なるほど!「外壁塗装は10年に一度」と言われる納得の理由を徹底解説

外壁塗装

「外壁塗装は築10年くらいでやらないといけない」「10年ごとにするもの」

という話に対して、本当に?と疑問を持つ人は多いのではないでしょうか。

 

そんなこと家を建てたときには言われなかった、という方もいるでしょうし、

このままだと雨漏りする!なんていう訪問業者はさすがに大げさだと感じるかもしれません。

 

塗装の目安が10年と言われるのには、いくつか理由があります。

実際に外壁材や塗料の寿命などの点から、このぐらいの時期に塗装してあげるのは多くのお家にとって良い判断でしょう。

しかし本当の塗装時期はお家によって異なり、10年より早いことも遅いこともあります。

本来なら劣化症状を見て判断するのがベストなので、「絶対に10年」という考えは注意が必要です。

 

そこで本記事では、外壁塗装の目安が10年と言われる理由や、正しいメンテナンス時期のチェックポイントを具体的に解説します。

適切な時期で塗装することが、お家にもお財布にも優しいベストな方法です。

 

ぜひ最後までお読みいただき、正しいメンテナンスでお家を長く保ってください。

 


1章 外壁塗装が「10年」と言われる3つの理由

外壁塗装は10年に一度くらいでやるもの、とよく耳にしますが、これには理由があります。

 

実際には塗装時期はお家1軒ごとに少しずつ違うものなので、絶対に10年というわけではないのですが、様々な事情からこうした考えが一般的に広まっています。

まずはその具体的な理由を3つ解説していきます。

 

1-1 築10年頃には目立つ症状が出ていることが多い

釘まわりのひび割れ

1つ目の理由は、新築後10年ごろには分かりやすい劣化症状が出ていることが多いからです。

 

お家の外壁に使われている塗料には種類があり、グレードによって耐久性が違います。

多くの新築住宅で使われているのは、最も耐久性が低いアクリル塗料です。

 

アクリル塗料は5年もすると色あせ、カビ・コケの繁殖、チョーキング現象などの小さな症状が出始めます。

そして10年経つ頃には、コケの広がりやひび割れなど、症状が目立つようになってきます

このような、お家に住んでいる皆さんご自身でも見てわかるような症状があると、「そろそろ何かしないとかな」と考える人が増えるのです。

 

また、目立つ症状は業者の標的になりやすく、「もう傷んでるからまずいですよ!」というトークで訪問されることもあります。

 

こうした理由から、10年くらいでお家の状態に気付き、塗装を考える方が多くなります。

 

1-2 よく使われる塗料の耐久性が10年前後 

サイディング 塗装

10年で塗り替えを行う2つ目の理由は、よく使われる塗料の寿命が10年ほどだからです。

 

新築時はアクリル塗料が多いですが、塗り替え工事で一番選ばれているのはシリコン塗料です。

10年というのは、ちょうどシリコン塗料の効果が切れてしまう時期のため、次の塗装時期の目安になります。

 

本当は、新築時のアクリル塗料は57年くらいで塗り替えてあげるのが一番いいのですが、ほとんどの方はそれを知らないまま築10年を迎えてしまいます。

そして1度塗装をした後は、使った塗料の耐久性によって次の塗り替え時期が決まります。

たとえ使った塗料がよく分からなくても、10年なら塗装時期ですよ」と言えば大抵は当たるということで、住んでいる人も業者もそう言うようになったと考えられます。

 

例えばフッ素や無機などの高耐久塗料を使っていた場合は、10年はまだ塗装時期が来ていないことが多いので、注意しましょう。

 

1-3 住宅メーカーの点検・保証も10年が多い

家の点検

3つ目の理由は、住宅メーカーがちょうど10年で声をかけることが多いからです。

 

多くのメーカーでは設備保証や点検保証などの時期で、築10年目、20年目など節目の点検があります。

そのとき一緒に「外壁もそろそろですね」という話をされる場合が多いので、塗装も10年スパンという印象になったと考えられます。

 

本当の塗装時期は、建材の種類やお家の環境などによって1軒ごとに多少前後するので、一律に「塗装は○年おきです!」とは言えません。

ただお家の点検のタイミングから、10年目も塗装時期の目安として捉えられています。

 


