外壁のひび割れは劣化のサイン!4つの原因と補修方法・費用相場

ひび割れ

 

ふと外壁を見ると、小さいひびが入っている!

「このひび割れ、放っておいて大丈夫?」

「ひび割れが入っていたらどうしたらいいの?」

と心配になって調べているのではないでしょうか。

 

たしかに大切なご自宅の外壁にひびが入っていたら心配ですよね。

ご心配の通り、どんな外壁も丈夫な建材で作られていますので、その建材が割れて、ひびが発生しているということは、ただ事ではありません。

さらに、外壁にひびが入っていることで雨が降った時に内部に水が入ってしまいます。

したがって「ひび割れ」は放置できない重要な劣化症状です。

 

ただし、ひび割れにも種類があり、種類によって危険度が異なります。

そこで今回はひび割れの種類と原因をご紹介します。

またひび割れが発生しやすい場所ひび割れを見つけた際にすべき対処方法やについてもご説明しますのでご自宅のひび割れも早急に対応していきましょう。

 

さらに記事の後半では業者に補修を依頼した場合の費用相場についてもご紹介していきます!

外壁のひび割れは放置せずに早期対応して、ご自宅を長持ちさせていきましょう!

 


1章 ひび割れの種類と原因

外壁に入るひび割れ(=クラック)の種類と原因について危険度別にご紹介します。

ご自宅のひび割れがどの種類か見比べてみてください。

 

1-1 乾燥クラック

乾燥クラック

危険度が最も低いひび割れが「乾燥クラック」です。

「乾燥クラック」とは、主にモルタル(又はコンクリート)外壁で発生するクラックのことです。

新築時にモルタルを施工した後、だんだんと乾燥していく中で水分が抜けてひびが発生します。

新築3~5年ほどで発生することが多いですが、すぐに補修が必要なわけではありません。

ただし、ひびの幅が広がってきたらメンテナンスが必要になります。

 

1-2 ヘアクラック

ヘアクラック

続いてご紹介するひび割れが「ヘアクラック」です。

「ヘアクラック」とは名前の通り、髪の毛程度(0.3㎜未満)のひび割れです。

経年劣化により外壁が水を吸い込んで膨張、乾燥して収縮、と動きが出ると徐々にひび割れが発生します。

このヘアクラックが入ったからといってすぐに家が倒壊することはありませんが、放っておくとひび割れの幅が広がってしまうので、ひびが大きくなる前に外壁全体のメンテナンスが必要です。

 

1-3 縁切れクラック

縁切れクラック

続いての種類が「縁切れクラック」です。

「縁切れクラック」とは新しくモルタルなどを塗り足したときに、前からある塗膜と新しく塗った塗膜の繋ぎ目に発生するひび割れのことです。新旧の塗膜で乾燥具合が変わるため、ひびが発しやすくなります。

ひびの幅が広がる前に補修をする事が重要です。

 

1-4 構造クラック

構造クラック

放置できないクラックが「構造クラック」です。

「構造クラック」とは0.3㎜以上のひび割れのことで、建物の構造に大きく関わる可能性があります。

また0.3㎜以上の「構造クラック」であっても、ひびの入り方で危険度は異なります。

垂直(縦)に延びるひび割れは危険度が低く補修やメンテナンスで済むことが多いですが、斜めに入るひびやクロスしているひびは、大きな負荷がかかった時に発生するひび割れなので、補修だけでなく耐震補強も必要になる可能性があります。

不同沈下(家が傾くこと)や大きな地震が原因で発生することも多いので、幅の広いひび割れを発見したらすぐに業者に家全体の点検をしてもらうことをおすすめします。

 

 

⋆外壁の目地のひび割れにも注意!

外壁と外壁の間の目地(コーキング)のひび割れにも注意しましょう。

ゴム状のコーキング目地は紫外線によって劣化すると固くなって縮れて割れてしまいます。

目地部分が切れてしまうと雨水が外壁の内部に入ってしまうので雨漏りの原因になります。

コーキングの部分にひび割れがあったら、古くなったコーキングを交換してください。

◆外壁のコーキングについて詳細はこちら

 


2章 ひび割れが起きやすい3つの場所

ひび割れが発生しやすい3つの場所をご紹介します。

ひび割れが気になっている方、これから紹介する場所にもひび割れが発生していないか確認しましょう。

発生していたら早期対応が必要になります。

 

2-1 窓サッシ回り

窓回りクラック

窓サッシの周りはひび割れが発生しやすい場所です。発生しやすい理由には以下の3つがあります。

①窓サッシの重さで外壁に負担がかかる

②毎日の窓の開け閉めで、衝撃が外壁にいく

③外壁と窓サッシで素材が違うため、膨張率が異なり歪みが生まれやすい

 

また、窓回りは雨が降った時に水が伝ってくる場所なので、ひび割れが発生すると雨を内部に侵入させてしまいます。

ひび割れが入っていないか確認し、発生していたら早急に対処しましょう。

放っておくと「爆裂(ばくれつ)」が起きる!

