遮熱塗料で夏を涼しく!効果&メリット・デメリットとお勧め塗料3選

遮熱塗料

業者に勧められた遮熱塗料

名前は聞いたことはあるけど実際の効果やメリット・デメリット分からず気になって調べているのではないでしょうか。

実は、遮熱塗料は塗装工事で使用されることがとても多いので、塗料を決める前にどんな効果があるのかを知っておくことは大切です。

効果やメリット・デメリットを知っておくことで、遮熱塗料がご自宅にピッタリの塗料なのかどうか判断することが出来ます。

 

そこでこの記事では、遮熱塗料とはどんな塗料なのか、効果、メリット・デメリットを分かりやすく解説していきます。

また、プロがおすすめする塗料もご紹介。

遮熱塗料を選びたいと思った方は参考にしてみてください。

記事の後半では、遮熱塗料に関するQ&Aもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 


1章 遮熱塗料とは

遮熱塗料とは、太陽光を効率よく反射して、建材の温度上昇を抑える塗料のことです。

建材の温度が下がることで、建物内部に伝わる熱も軽減され、涼しくなります。

遮熱塗料

遮熱塗料には屋根用・外壁用とそれぞれありますが、太陽光を強く浴びる屋根に使用されることが多いです。

 

また、費用は遮熱効果のない塗料と比べてもそこまで差はありません。

遮熱塗料費用相場

お得感があるので選ばれることが多い人気の塗料です。

夏の暑さにお悩みの方は選んでみてはいかがでしょうか。

 


2章 遮熱塗料の効果

遮熱塗料の効果は屋根の表面温度を低下させること、それによって室内の温度も低下させることです。

以下は日本ペイントの「サーモアイ」という遮熱塗料の実験結果です。

遮熱効果

出典:サーモアイシリーズ/日本ペイントのカタログより抜粋

遮熱塗料を塗装することで、屋根の表面温度が10.5℃削減し、室内温度も3℃低下しました。

特に夏場は屋根の温度も上昇しやすいので、効果を感じやすくなります。

 

>遮熱塗料の効果についてより詳しく知りたい方はこちら

 

外壁塗装セミナー

3章 遮熱塗料のメリット・デメリット

遮熱塗料には良い面もあれば注意してほしい面もあります。

後悔のない塗料選びをするために、どちらも把握しておきましょう。

 

3-1 〇 夏の暑さが軽減される

暑さの軽減

遮熱塗料の最大のメリットは暑さが軽減されることです。

屋根の表面温度が下がることによって、室内に伝わる熱もおさえられます。

夏の暑さにお悩みの方にはぴったりの塗料です。

 

3-2 〇 節電・省エネになる

省エネ

遮熱塗料で暑さが軽減されることで、冷房の温度設定が上がり(又は使用頻度が下がり)節電・省エネに繋がります。

夏場の電気代の大半は冷房などの空調が占めています。

設定温度を1℃上げるだけで電気代が約13%削減されるのでお財布に優しいです。

また、冷房は使用時にCO2の排出が多くなります。

使用頻度が減ることで地球温暖化防止にも繋がります。

 

3-3 〇 熱による劣化が防げる

劣化を遅らせる

遮熱塗料で塗装することで、熱による劣化を防ぐことが出来ます。

建材は日射熱でも劣化するので、表面温度が下がることで劣化速度を遅らせることが出来ます。

塗膜が劣化しにくくなれば結果的に建材の防水性も長持ちします。

メンテナンス費用を抑えたい方にも嬉しいメリットです。

 

3-4 × 効果を感じにくい場合もある

遮熱効果

遮熱塗料は効果が感じにくい場合もあります。

効果を感じにくいのは、日当たりが悪い家や、断熱機能がすでに優れているお家です。

日当たりの悪いお家は、元々太陽の熱で室内の温度が暑くなりにくいので、遮熱塗料の効果を感じにくいです。

また、屋根・外壁にしっかりとした断熱材が入っているお家もそうです。

お家の構造的に熱が伝わりにくくなっているので遮熱塗料の効果は感じにくいです。

効果を感じやすいのは、断熱機能がない工場・プレハブや、日当たりが良いお家などです。

 

夏の暑さや冬の寒さにお困り・お悩みの方は、塗装ではなく、断熱リフォームをおすすめします。

遮熱塗料にも効果はありますが、塗装工事の目的はあくまでも表面の防水効果を高めることです。

断熱や遮熱を目的にした工事をしたい方は、断熱材を入れる、遮熱フィルムを貼るなどの別リフォームを行ないましょう。

 

3-5 × 選べる色に限りがある

屋根の色

遮熱塗料は、種類によっては選べる色に限りがある場合があります。

具体的には真っ黒などの濃い色は選べないなどです。

メーカーの方で遮熱効果が出やすい色を限定して製造しているケースもあれば、塗料の成分の関係で作れない色があるケースもあります。

色にこだわりたい方は、塗料を選ぶ前に色のバリエーションも確認しましょう。

 


4章 おすすめの遮熱塗料3

遮熱塗料の中でも特におすすめの3つの種類をご紹介します。

それぞれの特徴を見て、ご自宅に合ったものをチェックしてみてくださいね。

 