2章 適切な時期を逃すと起こる重大なリスク

それでは、外壁塗装の目安時期を過ぎても何もしないでいると、どうなるのでしょうか。

 

結論から言えば、「すぐに雨漏りしてしまう」「すぐ家がダメになる」ということはありません。

塗装で修理できる程度の傷みなら、まだそこまで進行していないからです。

(塗装で直せる=まだ軽傷で済んでいる)

 

しかし、「今すぐ」ではないだけで、将来的なリスクは確実に高まります

ここでは、塗装しないことで起こる重大なリスクを具体的に2つ解説します。

 

2-1 家の寿命が縮む

弱った家のイラスト

塗装時期を逃すと、お家の寿命はどんどん縮んでしまいます。

なぜなら、塗装による防水効果が無くなると外壁は水分を吸い込むようになり、ひび割れや反り(変形、歪み)などの劣化症状が起こってくるからです。

 

ひび割れや反りによってできる隙間からは、雨水が入ってきます。

するとお家を支えている大切な柱や木材が湿って腐食して、強度が落ちてしまいます。

また、床下まで水が回るとシロアリ被害によってさらに耐震性が落ちます。

 

▼腐食した木材

内部腐朽

 

▼床下のシロアリ被害

シロアリ被害

このような状態では、どんなにいい建材で建てたお家でも地震などの災害に弱くなってしまいます。

 

お家を健康な状態に保つには、「水を入れない」「防水する」ことが重要です。

そのため、適切な時期での塗り替えは必須のメンテナンスということになります。

 

2-2 修繕費用が高くついてしまう

屋根の修理

塗装せず何年も放置すると、後々高額な修繕費用がかかってしまう恐れがあります。

なぜなら、外壁の劣化が進んでしまうと塗装だけでは直せなくなるからです。

 

たとえば、髪の毛程度の細いひび割れ(ヘアークラック)なら、塗装だけで埋まります。

しかしひび割れが大きくなると、コーキングやパテ材の補修をしてから塗装、と工程が増えてしまいます。

 

▼ヘアークラック(まだ塗装でOK

ヘアークラック

 

▼大きなひび割れ(別途補修が必要)

ひび割れ

 

さらにひび割れの数が増えると、壁自体の強度が落ちるため補修も効かず、壁の張り替えや作りなおしが必要になります。

外壁材の種類や大きさにもよりますが、数十万円かかってしまうことも多いです。

 

▼多数のひび割れ(外壁張替えが必要)

ひび割れ

 

また、ひび割れ以外に外壁の反り(変形、歪み)や剥がれ、コケの繁殖も、悪化すると塗装では対処できなくなるため、同様に外壁張替えなどの大きな工事が必要になります。

万が一雨漏りまでしてしまったら、内部の木材交換などさらに大規模な修繕をしなければいけません。

 

塗装さえしておけばこんなお金かからなかったのに…ということを防ぐためにも、正しい時期での塗り替えがとても重要になります。

 

>外壁塗装の必要性についてより詳しくは、こちらもお読みください。

 

外壁塗装セミナー

3章 塗装時期の判断チェックポイント       

外壁塗装をする時期が来ているかどうかは、年数よりも実際の症状で判断するのがベストです。

具体的な症状4つを写真付きでご紹介します。

ご自身でお家をぐるっと全面見てみたときにどれか一つでも発見したら、10年未満でも塗装を検討しましょう。

 

チョーキング・吸水

チョーキング

外壁を触ったときに手に粉がつく状態をチョーキング現象といいます。

この状態になると、外壁に水をかけたときに弾かずに吸い込んでしまうので再塗装が必要です。

 

ひび割れ

モルタルひび割れ

外壁や目地(コーキング)にひび割れが入っていたら塗装時期が来ています。

窓サッシ廻りや、外壁を固定する釘回り、ベランダなど特にひび割れしやすい場所なので確認してみましょう。

 

カビ・コケの繁殖

カビコケ

カビやコケによる汚れが目立ってきたら塗装が必要な状態です。

特に北面や日が当たりづらい面はカビ・コケが繁殖しやすいので確認してみて下さい。

 

反り

サイディング 反り

反りはサイディング外壁の場合に起こる劣化症状です。

長い期間、外壁が水を吸って、表面から乾いてを繰り返すことでだんだん変形してしまいます。

一度反ってしまうと元には戻せないので、最悪の場合、一部張り替えになります。

そのため、外壁が少しでも反ってたら、すぐに塗装業者に点検を依頼しましょう。

 


4章 時期かも?と思ったら点検はプロへ依頼しよう!

