【完全解説】サイディングを自分でDIY塗装する方法と費用の全て

DIY塗装

自宅のサイディングの外壁が傷んできたので、塗装業者に見積もりをとってみた・・。

ところが、思った以上に費用が高く、自分でDIYできないだろうか?

と思った方も多いのではないでしょうか。

可能であればDIYで・・・と考える方が多いのは当然です。

 

DIY塗装をおこなった場合の金額と期間を記載すると、

費用:3040万円、期間:2ヶ月~2ヶ月半

です。

 

結論から言うと、サイディングの外壁塗装をDIYで行なうことは可能です。しかし、プロの業者に頼んだほうが良いです

 

簡単に言うと、DIY塗装は、かなりお安くできるが、ものすごく手間と時間がかかり、それにも関わらず品質が劣る可能性があり、危険も高くなる、というのが事実なのです。

 

しかし、この記事ではそれを踏まえて、プロに依頼しなくても自分でDIY塗装する流れや手順を詳しくお伝えします。必要な材料や費用、注意点もあわせて具体的にご紹介しているので、これに沿って行えば可能です。

プロのやり方を詳しくお伝えしているので、誰でもDIY塗装ができ、かつ、「上手くいく、家を長持ちできる」DIY塗装をマスターできます。

ぜひ、一つ一つじっくり読んでみてください。

 

サイディングの外壁をDIY塗装するには、まず何が必要なんだろう・・・?と分からず困りますよね。

そこで、この章では、工程に沿って、準備に必要なモノや材料を細かくご紹介します。

すべて、ホームセンターやインターネットで購入可能なものです。

オススメ商品も記載しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

工程

必要なモノ・材料

外壁の水洗い

:外壁には、汚れやカビ、コケが付着しています。水をかけながら、ブラシでゴシゴシときれいに洗い落とします。

養生

:塗料がついて汚れたくない箇所を、覆います。

目地補修(コーキング補修)

:コーキングとは外壁の目地部分です。ひび割れや隙間など、目地が劣化している場合は補修が必要です。

下塗り

:下塗りは、次の工程である「中塗り」と「上塗り」で使用する塗料と密着性を高めるための工程です。いわゆる、接着剤の役割をにないます。

塗料には、水性と油性がありますが、DIYでは、比較的臭いが強くない、水性がおすすめです。

塗料缶は1缶15キロで重いので、小分けに下げ缶に入れかえて、持ちながらローラーを使って塗ります。

細かい部分は、刷毛を使って塗ります。

中塗り・上塗り

:外壁の耐久性をを長く保つために、2回塗ります(中塗り・上塗り)。

※その他は「下塗り」同じものが必要

掃除

:色々ゴミが出てきますので、最後は家の周りをそうじします。

  • ・ほうき
  • ・ちりとり
  • ・ゴミ袋

その他

:もっとも大切で必要な3点セットです。

足場に上るときには、専用の靴をはきます。足裏がゴム状になっており、すべりにくくなっています。

安全帯を着用して、紐を足場にひっかけながら作業します。それにより、万が一の落下を防止します。

 

いかがでしたでしょうか。

すでに家にあるものもあれば、新たに購入が必要なものが多かったのではないでしょうか。

必要なものがそろったら、次はいよいよ作業工程にはいります!

 


2章 DIY塗装の流れとその手順

塗装は手順が比較的シンプルです。

DIY塗装のポイントは、その工程の順番と作業をしっかり守ってやることです。

お家を守るとても大切な工程ばかりなので、丁寧にやりましょう。

では、一つ一つ詳しくお伝えしますね。

 

 

2-1 足場かけ

外壁塗装をするときには、「足場」の設置が必要になります。手が届かない箇所など、足場にのぼって作業が必要になります。

この足場は必ず設置しましょう。また、設置はプロの専門業者に依頼しましょう

足場架設

なぜなら、はしごや脚立で作業を行うのは、不安定でとても危険ということ。

そして、場そのものは金属なので素人がおこなうと頭にぶつけたり、また家を傷つける可能性もあります。

 

プロの塗装専門業者は、この足場設置が義務付けられており、作業する職人さんの安全を確保することが求められています。そして、資格を保有した作業者が組み立てを実施しています。

また、2ヶ月前くらいから前もって依頼しましょう。春や秋などの繁忙期はなかなか予約がとれない場合があります。

 

お知り合いの塗装会社さんに紹介してもらうか、インターネットで家の近くの業者さんがいないか、探してみると良いでしょう。

 

2-2 洗浄(お家の水洗い)