爆裂現象

サッシ周りのひび割れを放っておくと、「爆裂(ばくれつ)」という凍害現象が発生する場合があります。

「爆裂」は寒い季節にひびに入った水が外壁の中で凍ってしまい内部から外壁を壊してしまう現象です。

爆裂が起きると外壁自体も崩れてしまいますし、さらに多くの水を室内に入れてしまいます。

爆裂が起きやすい冬の時期が来る前にサッシ周りのひび割れは塞いでおくことをおすすめします。

 

2-2 外壁を固定する釘回り

釘回りのクラック

サイディング外壁の場合は、外壁を固定している釘回りでひび割れが入りやすいです。

サイディング外壁は主成分がセメントで出来ているため、表面の防水性がなくなると、雨天の時に外壁が水を吸い込んで膨張、天気の良い日に乾いて収縮と動きが出てきます。

すると外壁を固定している釘に負荷がかかり、ひび割れが発生しやすくなります。

ひびが発生していたら、外壁全体の防水性が失われている証拠です。

 

2-3 2階のベランダの外壁

ベランダ外壁 クラック

ベランダ外壁 クラック

2階のベランダ外壁など、紫外線が強く当たる場所は劣化するスピードも早く、ひび割れも発生しやすいです。

紫外線に多く当たると表面の塗装が劣化し、雨天時に雨をたくさん吸い込みます。

晴れると一番に早く乾燥するため、膨張収縮が激しくひび割れやすいです。

さらに2階周りは目に付きにくいことが多いので、症状が悪化してから気が付く場合も多く、注意が必要です。

 


3章 ひび割れを見つけたときにすべき3ステップ

この章ではひび割れを見つけたときにすべきことをご紹介します。

ひび割れは放っておくと雨漏りや耐震性の低下に繋がりますので、早めの対応をしていきましょう!

 

ステップ1 ひび割れの幅を測定

ひび割れ 測定

ひび割れを見つけたらまず、ひびの幅を測ってみましょう。

ひび割れの幅によって危険度が変わってきます。

プロが点検する際はクラックスケールというひび割れの幅を測る道具を使用しますが一般の方は持っていない場合がほとんどです。

身近なものだと、一般的な名刺の厚さが0.3㎜前後なので、クラックスケールをもっていない方は、ご自宅のひびに名刺を差し込んでみてください。

名刺が入ったら0.3㎜以上のひび割れです。

 

ステップ2 応急処置・DIY補修をする

ひび割れ 補修

ひび割れの幅を測って0.3㎜未満の小さいひび割れであれば、自分で補修することが出来ます。

ただし、見た目が悪くなってしまう場合もありますので、注意が必要です。

自分での補修は応急処置にしかなりませんので、補修後1年以内に専門家による点検をしてもらいましょう。

 

DIY補修方法】

▪スプレーでの補修

スプレータイプのセメントをひび割れ部分に吹き付けて補修をします。簡単にできますが、周囲に飛び散るので養生が必要です。

▪補修材(又はシーリング)での補修

クラック 補修

クラック 補修

補修材やシーリングで補修する場合は、ひび割れに沿って補修材を塗り、ヘラなどで奥まで充てんしていきます。

他の補修方法よりも難しく、見た目を損なう恐れもありますので綺麗に仕上げたい方は養生を行ないましょう。

柄のあるサイディング外壁の場合は、半透明の補修材を使うのがおすすめです。

◆より詳しく補修方法が知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

 

 

0.3㎜以上のひび割れだった場合は、外壁全体が劣化している可能性が高いので自分で補修するのではなく、業者に点検してもらいましょう。

1㎜以上の大きなひび割れの場合は業者に補修してもらうまでの間、ひびに合わせてマスキングテープや防水テープを貼って水が入るのを防ぎましょう。

 

ステップ3 業者に点検を依頼する

外壁点検

0.3㎜以上のひび割れを見つけたら早急にメンテナンス専門の業者に点検を依頼しましょう。

ひび割れは自分で補修すれば大丈夫だと思っている方も多いかと思いますが、0.3㎜以上のひび割れは外壁全体が劣化しているか、家の構造に問題が生じている危険性があります。

放置してもひびが改善することはありませんので、これ以上幅が広がらないうちに点検してもらいましょう。

 


4章 ひび割れ補修の費用相場

ひび割れ補修にかかる費用相場をご紹介します。

ご自身で補修する場合と業者に補修を依頼する場合でどのくらい費用差があるのか見ていきましょう。

 

4-1 DIY補修=1,0003,000

ひび割れ補修を自分で行う場合は、材料費のみなので1000~3000円程度です。

DIY補修で主に必要になる材料が以下の通りです。

・補修材(コーキング材など)

・ヘラ

・マスキングテープ(はみ出したくない場合はマスキングを貼って綺麗に仕上げます。)

 