点検

症状や年数から考えてそろそろ塗装時期かもしれないと思ったら、まずは塗装の専門家へ点検依頼をしましょう。

その点検結果をもとに、塗装をするのか、まだ少し先でも大丈夫なのか、を判断していきます。

 

お家の劣化は、皆さまご自身でも見える症状のほかに、専門の知識がある人が隅々までチェックしないと見つからないような分かりにくい症状もあります。

人の身体と同じように、お家の劣化も早期発見できれば塗装や軽補修で済ませられるので、点検がとても大切です。

 

そのため、点検依頼する業者は

・60分程度かけて全体を丁寧に見てくれる

・点検で写真をたくさん撮り、すべて提出してくれる

・点検結果を分かりやすく報告してくれる

というところだと安心です。

ホームページなどを見て信頼できるところを見つけましょう。

 

>信頼できる業者選びについて詳しくはこちらもご覧ください。

 

神奈川・東京の外壁塗装はユーコーコミュニティーへ!

お客様写真

お家の塗装時期で悩んでいる、塗装を検討しているという方は、当サイト運営のユーコーコミュニティーにお任せください!

・60~90分かけてお家の外壁から屋根まで点検

・撮ったお写真は「点検報告書」として無料進呈

・我が家の状況を専門スタッフがわかりやすく解説

・塗装や補修が必要な場合は、詳細な見積もり書も無料

・15,000棟以上の実績をもとに適正価格プランをご提案します

 

大切なお家を守るためには、まず点検が重要です。

どこに相談すべきか迷っている方は、お気軽にお声がけください!

⇒無料見積・点検依頼はこちら

 


まとめ

外壁塗装が「10年」と言われる理由には、

①築10年頃には目立つ症状が出ていることが多い

②よく使われる塗料の耐久性が10年前後

③住宅メーカーの点検・保証も10年が多い

というものがあります。

 

しかし、適切な塗装時期を逃すと、お家の寿命が縮み、将来の修繕費用がかえって高くついてしまいます。

 

塗装時期の判断は年数だけでなく、実際の症状でチェックが必要です。

「チョーキング」「ひび割れ」「カビ・コケの繁殖」「反り」などが見つかったら、10年未満でも塗装を検討しましょう

 

そろそろ塗り替え時期かも?と思ったら、プロへ点検依頼をしましょう。

まずはお家の状態をきちんと知ることが重要です。

 

適切な塗装時期を知ることで、お家を長く守れるようになります。

ぜひ大切なお家のメンテナンスにご活用ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【おすすめ記事】

塗装時期を判断できたら、次は業者探しです。信頼できるところを見極めるために、以下の記事もご覧ください。

>外壁塗装は業者選びが肝心!優良業者を見極める20のチェックポイント

>外壁塗装をどこに頼むか迷っている方へ|各業者の長所・短所を全解説

 

あなたのお家のための、オンリーワンのご提案!ユーコーの無料見積もり

「実際の金額ってどのくらい?」

「うちはどんな塗料を使えばいいの?」

「相談したいことがあって……」

 

外壁塗装を考えていると、気になることはたくさんありますよね。

大切なお家だからこそ、ベストな内容・金額で工事したいと思うでしょう。

 

ユーコーコミュニティーではそんなお客様のために、

どこにも負けない【オンリーワンの無料見積もり】サービスを行っています。

 

ユーコーの見積もりは…

  • 外壁+屋根の点検とお見積りがすべて無料!ドローンも!
  • 点検で撮ったお写真は「点検報告書」として無料進呈。
  • 内容はスタッフが丁寧に解説。初めての方もお家の状態や塗装工事の中身がわかる!
  • ご要望や不安点もヒアリングし、あなただけのオンリーワンのご提案。
  • 見積書は工程ごとに分かれて明瞭!複数パターン作成もできます。
  • 相見積もりOK!他社様との比較にもご利用ください。

 

この無料見積もりで、あなたのお家に本当に適した塗装工事と費用感が理解できます。

まずはお気軽にご利用ください。

 

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!