タイル外壁はメンテナンス必須!劣化症状別メンテナンスと費用相場

tile

「タイルの外壁ってメンテナンスフリーじゃないの?」

「どんなメンテナンスが必要になるの?」と疑問に思われているのではないでしょうか。

 

結論から言うと高耐久なタイルを使用した外壁でもメンテナンスは必要です。

なぜなら、タイル自体は高耐久でも、タイルを貼り付けるための接着剤や、タイルの間の目地は劣化するからです。

 

ただ、どういったメンテナンスが必要になるのか分からないですよね。

そこで今回はタイル外壁の劣化症状別のメンテナンス方法と費用相場をご紹介します。

今後劣化が出たときにすぐに対処できるよう、メンテナンス方法を把握しておきましょう。

また記事の後半では外壁をきれいに保つためにおすすめの方法もご紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

 

タイルの外壁はメンテナンスが必要です。

なぜなら、タイルそのものは耐久性が高くても、タイルを貼り付けている接着材や目地は劣化するからです。

 

まずタイルのメンテナンスには

①定期的にメンテナンスが必要なもの 

②劣化が見られたら補修が必要なもの

の2つの種類があります。

 


  • ①定期的にメンテナンスが必要なもの

・タイル外壁の汚れ

・目地(コーキング)

 

タイル自体はガラスと同様に無機物で出来ているので水を吸収しにくく、汚れも弾きます。

さらに石や砂などを約1,300℃の高温で焼き固めた素材のため硬くてとても丈夫です。

 

しかしタイルを外壁に施工する際には目地に使用するコーキングなどの有機物を使います。

こういった有機物は太陽の紫外線や雨水で劣化してしまうので、定期的なメンテナンスが必要になります。

 

▪目地の劣化

 Joint deterioration

 


  • ②劣化が見られたら補修が必要なもの

・タイルの浮き

・タイルの剥がれ

・タイルの破損

こういった劣化は定期的に表れる症状ではなく、施工時に使った材料や施工方法などで差が出ます。

そのため、定期的に点検をして劣化が見られた時点で補修が必要になります。

万が一メンテナンスをしないで放置してしまうと、劣化が大規模になり費用もかさんでいきます。

大きな工事でメンテナンス費用をかけないためにも、定期的な点検と補修が必要になります。

▪タイルの剥離

 Tile peeling

 


  • 2章 【症状別】メンテナンス方法と費用

tile

タイル外壁の主な劣化症状別でメンテナンス方法をご紹介します。

症状や劣化原因ごとに必要なメンテナンス方法が変わりますので、劣化が出たらまず点検を依頼して適切なメンテナンスをしましょう。

 

2-1 汚れ

 Tile stain

タイルは汚れにくい建材ですが、10年前後経つと汚れも溜まっていきます。

汚れが気になってきたら高圧洗浄を行ないましょう。

タイル外壁の主なメンテナンス方法はこの高圧洗浄になります。

 

また手の届く範囲であればご自身でも洗浄していただけます。

汚れが落ちにくい場合はタイル専用の中性洗剤で洗いましょう。

tile cleaning

 

メンテナンス方法と費用相場

・高圧洗浄(200~300円/㎡)

 

40坪200㎡のタイル外壁の費用相場

18~30万円(足場代込み)

 

⋆足場代の単価相場

7001100/

 

2-2 目地のひび割れ

 Joint crack

タイルの間のつなぎ目(目地部分)のコーキング部分は7~10年で劣化します。

そのため定期的な目地の交換(打ち替え・増し打ち)が必要です。

また、目地のモルタルが欠けてしまっている場合も補修が必要になります。

 

メンテナンス方法と費用相場

・コーキング打ち替え・増し打ち(700~1200円/m)

・モルタル補修(500~700円/箇所)

 

40坪200㎡のタイル外壁の費用相場

コーキング150mの場合

24~40万円(足場代込み)

 

2-3 タイルの浮き

 Round bar

タイルを接着するモルタルや接着剤が劣化してくるとタイルが浮いてきます。

しかし、タイルの浮きは見た目では分からないことも多いです。

そのため定期的にプロの点検診断をおこない、早期発見して原因に合ったメンテナンス方法を行ないましょう。

 