塗料を塗る前に、まずは、お家の汚れをきれいに丁寧に洗い落としましょう。

この水洗いが不十分だと、汚れやカビ・コケが外壁に付着したまま、上から塗料を塗ることになり、すぐに剥がれてきてしまいます。

 

ホースで水を流しながら、スポンジやブラシでゴシゴシ汚れを洗い落とします。手間はかかりますが、最もコストがかからない方法です。

■洗浄道具

洗浄用具

ブラシ

家にある道具で水洗いが可能。ブラシとスポンジは必須です。

 

 

頑固な汚れは取れにくいので、その場合は、高圧の洗浄機を使用するとよいでしょう。

■高圧洗浄機

高圧洗浄機

水圧で頑固な汚れを落としてくれます。10,00020,000円程度で、ホームセンターやインターネットで購入可能です。

 

以下の、洗浄後のような程度まで汚れが取れればOKです!

洗浄の様子

  • プロの専門業者は必ず高圧洗浄機を使用します。家庭用の高圧洗浄機ではなく、水圧がより強く、汚れを落とせる業務用の高圧洗浄機を使用します。

いずれにしても、塗装する前の水洗いは、とても重要な過程です。

朝、お化粧する前に洗顔するのと同じです。

丁寧にコツコツ汚れを落として、まずはきれいな外壁にしましょう。

 

2-3 養生

「養生」とは、塗料が飛び散って付着したくない箇所を、ビニールなどで覆う作業のことです。

ドアや窓、玄関のコンクリート、庭など、塗料が付きたくない箇所全てをしっかり覆いましょう。

  • <注意>
  • 意外と忘れがちなのが、お庭にある、お花や草木です。
  • ガーデニングで大切に育てたお花などに塗料が飛び散るととても残念ですよね。これらも、葉や枝が曲がって折れないように、ふんわりと養生してあげましょう。

 

■養生後の様子

養生

マスカー

塗料がついてほしくない部分をきれいに覆います。

 

「マスカー」と呼ばれる専用の材料を使用すると、簡単にきれいに養生することができます。

マスカーは、ビニールと布テープが一体化されており、布テープ部分をくっつけたい箇所に貼り、ビニール部分を広げるだけで、そのまま養生ができ、なおかつ、塗装後の養生はがしも簡単です。

マスカーは、ホームセンターやインターネットで購入が可能です。

必ずマスカーを使用して、きれいに養生しましょう。

 

2-4 目地(コーキング)補修

目地(コーキング)の補修は、サイディングの外壁であれば必須の作業工程になります。

ひび割れなど劣化した箇所を埋める作業になります。

コーキング(シーリング)とは、サイディングボードとボードの境目、また窓などサッシ周りに入っているゴム状の素材です。年数が経つと、写真のように、劣化してきます。

コーキングの劣化

 

コーキング材(シーリング材とも言います)を使用しますが、こちらもホームセンターやインターネットで購入が可能です。

■コーキングガンとコーキング剤

コーキングガン コーキング

サイディングのお家には目地補修で必須の材料です

 

色々な種類がありますが、「変性シリコン系」のコーキング材がおすすすめです。

目地だけでなく様々な箇所で使えて汎用性が高く、耐久性も長いためです。

<ポイント その1>

  • コーキング材には色が数種類あります。中・上塗り塗料と似た色を選びましょう
  • コーキングの上から塗料を塗るので基本的には隠れますが、薄い塗料に対してコーキングの色が濃いと、透けて見え美観が少し悪くなる場合があります。
  • 色には、アイボリー、アンバー、グレー、ブラック、ベージュ、ホワイトなどがあります。
  • 外壁デザインや色とのバランスを考えて選びましょう。

 

コーキング補修は以下のような流れでおこないます。

①既存のコーキング撤去

:コーキングの両側をカッターで切り目をいれて、既存のコーキングを引っ張り取ります。

コーキング作業

②養生

:コーキングの両側にマスキングテープをはり養生します。コーキング剤が外壁に付着しなようにするためです。

コーキング作業

③プライマー塗布

:ーキング材を充填する箇所にプライマーを塗ります。プライマーは次に使用するコーキング材を密着させてくれる役割をにないます。

コーキング作業

プライマー

④コーキング充填

:コーキングガンに、コーキング材を取り付けて、目地の溝に入れます。両側にマスキングテープがありますので、安心して十分な量を充填してください。

コーキング作業

⑤ヘラで形状を整える

:コーキング材は、時間を置くとゴムのように固まるので、柔らかい間に、ヘラで上から形を整えます。

コーキング作業

⑥完成!

