外壁塗装で人気No,1のシリコン|3つの魅力と注意点をプロが徹底解説

塗装

外壁塗装の見積もりを取ったらシリコン塗装をお勧めされたけど…

「シリコン塗装って本当に良いものなの?」

「他の塗料とどう違うの?」

「おすすめのシリコン塗料は?」

と気になって調べているのではないでしょうか。

 

シリコン塗装は、高い耐候性とお手頃な価格で、外壁塗装でもとても人気があります。

ただ、一概にシリコンが良い!と言われても、どう良いのか分からないですよね。

 

そこでこの記事では、シリコン塗装とはどんなものなのか人気の理由を他の塗料と比較してご紹介します。

どんな塗料なのか知ることで、塗料選びがスムーズになりますのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

また、塗料選びの注意点おすすめのシリコン塗料についてもご紹介します。

外壁塗装で人気のシリコン塗装の知識を得て、ご自宅の塗装工事に生かしていきましょう!

 


1章 外壁塗装で人気の「シリコン塗料」とは

シリコン塗料とは、“シリコン樹脂”が混ざった塗料のことを指します。

そのため、「シリコン塗料」だけでなく「アクリルシリコン」「ウレタンシリコン」も分類としてはシリコン塗料になります。

シリコン樹脂は耐候性・耐熱性・耐水性に優れているので、外壁や屋根などの屋外塗装でもよくシリコン塗料が用いられます。

 

一般の戸建て住宅の再塗装では一番使用される割合が高い塗料です。

塗料別のシェア

当サイトを運営するユーコーコミュニティーでもシリコン塗料の実績が最も多いです。

次章で、シリコン塗料が人気な理由を具体的に解説していきます。

 


2章 シリコン塗装が選ばれる3つの理由

シリコン塗装が人気の理由を3つ、他の塗料と比較して解説していきます。

塗料選びに迷っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

2-1 費用・耐久性のコスパが良い

塗料比較表

シリコン塗装は10~15年の耐用年数を誇っています。

新築時に塗られることが多いアクリル塗装と比べると約2倍の耐久性です。

また、フッ素や無機塗料よりも費用が安いのでお手軽です。

そのためコストパフォーマンスの良さが選ばれる理由となっています。

 

2-2 実績が多い安心感

シリコンが人気の理由の一つとして、「実績が多い安心感」というのがあります。

どんなに耐用年数が長い塗料も実績がなかったら、本当に長持ちするのか不安ですよね。

塗装工事は、工事が完了した後に品質や耐久性が分かるので、実績はとても重要な判断材料です。

その中で、シリコン塗料は、外壁塗装で最も使用されている塗料です。

そのため、初めて塗装する人でも安心感を持って選ぶことができます。

 

2-3 汚れにくい

ラジカル塗料

シリコン塗料はアクリル塗料やウレタン塗料と比べると紫外線に強く汚れにくいです。

特に現在外壁の汚れに悩んでいる方や、長期間綺麗に保ちたい方におすすめです。

さらに汚れにくくするためには、低汚染効果やセルフクリーニング効果のあるシリコン塗料を選ぶと良いでしょう。

 

>汚れにくい塗装をしたい方は「ラジカル制御塗料」がおすすめ!

 

外壁塗装セミナー

3章 シリコン塗料を選ぶ際の注意点

シリコン塗料は人気がある塗料ですが、選ぶ際に注意してほしいこともあります。

注意点を事前に把握して、後悔の無い塗料選びをしていきましょう!

 

3-1 種類によって耐久性・費用が変わる

シリコン塗料は約1015年長持ちする塗料と紹介しましたが、実は種類によっては10年持たないものもあります。

なぜなら、塗料によってシリコン樹脂の含有率が変わるからです。

▼シリコン樹脂の含有率と耐久性・費用の違い

含有率の違い

シリコン塗料なのに相場より安すぎる塗料や、どこのメーカーで作られたか分からないオリジナル塗料などは、耐用年数が低い可能性があるので注意しましょう。

 

水性と油性でも耐久性・費用が変わることも。

水性・油性の違い

シリコン塗料には水性の塗料油性の塗料があります。

水性塗料は水道水を混ぜて使用しますが、油性塗料はシンナーや硬化剤を混ぜるため費用がその分かかってしまいます。

耐久性に関しては、ひと昔前までは油性塗料の方が高いとされていました。

しかし、現在では環境問題を考慮して水性のシリコン塗料の開発に力を入れているメーカーが多く、油性に劣らない高耐久の水性塗料も出てきています。

>外壁塗装の水性と油性の違いはこちら

 

3-2 どの家にもおすすめできるわけではない

DIY NG

シリコン塗料は最も選ばれる塗料ではありますが、どなたにもおすすめできるわけではありません。

なぜなら、ご家庭によって何年持たせたいか、この先のライフプラン、メンテナンスプランは様々だからです。

業者によっては、「このシリコン塗料を選んでおけば絶対間違いないですよ!」と言ってくるところもありますが、本当にご自身のこの先のプランに合っているか確認した上で選ぶことが大切です。