メンテナンス方法と費用相場

▪原因①モルタルの劣化の場合

→エポキシ樹脂充てん(500~900円/箇所)

→モルタル左官(1000~2000円/㎡)

 

▪原因②接着剤の劣化

→接着材で付ける(500~700円/箇所)※DIYで施工可能

 

2-4 タイルの剥がれ

 tile peeling

タイルの浮きを放置していると、タイルの剥がれが発生します。

タイルの剥がれも原因によって必要な補修方法が変わってくるので、まずはプロに点検を依頼しましょう。

 

補修方法と費用相場

▪原因①モルタルの劣化

→モルタル左官(1000~2000円/㎡)

 

▪原因②接着材の劣化

→接着剤で付ける(500~700円/箇所) ※DIYで施工可能

 

2-5 タイルのひび割れ

 Tile damage

地震や衝撃によりタイルにひびが発生する場合があります。

放っておくとひびに汚れが溜まりひびが目立ってしまいます。

また内部のモルタルや接着剤に水が浸透し耐久性を弱らせます。

ひび割れを見つけたら交換を行ないましょう。

また補修方法については劣化の状態で変わってきますので、プロに点検診断を依頼して、状態を確認してもらいましょう。

 

補修方法と費用相場

状態①タイルのみのひび割れ

→タイル交換(500~1000円/枚)

 

状態②内部のモルタルまでひび割れ

→モルタル左官(1000~2000円/㎡)とタイル交換(500~1000円/枚)

 


  • 3章 築10年過ぎたら点検診断をしよう

round bar

建ててから10年経ったら、外壁の総点検を依頼しましょう。

なぜならタイル外壁は建てたときに使用した材料のグレードや、施工方法で耐久性が変わるからです。

建てたときの条件によって長期間浮きや剥がれが起きない外壁もあれば、築7~10年ほどでタイルが剥がれてしまう場合もあります。

また点検の際は打診棒という検査用の棒で外壁の状態を調べる必要があります。

どこにも劣化症状がないと思っていても点検したら浮きが見つかる場合もあるので10年を過ぎたら外壁の点検を依頼しましょう。

☆点検後は写真をもらうと安心

photp

点検中に写真を撮ってもらい細かいところまで様子が分かる写真を撮ってもらいましょう。

普段は見ないような劣化の状態が分かり、業者との打ち合わせもしやすくなります。

 


  • 4章 塗装をすればきれいが長持ち

tile

タイル外壁をきれいに長持ちさせたい方にはクリヤー塗装がおすすめです。

特に表面が凸凹しているタイルは汚れが溜まりやすいので、タイル用のクリヤー塗装で汚れを付きにくくすることが出来ます。

また、目地(コーキング)やモルタル部分も本来であれば紫外線や雨水で劣化しますが、塗装をすることで表面をまもり劣化を防ぐことが出来ます。

タイル外壁をきれいな状態で長く持たせたい方には塗装がおすすめです。

tile

 

単価相場

1㎡あたり2,300~4,000円/㎡

 

40坪200㎡の費用相場

100~140万円

※塗料の耐久性によって差が出ます。

 

耐用年数

10~15年

※塗料のグレードによって差が出ます。

 

具体的な費用耐久年数が知りたい方はこちら

 


まとめ

いかがでしたか。

最後にこの記事をまとめます。

・タイル外壁にもメンテナンスが必須!

・定期的に必要なメンテナンスは洗浄と目地補修で、その他は点検で劣化が見つかったら補修

・劣化症状によっては点検しないと状態や原因が分からないものもあるので、定期的な点検が必要

・長くきれいに保ちたいのであればクリヤー塗装がおすすめ

こまめなメンテナンスでタイル外壁を長持ちさせていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

【この記事を読んだ方におすすめ】

お家のタイルにあったメンテナンスをするなら、施工業者選びも重要です。こちらの記事も参考にしてみてください。

外壁塗装は業者選びが肝心!優良業者を見極める20のチェックポイント

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。