:時間をおいて、乾いたらマスキングテープを外して完成です。

コーキング作業

 

  • <ポイント その2>
  • コーキング補修には、「増打ち」と「打ち替え」の2種類の方法があります。

増打ち…既存のコーキングの上から充填する

打ち替え…現状の劣化したコーキングをすべて一旦撤去してからやり直す

  • ほとんどの場合は、「増打ち」よりも「打ち替え」がおすすめです。理由は、実際塗装する頃は築10年くらい経っているので、コーキングは相当劣化している場合が多く、増打ちだと難しいためです。

 

 

コーキング部分は、傷みやすくひび割れなどから水がお家に侵入しやすい箇所です。お家を長く保つためには、この隙間をしっかり埋めてあげる作業がとても重要になります。この下地処理は、丁寧に慎重に行いましょう。

 

2-5 下塗り

下塗りの主な役目は、その上から塗る塗料が剥がれないように接着させることや、小さいひび割れを埋めることです。

下塗り

下塗り

塗料は、水性と油性の2種類がありますが、臭いが比較的少なく作業しやすい「水性」を選びましょう。また、シーラーと呼ばれる塗料を選びましょう。

塗料缶は15Kgで重いので、塗料を下げ缶に小分けします。そして、その下げ缶を持ちながら、塗っていきます。

下げ缶

基本的にはローラーを使用して塗ります。ローラーでは塗れない細かい箇所などは、刷毛を使って塗ります。

 

この下塗り作業は、次の工程の中塗り・上塗り塗料の密着度を高める、重要な役割です。

この下塗りがしっかり塗装されていないと、中塗り・上塗りをしても、すぐに剥がれてしまうので、塗りモレがないように丁寧におこないましょう。

 

2-6 中・上塗り

中塗り、上塗りは、塗料の膜をしっかり形成して耐久性を高めて、水の侵入や紫外線からお家を守ります。

中塗り

作業方法は下塗りと同じです。

下げ缶に小分けに入れて、塗っていきましょう。

しかし、特に上塗り作業は塗り残しやムラがでないように、ローラーと刷毛を使い分けながら、丁寧に塗っていきましょう。仕上がりの良さと耐久性に影響がでるためです。

  • <注意>
  • 乾燥時間をしっかり守りましょう。
  • 塗料の説明書には、必ず乾燥時間が記載されています。塗料が乾く前に、塗装してしまうと剥がれの原因になります。かと言って、乾かし過ぎてもよくないので、きちんと読んで仕様を守って作業をすすめましょう。

 

2-7 養生はがし

これで、すべての塗り作業が終了しました。色がつかないようにかぶせていた養生を、全てはがします。

足場にのぼる最後の作業になります。

最後はつい気が抜けて怪我しやすい時でもあります、注意して足場にのぼりましょう。

 

2-8 足場撤去

足場の業者さんに連絡して、足場を撤去してもらう日程を決めましょう。

足場が家のモノに思わず当たって、傷がつく可能性がありますので、必ず立ち会って問題ないか確認しましょう。

 


3     DIY塗装は約3040万円の費用でできる

外壁塗装をDIYでおこなう場合、人件費がかからないので、かかる必要な費用は、業者に依頼する「足場組み立て・撤去費用」と「塗料や材料、道具一式を購入する費用」の2種類です。

合計で、30~40万円前後が一般的にかかる相場の費用です。

では、一つずつ具体的にご紹介していきましょう。

 

3-1 足場設置は約10万円

足場は必ず専門業者に依頼しましょう

ここは安全に作業するためにとても重要なので、あえて費用をかけて、プロに依頼しましょう。

費用は、約30坪で10万円前後です。

費用の中身は、「足場を組み立てる作業」と、塗装工事が終了し「足場を撤去する作業」が含まれています。

お知り合いの塗装会社さんに紹介してもらうか、インターネットで家の近くの業者さんがいないか、探してみると良いでしょう。

 

3-2 塗料や材料、道具一式で約20万円~30万円

塗料や資材(コーキング材やローラーなど)を選ぶときは、あまり価格重視にならないようにしましょう。

一般的な塗料や材料、道具一式で、約2030万円前後です。全て、インターネットやホームセンターで購入が可能です。

 

一般的に購入が必要なものをまとめてみました。

(お家が約30坪の場合)

内容

必要な個数目安

金額

ブラシ

1個

1,000~1,500円

高圧洗浄機

1台

10,000~25,000円

マスカー

約5~8個

  • 2,000~4,000円
  • (例:400円×5個)

