人気上昇中「陸屋根」のメリット・デメリットを他屋根と徹底比較!

陸屋根

たくさんある屋根の種類の中から「陸屋根(りくやね・ろくやね)」が気になったあなた。

「陸屋根ってどんな屋根?」

「良いところ・悪いところは?」

「メンテナンスってどうするの?」

と疑問に思い、調べているのではないでしょうか。

 

陸屋根とは、平らな形の屋根のことです。

昔からビルや工場などで用いられてきた屋根の形状ですが、最近では一般の戸建てにも選ばれることが増えてきました。

 

そんな陸屋根ですが、具体的な機能性や注意点など、詳しいことは知らない方も多いかと思います。

そこでこの記事では、陸屋根の特徴や種類・メリット、デメリットを他の屋根と比較してご紹介。

分かりやすくご紹介していきますので、屋根の形状をどうしようか迷っている方はぜひお役立てください!

 


1章 陸屋根(りくやね・ろくやね)とは

屋上防水

1-1 陸屋根とは

陸屋根は「ろくやね」「りくやね」と呼ばれるフラットな形状の屋根です。

屋上として有効活用できることや、メンテナンスが容易にできることから、近年では人気急増しています。

他の屋根の形状と比較してみると、耐風性に優れている・室内が広く感じやすいという魅力もあります。

他の屋根との比較

(詳しくは2章・3章のメリット・デメリットで解説します。)

 

1-2 防水タイプと金属屋根タイプがある

陸屋根には「防水タイプ」「金属屋根タイプ」があります。

素材によって特徴は変わってきます。

陸屋根を検討される方はそれぞれの特徴も把握しておきましょう。▼

防水と金属の違い

また、防水・金属屋根の中にも種類があります。

種類によって耐久性や価格、メンテナンス時期・方法は異なります。

具体的に屋根の種類を決める際には、素材についても調べておきましょう!

 

>防水タイプの種類はこちら

>金属屋根の種類はこちら

 


2章 陸屋根の4つのメリット

陸屋根は見た目・機能性どちらにしても良い点がたくさんあります。

フラットだからこそのメリットを、他の屋根と比較してみていきましょう!

 

2-1 風による被害を受けにくい

陸屋根は風による屋根の飛散などの被害を受けづらいです。

なぜなら、形が平らで、屋根材が下から吹き上げられることもないからです。

比較図

通常の屋根は、傾斜があるため、下から吹き上げられた風によって屋根材がめくれあがってしまうことがあります。

陸屋根はそういった被害が起こりにくいので強い風が吹いたときでも安心です。

日本は毎年台風が発生しているので、風に強いという点は大きなメリットになります。

 

2-2 メンテナンスコストが安い

陸屋根のメンテナンスは一般的な屋根にかかる価格よりも安くできます。

その理由は、防水タイプと金属屋根タイプで変わります。

 

防水タイプの場合、屋上を安全に歩行できるため足場仮設が不要になるケースが多いです。

そのため、通常メンテナンスに必要な足場代をカットでき、メンテナンスコストを下げることが出来ます。

 

金属屋根(ガルバリウム)タイプの場合は、メンテナンス時期が1520年ほどになるので、一般的な屋根塗装よりもメンテナンス回数を減らすことが出来ます。

メンテナンス周期

※トタンの場合は築5~7年で錆が出やすくなるので早めに塗装が必要です。
※銅板・アルミ製の場合は塗装は必要ありません。

 

上記の理由から、陸屋根はメンテナンスコストが安く済むことが多いです。

お家に長く住んでいくことを考えると、メンテナンスにかかるお金も重要になります。

費用面も考慮して屋根を選んでいきましょう。

 

2-3 モダンな仕上がりになる

モダンな家

陸屋根にするとモダンなお家にする事ができます。

キューブ型の近代的な仕上がりになるためです。

 

▼事例

施工事例

実際に、設計事務所が建てたお家でも、陸屋根がモダンスタイルの定番となってきました。

一般的な三角屋根のお家とは一味違う、おしゃれな雰囲気にしたいという方にぴったりです。

 

2-4 居住空間が広く感じる

陸屋根は、一般的な屋根のお家と比べて、室内が広く感じることができます。

なぜなら、屋根裏がなく、天井を高くすることができるからです。

また、屋根に傾斜がないので、天井の高さが全て同じで、広い空間を取ることができます。

比較図

圧迫感のない広々とした内装にしたいという方に嬉しいメリットになります。

 


3章 陸屋根の2つのデメリット

陸屋根を選ぶ前に、デメリット=注意点も知っておきましょう。

良い点だけしか知らないまま選んでしまうと、お家を建ててから後悔することもあります。

注意点を知っておけば、対策することもできますので、見ていきましょう!

