写真で分かる!ガスケット目地の特徴・見分け方と3つのメンテナンス

ガスケット目地

うちの目地は“ガスケット”らしいけど…

「ガスケット目地って何?」

「どんなメンテナンスが必要?」

と気になって調べているのではないでしょうか。

 

“ガスケット”とは、パッキン状の目地のことです。

この記事ではガスケットの特徴一般的な目地(コーキング)との違いについて解説していきます。

また、ガスケット目地の適切なメンテナンス方法注意点をご紹介します。

コーキングとは違った注意ポイントがありますので、事前にチェックしておきましょう。

 

この記事を読めば、正しいメンテナンスでお家を長持ちさせる事が出来ます。

ぜひ最後までご覧ください!

 


1章 ガスケット目地とは|コーキングとの違い

乾式目地

ガスケット目地とは、目地の一種です。

「乾式目地」「定形目地」「定形パッキン」と言われることもあります。

積水ハウスやパナホーム、トヨタホームなど大手ハウスメーカーでも採用される優秀な目地材です。

そんなガスケットと、一般的な目地であるコーキング(シーリング)を比較して解説していきます。

 

1-1 特徴

ガスケット目地の特徴は以下の3点です。

コーキングと比較してみていきましょう。

ガスケット目地

 

1-2 見分け方

ガスケットとコーキングは見た目や触った感じで見分けることが出来ます。

ご自宅がガスケット目地なのか分からない、という方は一緒に確認してみてください。

 

見た目の違い

ガスケット目地・コーキング目地

・ガスケット…模様があることが多い

・コーキング…一色

 

触った感触

ガスケット目地とコーキング目地

・ガスケット…固くてしっかりしている

・コーキング…ゴムのように柔らかい(上記写真は撤去時のもの)

 


2章 ガスケット目地のメンテナンス方法

ガスケット目地のメンテナンス方法をご紹介します。

正しい方法でメンテナンスをしないと不具合に繋がるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

それでは見ていきましょう。

 

2-1 上から塗装

上から塗装

ガスケットのメンテナンスは基本的には上からの塗装です。

ガスケットは高寿命なため、外壁塗装と同じタイミングで塗装を行ないます。

外壁塗装工事の費用相場は90~140万円です。

ただし、目地交換の手間や材料費が削減できるので、一般的な外壁塗装よりもお得に工事出来ます。(約10~15万円ほど)

 

>外壁塗装の費用についてはこちら

 

2-2 ガスケットへ交換

ガスケット交換

ガスケットが劣化してしまっている場合は、現在の目地を撤去して、新しいガスケット目地に交換します。

費用は1,000~2,000円/mです。

交換する際は、現状の外壁とデザインが合うものを選ぶことをおすすめします。

業者と相談して新しい目地を選んでいきましょう。

 

2-3 コーキングへ交換

コーキング交換

お家の構造的にガスケットへの交換が難しい場合があります。

そういった場合は既存の目地を撤去してコーキングを打ち込んでいきます。

※コーキングでの施工になるケースは3-2でご紹介します。

施工費用は9001,200/です。

 

コーキングへの交換の際は、コーキングを打つ前に、バックアップ材を入れます▼

バックアップ材

バックアップ材を入れることで、コーキングの接着面を減らして負荷を低減させます。

これで目地を長持ちさせることが出来ます。

(※場合によってはバックアップ材が不要な場合もあります。)

 

外壁塗装セミナー

3章 メンテナンスの注意点

ガスケット目地のメンテナンスでの注意点をご紹介します。

業者の中には知識のない業者や手抜きをする業者もいますので、ご自身でも注意点は把握しておきましょう。

 

3-1 塗装後のブリード現象

乾式目地

ガスケット目地を塗装する時、ブリード現象に注意が必要です。

ブリード現象とは、塗装後に変色したり、ベタベタしてしまう現象のことです。

ガスケット目地に含まれる油分と塗料が反応して起こります。

ブリード現象を防ぐためには、塗装前にガスケット目地の上に下塗剤を塗っていく方法があります。

下塗り

ブリード現象が起きないように適切に対応してくれる業者だと安心です。

 

3-2 交換できないケースもある

乾式目地

外壁の構造によっては、ガスケット目地への交換が出来ない場合もあります。

具体的には以下のようなケースです。

・同じガスケットがない

・構造的にサイディングの脱着が必要だが、外したらサイディングが割れてしまう可能性がある

・構造的にガスケットが外せない

 

上記の場合は、コーキングへの交換、またはガスケット目地の上からの増し打ちが必要になります。

状況に合った提案をしてくれる業者を選びましょう。

 

★ガスケット目地のメンテナンスならユーコーへ

乾式目地

当サイトを運営するユーコーコミュニティーでは、ガスケット目地のメンテナンス事例も数多くあります。

お家の状況に合った適切なメンテナンスを提案いたしますので、お困りの方はユーコーにご相談ください。

ご相談はこちらから

 


まとめ

いかがでしたか。

ガスケット目地は、耐久性が高くて見た目もスッキリしている目地の一種です。

コーキングと違って、すでに出来たパッキン状の目地を外壁の間に埋め込んで施工されます。

 

ガスケットは、劣化状況やお家の構造によってメンテナンス方法が変わります。

・上から塗装(相場:90~140万円)

・ガスケットへ交換(1,000~2,000円/m)

・コーキングへ交換(900~1,200円/m)

ご自宅に合ったメンテナンスで長持ちさせていきましょう。

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

>サイディング外壁の方はこちらの記事もご覧ください。

 

外壁塗装のギモン解消!基礎知識セミナー【無料】

「初めての外壁塗装だからまずは知識を付けたい。」

「何を基準に業者を選べばいいの?」

こんなお悩みをお持ちの方のために、

【失敗しない外壁塗装セミナー】をWEB開催中!

ご自宅のパソコン・スマホからご参加できるので、コロナ禍でも安心です。

☑ 塗装工事の基礎知識を60分で分かりやすく解説!
☑ 見積もり書のチェックポイントが分かる!
☑ 優良業者の見極めポイントが分かる!
☑ 15,000件以上の工事実績に基づいた内容で安心!
☑ 直接チャットで質問もOK! 

これまでに4,500名以上が参加し、満足度は97.9%!

経験豊富な講師による特別無料セミナーです。

外壁塗装に少しでも不安を抱えている方はぜひお気軽にご参加ください。
※参加対象:神奈川・東京にお住まいの方

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!