マスキングテープ

約5~10個

  • 1,500~4,000円
  • (例:300円×5個)

プライマー

1個

1,500~2,000円

コーキング材

約20本

  • 13,000円
  • (例:650円×20本)

コーキングガン

1個

1,000~10,000円

塗料(下塗り材)

  • 2缶
  • (8Lの場合)
  • 10,000~25,000円
  • (例:11000円×2缶)

塗料(中・上塗り材)

  • 2缶
  • (15kgの場合)
  • 36,000~40,000円
  • (例:18,000円×2缶)

ローラー

2本

  • 600~800円
  • (例:300円×2本)

ローラーハンドル

1本

300~500円

刷毛

2本

  • 200~400円
  • (例:100円×2本)

下げ缶

2個

300円(例:150円×2個:下塗り・中上塗り用)

足場靴

1足

1,000~3,000円

安全帯

1個

2,500~5,000円

ヘルメット

1個

1,000~3,000円

 

もちろん、安価な塗料・材料はたくさんありますので、もっとお安くしようと思えば可能です。

しかし、せっかく時間をかけて苦労して行いますので、出来栄えや品質も保ちたいですよね。

特に、塗料はお家の耐久性に直結します。基本的、品質は価格に比例しますので、良いものを選びましょう。

 


4     工事期間は約2ヶ月~2ヶ月半かかる

サイディングのDIY外壁塗装は、2ヶ月~2ヶ月半と考えておきましょう。

なぜなら、プロの塗装会社が実施した場合でも、2人の職人さんで1014日間かかります。

DIYでやる場合、仮に、実際に作業できるのが「週休2日の期間だけ」で「1人で行なう」ことを前提とすると、最短でも1ヶ月以上はかかるためです。

また、初めてで慣れない作業であること、また、天気が雨で作業できない日もあることを考慮すると、2ヶ月程度かかる可能性が非常に高いです。

それらを考慮して、スケジュールを組み立てましょう。

 


5     これだけは絶対!DIY塗装で抑えるべき4つの要点

外壁塗装をDIYするのは費用が抑えられるなどのメリットもありますが、注意すべき点もいくつかあります。

この章では、これだけは抑えてほしい内容を4つに絞ってお伝えします。

とても重要なことなので、DIY塗装をする前に必ず読んでくださいね。

 

5-1 はしごはNG、ビケ足場が必須

この記事で何度か記載しましたが、足場は必ずプロの足場業者に依頼しましょう

「はしごや脚立で十分!」と思われる方が少なくないのですが、とても危険です。

そして、安全が確保された状況でなければ、大丈夫かな・・・と安全に意識が行き過ぎて、丁寧にお家を塗ることに集中できません。

また、その足場は「ビケ足場」と呼ばれる、網目状の歩くスペースがある足場を選びましょう。

 

■ビケ足場での作業

ビケ足場

ビケ足場であれば、手をついたり、寝っ転がったりして、隅々までお家を塗装できる

 

  • <注意>
  • 足場には単管足場」と「ビケ足場の2種類があります。
  • 単管足場は、単管パイプ2本の上で作業をするので、とても危ないです。本来であれば、プロの業者が扱ってはいけない足場施工方法なのですが、稀にそのような業者がいます。

単管足場の方が、価格的に安いですが、ここは安全を確保するために必要な費用です。

足場業者には、ビケ足場かどうかを確認して、依頼しましょう。

 

5-2 落下事故に注意!安全対策3点グッズは必ず着用を

足場の設置は安全対策として重要な1つです。そして、足場にのぼって作業する時は、以下の3点を必ず着用しましょう。

楽しくそして、安全にDIYをするために、必須の3点グッズになります。

 

  • ①ヘルメット

作業中に、足場に頭が当たったり、万が一落下した場合、頭を保護してくれます。夏の時期は蒸れて着用したくない季節ですが、ヘルメットは必ず着用しましょう。

ヘルメットの着用

 

  • ②足場靴

足場は金属パイプなので、普通の靴では滑る可能性が高いです。足場靴は裏面がゴム状になっており、滑り止めの効果があります。

足袋くつ

足袋くつ

 

  • ③安全帯

ベルトのように腰に着用して、そこからつながる紐の先端のフックを足場の単管に引っ掛けます。これも、万が一の落下事故の防止に備えて着用します。

 

■安全帯の着用後

安全帯の着用

安全帯

足場に紐が付いているので、自由に動ける範囲が限られており、若干作業しづらいかもしれません。しかし、安全には代えられません。ここは我慢して作業をおこないましょう。

 