 

3-1 雨漏りしやすい

雨漏り

陸屋根の一番の注意点は、雨漏りが発生しやすいという点です。

なぜなら、フラットな屋根のため、水はけが悪いからです。

比較図

雨が降った後や雪が積もった後などは、水気が完全になくなるまで時間がかかってしまいます。

そのため、他の傾斜がある屋根よりも雨漏りが発生しやすいです。

雨漏りを発生させないためには、定期的な屋根のメンテナンスや排水溝(ドレン)の清掃が必要になります。

 

▼防水タイプの陸屋根にある排水溝(ドレン)

ドレンのつまり

排水溝は雨樋(あまどい)とつながっていて、外に流れていきます。

ここが汚れで詰まると水がはけずに溜まってしまうので注意が必要です。

 

3-2 夏は暑くなりやすい

陸屋根のお家は夏、暑くなりやすいというデメリットがあります。

傾斜がある屋根のお家だと、屋根と住居スペースに空間があるため、暑さが軽減されます。

しかし、陸屋根にはその空間がないので、直に暑さが届いてしまいます。

暑さの比較

暑さを軽減したい方は、屋上を緑地化する、太陽光を設置する、断熱材入りの屋根にするなどの対策を行ないましょう。

 


4章 陸屋根はこんな人におすすめ!

陸屋根

ここまで陸屋根について解説してきましたが、実際にどんな人におすすめなのかご紹介します。

ご自身に当てはまったら、ぜひ陸屋根を選んでみてください!

 

  • 簡単フローチャートもぜひお試しください!

屋根選びフローチャート

※あくまでも参考のフローチャートです。

 

>他の屋根の形状についてはこちら

 

4-1 モダンな形のお家にしたい

モダンな家

見た目をモダンでおしゃれにしたい人には陸屋根がおすすめです。

陸屋根にすると以下のような仕上がりにする事が出来ます。

陸屋根 事例

住空間を広くとれるので、高級感のある広々とした雰囲気にもなります。

また、住宅街でこんなおしゃれなお家が建っていたら目を引きますよね。

カタチにこだわってお家を建てたい方におすすめです。

 

>モダンな外壁事例を見たい方はこちら

 

4-2 屋上でBBQしたい、花火を見たい

花火

屋上を有効活用したい方にも陸屋根がおすすめです。

ご家族でBBQをしたり、天体観測・花火を見たりと有意義に使用することが出来ます。

ただし、金属屋根タイプの陸屋根では屋上利用が出来ないので注意しましょう。

 


まとめ

いかがでしたか。

陸屋根は、平らになっている屋根の形状の一種です。

他の屋根と比べると、耐風性が優れている、メンテナンスが簡単などの特徴があります。

 

詳しいメリット・デメリットは以下の通りです。

~メリット~
・屋上として活用できる
・お手入れが簡単で安くできる
・居住空間が広く感じる

~デメリット~
・夏場は暑くなりやすい
・雨漏りしやすい
・メンテナンス頻度が多い

モダンな形にしたい方や、屋上を有効活用したい方にはぴったりの屋根です。

当てはまる方は、陸屋根を選んでみてはいかがでしょうか。

 

お家は5060年と長く住んでいく大切な場所です。

あなた自身やご家族に合った屋根の形を選んで、素敵なお家にしてくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

>屋上防水の耐用年数とメンテナンスについてはこちらの記事をご覧ください。
知っておきたい!屋上防水の種類別耐用年数と長持ちさせる2つの方法

>外壁の種類についてはこちらの記事をご覧ください。
外壁材の種類を徹底比較!一覧表で分かる6つの注目点でベストを選ぶ

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!