4-1 抜群の遮熱性が魅力!RSルーフ2F

まず初めにご紹介するのが、関西ペイントの「RSルーフ2液F」です。

フッ素樹脂の塗料で耐候性に優れています。

また、遮熱性も高く、表面温度が最大20℃低減するなどの効果が期待できます。

 

この塗料はリフォームサミット店でしか取り扱いが出来ない塗料です。

この塗料を使用できる=安心して任せられる業者として業者選びにも役立てていただけます。

 

※リフォームサミット店とは

関西ペイントが支援する研修を受けた塗装業者のみが認定されます。

お客様に高品質な施工サービスを提供したいというメーカーの想いで作られた取り組みです。

 

4-2 +断熱効果で快適!キルコ

キルコ

次にご紹介するのが、シンマテリアルワンの「キルコ」です。

キルコは遮熱性だけでなく、断熱性にも優れています。

夏の暑さだけでなく、冬の寒さにお悩みの方にピッタリの塗料です。

 

また水性塗料のため、塗料の臭いが少ないです。

工事中、塗料の臭いが心配な方にもおすすめです。

 

4-3 様々な場所で使える!サーモアイ

サーモアイ

最後にご紹介するのが、日本ペイントの「サーモアイシリーズ」です。

サーモアイシリーズは屋根や外壁だけでなく、屋上やベランダ、路面にも施工が出来ます。

夏場、裸足で歩きたいお子様がいるご家庭などにおすすめの塗料です。

 


5章 遮熱塗料に関するQ&A

遮熱塗料関するQ&Aをまとめました。

塗料選びで疑問に思ったことなどチェックしていきましょう。

 

5-1 遮熱塗装をすれば補助金がもらえる?

A、遮熱塗装が補助金(助成金)の対象になる地域もあれば、ならない地域もあります。

また、使用する塗料は関係なく、塗装工事自体に補助金が出る自治体もあります。

実際に神奈川県で塗装工事に補助金が出る地域(座間市・三浦市・葉山町など…)は使用する塗料を限定していません。※令和37月時点

遮熱塗装によって補助金が受け取れるかはお住まいの自治体に確認してみましょう。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(令和3年度版)

 

5-2 選ぶ色によって効果の差はある?

色選び

A、実感できるほどの差はありませんが淡い色の方が、反射率が高くなります。

夏場、黒い服を着ると暑くなるように、屋根や外壁も黒に近い色を選ぶほど表面温度が暑くなりやすいです。

 

▪サーモアイの色見本(日射率)

色カタログ

左側の数値が反射率です。効果を最大限に得たいのであれば、白に近い淡い色を選ぶことをおすすめします。

 

5-3 冬はかえって寒くならない?

冬の寒さ

A、遮熱塗料を塗ったことで冬場寒くなることはありません。

夏場は太陽からたくさんの熱エネルギーを受けるので、その分室内に熱が伝わります。

それに対して冬は少しの熱エネルギーしか受けず、そもそも建材が熱を帯びることもありません。

そのため、その熱エネルギーが室内の温度に与える影響は少なく、遮熱塗料によって寒くなることはありません。

どうぞご安心ください。

 


まとめ

いかがでしたか。

遮熱塗料とは、太陽光を効率よく反射して、建材の温度上昇を抑える塗料です。

実際に、遮熱塗料を塗った屋根と塗らない屋根では約20℃の温度差が出た実験結果もあります。

 

暑さが軽減されると、節電・省エネ、屋根自体の劣化を遅らせることにも繋がるので利点も多いです。

ただし、場合によっては効果を感じにくかったり、選べる色が限られていたりする場合もあるのでそこはあらかじめ注意しておきましょう。

 

また、おすすめの遮熱塗料は以下の3点です。

・関西ペイント「RSルーフ2液」

・シンマテリアルワン「キルコ」

・日本ペイント「サーモアイ」

それぞれ特徴がありますので、ご要望に合ったものを選んでみてください。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

◆遮熱塗料と断熱塗料の違いについてはこちらの記事をご覧ください。
遮熱塗料と断熱塗料の違いを徹底比較!性能・費用でみる選び方ガイド

 

[無料] 失敗しない外壁塗装セミナー WEB開催中!

「外壁塗装について、もっと知識をつけたい。

「でも、どこで勉強すれば…?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方はぜひ、WEB外壁塗装セミナーにご参加ください。

いま塗装をご検討中の方はもちろん、将来のメンテナンス計画立てにもお役に立ちます。

ユーコーのWEBセミナーは、

  • 4,200名以上が参加した『失敗しない外壁塗装セミナー』をオンライン配信!
  • パソコンやスマホでご自宅から気軽に参加できる
  • 業者選びのポイント、費用相場、塗料の種類などを60分で分かりやすく解説
  • 経験豊富な講師による、事例・データに基づいた内容で安心
  • チャットで直接質問もOK!

ご自宅でくつろぎながら、塗装工事で失敗しないための知識が身に付きます。

すべて無料で開催中ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

※神奈川・東京にお住まいの方限定のセミナーとなっております。ご了承くださいませ。

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!