いずれも、購入が必要なものになるかと思いますが、これは安全対策として必ず費用をかけましょう。

 

5-3 塗料は「水性」がオススメ

塗装をDIYで行なう場合は、「水性」塗料を選びましょう。

塗料には、大きく分けて「水性」と「油性」の2種類がありますが、水性のほうが比較的臭いが少なめで、作業しやすいためです。

塗料缶や仕様書には必ず「水性」もしくは「油性(弱溶剤)」が記載されていますので、それらを見て判断しましょう。

また、塗料は原液ではなく必ず希釈して使用するのですが、水性塗料の場合は、「水」と混ぜるだけで良いからです。

そのため、DIY塗装では、水性塗料を選びましょう。

  • プロの塗装業者が使用する塗料は、「油性」の場合も多くあります。油性塗料の方が、耐久性が長く、品質が良い塗料が多いためです。
  • その場合、希釈は「硬化剤」と呼ばれる専用の塗料を、撹拌機を使って混ぜます。DIYで油性塗料を使う場合は、撹拌機を購入して、定期的に混ぜながら作業をする必要があります。(放って置くと固まるため)

 

5-4 塗料の仕様書をしっかり読もう

塗料には必ず仕様書がついています。その仕様書をしっかり読んでから作業しましょう。

なぜなら、その仕様書には、

・何と希釈するか(薄めるか)、またその割合

・塗装間隔(乾燥時間)

など、塗料を扱う上でとても重要なことが記載されているからです。

仕様書は、カタログの裏面や中面に載っています。

 

<仕様書の例>

塗料の仕様書

これらを守らずに作業してしまうと、せっかく頑張って塗装したのに、すぐに剥がれたりしてしまいます。

作業するまえに、必ず塗料の仕様書はじっくり読みましょう。

 


6    DIYとプロの塗装業者の違い[費用と工期]

外壁塗装をDIYするのは理解したけど、プロに頼んだらどのくらい違うの?

そのように思われた方もいると思います。

ここでは、DIYとプロの違いについてお伝えします。

 

6-1 費用相場は、80110万前後

プロの塗装業者に依頼した場合、塗料の種類によって違いますが、おおよそ80~110万円前後になります。

プロの職人による塗装作業なので、DIYで行うより、当然工事品質は高まります。

工事品質が高い、ということはお家が長持ちする、ということです。

また、きちんとした業者であれば、近隣の挨拶も丁寧にしてくれるので、足場設置でうるさい音などで迷惑かけることも、しっかり対応してくれます。

さらに、保証書も発行してくれる会社も多くあるので、仮に工事後になにかあったとしても、保証範囲内で対応しれくれます。

 

プロに依頼する一番のポイントは、「安心・安全」「お家を長く保つ」ということを認識しておきましょう。

 

6-2 施工期間は1014日間で完了

 プロの塗装業者に依頼した場合、施工期間は10~14日前後です。

天候にもよりますが、21組で作業をして、このくらいの日数で工事が完了します。

足場が組まれた状況が続くのは、想像以上に窮屈を感じるものです。太陽の光は差し込まれず、常になんとなく暗い環境になります。DIYでは、それが約2ヶ月間ということを忘れないようにしましょう。

 


まとめ

いかがでしたでしょうか。

以下に、DIYとプロの比較を一覧でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

項目

プロの業者に依頼した場合

DIYで実施した場合

価格

70~110万円

30~40万円

工期

10~14日間

2ヶ月~2ヶ月半

安全

自分は工事しないので、まずは安全。プロの業者からの注意点を守れば問題ない。

かなり危険が伴う。しっかりとした準備と慎重な作業が必要。

品質

業者選びをしっかりすれば、問題ない。保証やアフターメンテナンスの体制がしっかりしている会社が良い。

経験のない素人がやるので、品質はあまり期待できない。数年で剥がれたりする可能性がある。

 

DIY塗装は自分で我が家を塗り替えられる楽しい反面、リスクや品質などが多くつきまといます。

外壁塗装は、プロの業者に任せたほうが、安心安全で、何よりお家が長持ちすることは間違いありません。

 

お家はたくさんの詰まった財産であり、これからも長く家族が集う住まいです。

費用や工期、安全や品質を比較して、後悔のない外壁塗装を行いましょう。

 

◆業者に依頼した際の費用について詳しく知りたい方は、こちらもお読みください。

一目でわかる!外壁塗装の費用相場と損しないための7つのポイント