コーキングの塗装の割れは雨漏りの心配0!簡単・綺麗に直す方法

クラック3

塗装後、何年もたってないのにコーキング(目地)部分だけ割れている…

折角工事が終わったのに、手抜きがあったのでは?と不安に思い、調べている方も多いかと思います。

綺麗にしたのにひび割れてしまったら、大丈夫かな?と心配になってしまいますよね。

 

結論から言うと、ひび割れは健康なお家程起こります。

ひび割れが原因でお家に悪影響が出てしまう心配はありません。

工事の施工不良が原因で発生する症状ではないので、安心してください。

 

この記事ではひび割れの原因や、補修方法や必要なものを紹介します。

読むことで、安心して住み続けられるだけでなくお家の美観を保てます!

 


1章 ひび割れによる雨漏りのリスクはない 

ひび割れによる雨漏りのリスクや、家への悪影響の心配はありません。

なぜなら、表面の塗料のみがひび割れをしている状態のためです。

 

コーキングまで割れてしまう心配はないため、この症状が原因で雨漏りしてしまうリスクはありません。

ただ、お家に悪影響は出ませんが、美観は損ねてしまいます。

美観が気になるから直したいという方は、まずは前回塗装を依頼した業者に補修できないか相談しましょう。

 


2章 コーキングの塗装がひび割れる原因は「家の微振動」

コーキング

コーキングのひび割れは、どのお家でも起こる現象です。

なぜなら、地震や風等でお家が小さな揺れを繰り返し、コーキングはそれに応じて伸び縮みするためです。

 

コーキングはもともと、お家に発生する揺れを吸収するための役割を持っています。

そのため、コーキングは伸び縮みしますが、上の塗料はそれに付いていけず、ひび割れを起こします。

コーキングは外壁と比べて動きが大きいので、メーカーが定めた通りの塗装施工を行ってもどうしても発生するものなのです。

 

◆コーキングの寿命について詳細はこちら

 

雨漏りの心配はありませんが、そのままにしていると美観を損ねてしまいます。

綺麗な状態にするための方法を3章でお伝えします。

 


3章 1階まわりなら自分で直せる

1階まわりなら業者を呼ばなくても自分で直せます。

なぜなら、足場やはしごがいらないので転落の危険がないためです。

 

材料と方法が分かれば簡単な補修が出来るだけでなく、業者を来るのを待つことなく、すぐ綺麗にできるメリットがあります。

必要な材料や方法を紹介するので、早く綺麗にしておきたい方はこれを参考に補修してみましょう。

 

3-1 用意するもの

用意するものは、以下の2つです。

・補修用の塗料(外壁塗料と同じものを使う)

・筆(水で塗料が落ちないことが多いので、安価なものを選ぶ)

ひび割れている箇所の上から塗るだけなので、最低限の材料で問題ありません。

 

3-2 補修用の塗料をもらっているなら、使用可能か確認

塗装工事終了後に補修用塗料(外壁塗料と同じです)をもらっている場合は、使えるか確認しましょう。

塗料は時間が経つと分離してしまい、使えなくなってしまうためです。

工事終了後にペットボトル等、小さめの容器に入れてもらっているケースが多いです。

 

以下の条件にあてはまるなら使用できます。

もらってから1年以内の塗料

・容器に入ったものを混ぜても分離しない

 

外壁と同じ塗料を使うことで、仕上がりも綺麗に補修できます。

補修用の塗料があるなら必ず確認してから使用しましょう。

塗料を持っていないor使える状態でない場合は、施工業者に相談

補修用の塗料を持っていないか、あったけれど古くて使えない…という場合はまずは施工業者に相談しましょう。

なぜなら、塗料の在庫があれば少量であれば分けてもらえる場合がある為です。

取り寄せが必要な場合でも、手配をお願いすることも可能です。

ただし、取り寄せの場合は有償になります。

他の所で似た色の塗料を取り寄せても、綺麗に仕上がらない場合が多いです。

自分で行う場合でも、必ず施工業者に相談しましょう。

 

3-3 ひび割れの補修手順

補修の手順は以下の通りです。

①ひび割れている箇所に修正用の塗料を塗る

2-3時間乾燥させて、完成

雨の日や雨予報の出ている日は避けて補修を行うと、十分に乾燥できるので、綺麗に仕上がります。

 


4章 補修を依頼する場合は、前回施工を依頼した業者に依頼する

業者に依頼する場合は、前回施工を依頼した業者に依頼しましょう。

なぜなら、あなたの家の状態や工事したときの材料を1番把握しているからです。

 

補修の範囲や塗料によっては、有償になるケースもあります。

全く同じ塗料をすぐに用意するのが難しい場合でも、近い色や相性の良い塗料を選んで補修してもらえるメリットがあります。

他の業者でなく、必ず施工をお願いした業者に依頼しましょう。

 

もしも施工した業者が倒産している場合は、お近くの塗装業者や、お家を建てたハウスメーカーに相談してみましょう。

 


5章 使用した塗料や色番号が分かるようにしておく

カタログ

外壁を塗装した際に、どの塗料のどの色を使用したのか分かるようにしておきましょう。

なぜなら、それが分かれば同じ色や近い色で補修が出来るようになる為です。

 

使用した塗料や色は、工事内容の確認書類に記載されています。

業者が同じ塗料の在庫を持っていれば同じ色で、そうでなくても似た色で補修をしてもらえます。

美観を損ねない為にも、必ず塗料色番号は把握しておきましょう。

 


6章 補修後も2つの方法でお家が長持ちする

補修が終わったあとも、お家を長持ちさせる方法を紹介します。

やっておくと普段見えにくい傷みも、早く発見し直すことが出来るので綺麗な状態を保ち、安心して暮らせるお家にできます。

 

6-1 年に1度の定期点検

点検

最低でも、年に一度は施工を依頼した業者に定期点検を依頼しましょう。

お家は台風や紫外線の影響を一番受けるのと、屋根や2階周りの外壁などは自分だけではチェックしきれないためです。

定期的に点検をしてもらえれば、万が一傷んでいる箇所があっても早期発見が出来ます。

早めに発見し、補修できれば傷みを最小限にとめることができるようになります。

必ず定期点検を依頼しましょう。

 

6-2 定期的な再塗装

塗装

塗装が必要なタイミングが来たら、塗装を依頼しましょう。

紫外線を何年も浴びていると、コーキング部分だけでなく外壁全体が劣化し、再び水を吸う状態になるためです。

再塗装するタイミングは塗料によって異なります。

 

塗料ごとに塗装が必要なタイミングを、こちらの記事で紹介しています。

適切なタイミングで塗装することで、お家を守りましょう!

 


まとめ

コーキング表面の塗装のひび割れは、どのお家でも起こる現象です。

お家を揺れから守るためにコーキングが動き、上に塗られた塗料が引っ張られるためです。

 

ひび割れは塗料の表面だけなので、雨漏りしてしまう心配はありません。

施工不良で起こる症状ではなく、健康なお家なら起こる現象です。

 

ただ、そのままにしておくと割れがひろがってしまいます。

ひび割れた箇所の補修を行うことで、綺麗な状態を保つことが出来るようになります。

 

補修後も定期的な点検と再塗装を行うことで、安心して住み続けられる

お家にしていきましょう!

 

【この記事を読んだ方におすすめ】

コーキングだけでなく、帯板・幕板も剥がれているところがないか、チェックしてみましょう!

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。