木の移動・剪定が必要か

植木の剪定

ご自宅の植木・盆栽などは移動や剪定が必要になるか確認しておきましょう。

お家によっては、外壁と庭がある程度離れていて移動・剪定が必要ない場合もあります。

そこは実際に工事をする業者に足場仮設・塗装作業で影響がないか聞いておきましょう。

また、重い植木鉢や大量の盆栽などがある場合は、移動作業を手伝ってもらえるかも確認しておくことをおすすめします。

 

3-2 養生をしてもらえるか

植木の養生

移動できない庭の花や植物を守るために、養生してほしいことを伝えましょう。

また、育てている植物によって

・太陽光を浴びないと枯れてしまう

11回は水をあげないと枯れてしまう

などの特色があると思いますので、それも伝えて、工事中どうしていくか打ち合わせておきましょう。

 

そして、お隣の庭が面している場合も、同様です。

「○○さんの家の庭も近いので、注意してほしい」と業者に相談しておきましょう。

 

3-3 被害時の対応を聞いておく

万が一、工事中に植物に被害があった場合の対応を聞いておきましょう。

植木鉢が割れたら弁償してくれるのかなど確認しておくと工事後の対応もスムーズに進みます。

また、状況によっては工事中100%安心ですと言い切れない場合があります。

・外壁から近い場所に庭がある

・木が足場に当たる位置にある など

こういった場合は、汚れや塗料の飛散や枝が折れてしまうリスクが高いため、業者側も全て弁償するのが難しいです。

業者によって被害時の対応も違いますので、どこまでは保証してくれるのか事前に確認しておきましょう。

 

★ユーコーでは現場ごとに適切な対応を心がけています。

工事説明

当サイトを運営するユーコーコミュニティーでは、お客様の要望に沿った工事にできるよう打ち合わせを重視しています。

・工事で傷つきそうな植木や植物はないか

・剪定や鉢の移動は必要か

・汚れないための対策

を行ない、お客様の不満や心配を解消しています。

「工事中の植木の被害が心配」「近隣の庭を汚さないか不安」という方は、ぜひユーコーコミュニティーへご相談ください。

 

>まずはこちらから無料の点検・見積をお申込みください。

写真をたくさん撮って現状の説明とメンテナンスのお話をさせていただきます。

 


まとめ

いかがでしたか。

外壁塗装工事では、足場仮設を行なうため植木が傷付く恐れがあります。

下記3点の対策を行なって、被害を防いで行きましょう。

・お家から60㎝以上離しておく

・上から養生をする

・外壁に接触している部分は剪定する

 

また、業者によってはこちらから言わないと、植木の移動や剪定、養生などをしてくれない場合もあります。

大切にしている植木や植物があれば、工事前に業者と打ち合わせしておきましょう!

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

◆外壁塗装時の洗濯物について気になる方はこちら
外壁塗装中の洗濯物疑問を解決!外干しNGの期間とよくある7つのQ&A

◆外壁塗装時のお茶出しについてはこちら
外壁塗装でお茶出しが必要ない3つの理由と職人への対応アドバイス

◆外壁塗装工事前の近隣への挨拶についてはこちら
トラブルを防ぐ!外壁塗装工事の近所への挨拶4つのマナーを徹底解説

 

[無料] 失敗しない外壁塗装セミナー WEB開催中!

「外壁塗装について、もっと知識をつけたい。

「でも、どこで勉強すれば…?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方はぜひ、WEB外壁塗装セミナーにご参加ください。

いま塗装をご検討中の方はもちろん、将来のメンテナンス計画立てにもお役に立ちます。

ユーコーのWEBセミナーは、

  • 4,200名以上が参加した『失敗しない外壁塗装セミナー』をオンライン配信!
  • パソコンやスマホでご自宅から気軽に参加できる
  • 業者選びのポイント、費用相場、塗料の種類などを60分で分かりやすく解説
  • 経験豊富な講師による、事例・データに基づいた内容で安心
  • チャットで直接質問もOK!

ご自宅でくつろぎながら、塗装工事で失敗しないための知識が身に付きます。

すべて無料で開催中ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

※神奈川・東京にお住まいの方限定のセミナーとなっております。ご了承くださいませ。

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!