ヘラやマスキングテープはホームセンターや100円ショップでも手に入れることが出来ます。

補修材はご自宅の外壁に対応したものを選びましょう。

小さなひび割れは材料を揃えれば簡単に補修する事が出来るので、応急処置として補修したい方はお金をかけずに補修しましょう。

▼補修材の例

「セメントスプレー/ミラコン」

セメントスプレー

税別:1490円(モノタロウ)

スプレーを吹きかけて補修が出来るタイプ。奥行きがあるひび割れにはあまり向かない。

小さいひび割れ向けで簡単に出来る。

 

「ワンタッチサイディング窯業系雨もれ防止補修材/アサヒペン」

補修材

税別:499円(モノタロウ)

窯業サイディング用の補修材。

これ以外に道具が必要なく補修が出来るのでお手ごろ。

 

「カベコークノンブリード/コニシ」

カベコーク 

税別:489円(モノタロウ)

多色サイディングの場合はクリアタイプがおすすめ。先が尖っているのでひびに合わせて充てんしやすい。

 

「変成シリコーンシーラント ノンブリードタイプ」

変成シリコン

税別:519円(モノタロウ)

シーリングで補修する場合は「変成シリコン」「ノンブリードタイプ」を選ぶのが必須。

外壁の目地の補修もできるので、たくさん補修をしたい人におすすめ。

 

4-2 業者による補修=15万円

業者に補修のみ依頼する場合の費用相場は1箇所1~5万円です。

さらに2階周りの補修など高所作業の場合は足場架設費用も必要になるため、10~15万円がプラスでかかる場合もあります。

補修方法としては、ひび割れにシーリングやボンドコークを充てんしてならす方法や、ひび割れ部分をU字(又はV字)にカットして補修材を充てんする方法(U字カット工法)等があります。

▼U字カット工法

U字カットひび割れを広げるようにカッターで削り、奥まで補修材を充てんします。(このカットした断面図がU字に見えるため、U字カット工法と呼びます)

補修のみの工事は諸経費や人工費が入っているため、補修だけでも15万円程度になりますが、塗装工事と一緒に依頼すると塗装のついでで下地処理としてやってもらえる場合がありますので、契約時にひび割れ補修も一緒に依頼することをおすすめします。

 


5章 ひび割れは塗装メンテナンスのサイン

外壁にひび割れが発生したら塗装メンテナンスの時期が来ている可能性が高いです。

ひび割れの原因が地震が不同沈下などではなく、経年劣化の場合は、ひび割れを補修してもその後に塗装をしなければ、ひび割れの再発は止まりません。

 

▼ひび割れ発生後も未塗装の家

ひびの入った家

ひび割れが発生しても補修のみで塗装しなかった家は何度でもひび割れが発生します。

 

ひび割れが発生する原因は「外壁の防水効果の低下」にあります。

防水効果を再塗装で蘇らせることでひび割れの発生を防ぐことができるので、ひび割れが見つかったら塗装によるメンテナンスを行ないましょう。

また美観を重視したい方はひび割れの幅が小さいうちに塗装することをおすすめします。

0.3㎜未満の小さいひび割れであれば、塗料でひびを埋めることが出来ますが、0.3㎜以上のひび割れは補修が必要になるため、補修跡が目立ってしまいます。

 

▼0.3㎜以上のひび割れを補修した外壁

ひび割れ 補修跡

補修が必要なひび割れは補修跡が目立つ場合もあります。

 

0.3㎜未満の小さいひび割れであればメンテナンス後にひび割れの跡が目立つことはありません。塗料で埋まる程度のひび割れのうちに塗装メンテナンスを行ないましょう。

 

◆外壁塗装の基礎知識が知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 


まとめ

いかがでしたか。

外壁のひび割れには種類があり、種類によって危険レベルが異なります。

「乾燥クラック」などの問題ないものもありますが、「ヘアクラック」「縁切れクラック」「構造クラック」などの外壁の劣化を知らせるひび割れもあります。

放置してしまうと家の耐久性が下がってしまう恐れもありますので、ひび割れは早急に対応していきましょう。

 

0.3㎜未満のひび割れであれば自分で補修することもできますが、応急処置にしかなりませんので1年以内に必ず専門家に点検してもらってください。

0.3㎜以上のひび割れは家の耐久性低下につながりますので、外壁メンテナンスの専門家に点検を依頼しましょう。

 

ひび割れの補修費用は、自分で行う場合は1,000~3,000円程度ですが、業者に補修のみ依頼する場合は1~5万円かかります。

 

ただし、一か所ひび割れ補修を行なっても、外壁全体が劣化していれば再度ひび割れは発生します。

補修だけでなく外壁を塗装してひび割れの再発を防いでいきましょう!

 

最後までご覧くださってありがとうございました。

 

◆外壁塗装の費用について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

一目でわかる!外壁塗装の費用相場と損しないための7つのポイント

◆外壁のメンテナンスをどこに頼めばいいか迷っている方はこちらの記事をご覧ください。

外壁塗装は業者選びが肝心!優良業者を見極める20のチェックポイント

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!