給湯器の交換時期は10年!長期使用のリスクと故障サイン・費用相場

給湯器

最近、給湯器の訪問販売がよく来るけど…

「まだ使えるし、本当に交換したほうがいいの?」

「給湯器を交換する目安時期ってどのくらいなの?」

と給湯器をどのタイミングで交換するか迷っているのではないでしょうか。

 

「交換したほうがいい!」と言われても、問題なく使用できているとなかなか踏み切れないですよね。

ただ、交換をせずに使い続けると、ある日、急にお湯が出なくなって、お風呂に入れなくなってしまう場合もあります。

特に冬は洗い物などでもお湯を使う方が多いので、給湯器が壊れてしまったら大変です。

そのため、給湯器はまだ使える状態でも時期が来たら交換することをおすすめします。

 

本記事では、給湯器の交換時期の目安をご紹介。

また、目安時期を超えて使用し続けると起こるリスクも解説していきます。

寿命年数が過ぎてもまだ使えるからと交換せずにいると危険なことになってしまいますので、注意しましょう。

 

さらに、寿命が近づいている7つのサインもご紹介しますので、ご自宅の給湯器が当てはまらないかチェックしてみて下さいね。

記事の後半では、実際に給湯器交換をする際にかかる費用相場と業者の選び方についても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 


1章 給湯器の交換時期は10年が目安!

給湯器の交換時期の目安は設置から10年です。

実際に給湯器メーカーが設定する設計標準使用期間(標準的な使用条件の下、安全に使える期間)10年に設定されています。

 

▼ノーリツ【製品の寿命】点検・取り替えの目安について)

 

ただ10年過ぎても問題なく使えているケースもあるので、交換のタイミングを逃してしまう方もいらっしゃいます。

点検や交換を先延ばしにしてしまうと、ある日突然使えなくなって困ってしまうかもしれません。

すでに10年を過ぎている方はまず、メーカーやガス会社・リフォーム業者などで点検をしてもらうことから始めてみましょう。

 


2章 長期間使い続けると火災・爆発の恐れも

給湯器を10年以上使っていると起こるリスクは、突然の故障だけではありません。

長期間使い続けると、火災や爆発が起きる恐れもあります。

経年劣化により、給湯器本体や配管からガス漏れして火災や爆発が発生すると、ご家族やご自宅・近隣へも被害が及んでしまいます。

実際に20122016年の5年間の間に、10年以上使用した給湯器や風呂釜発火する事故が435件発生しています。(独立行政法人 製品評価技術基盤機構NITE調べ)

他にも、不完全燃焼による一酸化炭素の発生などの危険性もあるので、10年以上使用している方は早めに点検・交換を行ないましょう。

 


3章 【チェックリスト付】給湯器の故障を知らせるサイン

給湯器の寿命は約10年ですが、78年ほどで故障してしまうケースもあります。

急にお湯が出なくなってしまうと思いがちですが、実はそれ以前から寿命のサインを出している場合も。

交換時期を見逃さないために、サインを見逃さないようにしていきましょう。

 

~7つのチェックリスト~

☑エラーコードが出る

☑普段聞いたことのない異音が出る

☑お湯がぬるくなったり熱くなったりする

☑追い炊きが出来なくなってしまう

☑給湯器の周辺が濡れている・水漏れ

☑給湯器の排気口が黒くなっている

☑給湯器が錆びてきている

この中の一つでも当てはまれば、劣化が進んでいます。

早めに業者に点検してもらい、完全に故障する前に交換をしましょう。

 


4章 給湯器の交換費用と相場一覧

給湯器交換

給湯器の交換をする前に、費用も知っておきたいですよね。

給湯器交換の費用は6~60万円と機能によって変動します。

種類がたくさんあるので、ご自宅の状況に合った最適なものを選んでいきましょう。

価格表

 

※給湯器の種類別の特徴

16号……シャワーを使っている際に他の箇所でのお湯の使用が出来ない(1~2人暮らし向け)

20号……シャワー+1箇所でお湯を使用可能(2~3人暮らし向け)

24号……シャワー+2箇所でお湯を使用可能(3~5人暮らし向け)

 

給湯専用……蛇口やシャワーにお湯を供給するタイプで、浴槽の追い炊き機能はなし。蛇口の開け閉めは手動で行う必要がある。

オートタイプ……スイッチ一つで設定の温度・湯量通り自動でお湯はりを行なうことが可能。また自動機能をONにしておくことで保温を行い、湯温が低下すると自動追い炊きを行なってくれる。

フルオートタイプ……オートタイプの機能に加えて、湯量が少なくなると、自動的に「たし湯」を行う「自動たし湯機能」がある。

 

エコジョーズ……ガスを使う給湯器。瞬間湯沸かし器でお湯切れの心配がない。お湯を飲める。

エコキュート……電気を使う給湯器のため、安全性が高い。導入費用は高いが、ランニングコストは安い。タンクに水を溜めるので、衛生的に飲むことは出来ないが、非常時にお湯が使える。

エコワン……ガスと電気を使う給湯器。温めた水を貯水する機能と、ガスで瞬時に湯沸かしする機能を兼ね備えている。

 


5章 給湯器交換の業者選び

給湯器交換の依頼先には下記のような業者があります。

・給湯器交換専門業者

・給湯器メーカー

・ガス会社

・大手ホームセンター

・リフォーム等を手掛ける住宅系の会社

 

どの業者でも問題なく工事する事が出来ますが、

おすすめは給湯器交換専門業者住宅系リフォーム業者です。

 

給湯器交換専門業者では、品揃えが豊富だったり専門的知識があるので、適正価格で確実な工事にすることができます。

住宅系リフォーム業者は、他のリフォームと一緒に給湯器交換をお願いする事で、複数の業者に依頼する手間は減らすことが出来ます。

他リフォームとの工事時期の調整もやってくれるので、給湯器以外にも気になるところがある場合はリフォーム会社に依頼するのがおすすめです。

 

また、どんな業者に依頼する場合でも、安さを売りにしている業者はNGです。

・実績があるのか

・資格を持った職人が作業してくれるのか (ガス機器設置スペシャリスト・ガス可とう管接続工事監督者など)

・アフターフォローはあるのか

など価格以外の点もチェックして選んでいきましょう!

 


まとめ

いかがでしたか。

給湯器の寿命は約10年なので、10年過ぎたら交換することをおすすめします。

タイミングを逃して長期間使い続けると、発火・爆発の恐れもあるので注意しましょう。

 

故障前は、給湯器からサインが出ている可能性もあるので、下記7点のチェックリストを確認してみてください。

~7つのチェックリスト~

☑エラーコードが出る

☑普段聞いたことのない異音が出る

☑お湯がぬるくなったり熱くなったりする

☑追い炊きが出来なくなってしまう

☑給湯器の周辺が濡れている・水漏れ

☑給湯器の排気口が黒くなっている

☑給湯器が錆びてきている

 

給湯器の交換には6~60万円かかります。

費用は機器の種類によって変動しますので、ご自宅に合ったものを選んでいきましょう。

 

最後に給湯器交換を依頼する業者は、給湯器交換専門の業者または住宅系リフォーム業者に依頼するのがおすすめです。

ただし、安さを売りにしている場合は品質も悪い可能性もあるので慎重に選んでいくことが大切です。

 

給湯器は故障前に交換して、快適に過ごしていきましょう!

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

>給湯器交換と一緒に外壁塗装をお考えの方はこちらの記事をご覧ください。
⇒写真で解説:外壁塗装の塗り替え時期が分かる!見極め症状別チェック

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!