シリコン塗料がおすすめな人

・コスパの良い塗装をしたい

10年は持たせたい。

シリコン塗料をおすすめできない人

10年以内にお家を手放す予定がある

→ウレタン塗料がおすすめ

・とにかく長持ちさせたい

→フッ素・無機塗料がおすすめ

 


4章 プロが厳選!人気シリコン塗料5

この章では、おすすめのシリコン塗料を5つご紹介します。

シリコン塗装をしたくても、どの塗料を選んだらいいのか分からない方も多いと思います。

それぞれの機能や仕上がりを見て塗料選びの参考にしてみてください。

 

4-1 アレスダイナミックトップ|ラジカル制御で長持ち

アレスダイナミックTOP

水性/油性

水性

メーカー材工価格

2,500~2,900/

おすすめな人・家

コスパ重視の方

塗料の臭いが心配な方

まずご紹介するのが関西ペイントの「アレスダイナミックトップ」です。

汚れの原因となる物質「ラジカル」の働きを防ぐ「ラジカル制御機能」が搭載された水性シリコン塗料です。

水性シリコンの中でも1315年という耐久性で、油性塗料に劣りません。

また、専用の強化剤を使えば、従来は不可能とされてきた雨天時や湿潤面でも塗装することができます。

梅雨時期や湿気の多い立地の方でも安心です。

 

【アレスダイナミックTOPの事例】

事例

色番号:白(KR110)×茶(KP185)

汚れにくい塗料なので、白い色も濃い色も安心して選ぶ事が出来ます。

 

4-2 ナノコンポジットW|低汚染できれいが持続

ナノコンポジットW

水性/油性

水性

メーカー材工価格

2,400~2,700/

おすすめな人・家

外壁汚れにお悩みの方

塗料の臭いが心配な方

次にご紹介するのが、水谷ペイントの「ナノコンポジットW」です。

水性シリコン塗料で、環境に配慮した塗料です。

一番の特徴が、独自のナノテクノロジーによる汚れにくさで、綺麗な見た目を長く保つことが出来ます。

排気ガスの汚れに悩まれている方や、お家を白っぽくしたい方におすすめです。

 

【ナノコンポジットWの事例】

色番号:白(NC21)×茶(NC24)

艶が出すぎず落ち着いた仕上がりになります。

 

4-3 グラナダフレッシュ|意匠性の高い仕上がり

グラナダフレッシュ

水性/油性

水性

メーカー材工価格

1,900円~/

おすすめな人・家

モルタルのマット感を維持したい方

塗料の臭いが心配な方

3つ目にご紹介するのが菊水化学工業の「グラナダフレッシュ」です。

完全にツヤが無い塗料で、モルタル特有のマットな風合いを生かしたまま塗り替えることが出来ます。

モルタル外壁・ジョリパット外壁の方におすすめです。

 

【グラナダフレッシュの事例】

色番号:65-60B

モルタル外壁の風合いを生かし、爽やかな色に塗り替えました。

 

4-4 キクスイロイヤルセラクリヤー|柄を活かすクリヤー

ロイヤルセラクリヤー

水性/油性

油性

メーカー材工価格

2,250~2,300/

おすすめな人・家

外壁の柄を活かしたい方

外壁が難付着サイディングの方

次にご紹介するのは、菊水化学工業の「キクスイロイヤルセラクリヤー」です。

透明の塗料なので、新築時のサイディングの色や柄・模様をそのまま残すことができます。

現状のサイディングのデザインを残したい方におすすめです。

また一般的なクリヤー塗料よりも密着性が高く、難付着サイディングにも塗ることができます。

 

【ロイヤルセラクリヤーの事例】

ロイヤルセラクリヤー

建てた時の外壁の柄が残り、塗り替え後は新築のようになります。

 

4-5 ユメロック|高い伸縮性が魅力

ユメロック

水性/油性

油性

メーカー材工価格

1,850円~/

おすすめな人・家

お得に工事したい方

艶を強く出したい方

ロックペイント株式会社の「ユメロック」はシリコンの耐久性とウレタンの柔軟性・密着性を融合させたハイブリット塗料です。

油性塗料のため、塗膜が強靭でツヤも強くでます。

この塗料はウレタン樹脂が入っており、伸縮性に優れています。

そのため、塩化ビニル素材(雨どいなど)や金属部や木部の塗装でも用いられることが多いです。

 

【ユメロックの事例】

ユメロック

色番号:RP-136

暖かみのあるオレンジ色で塗装しました。

 


まとめ

いかがでしたか。

シリコン塗料は、高い耐久性とお手頃な価格で、外壁塗装の中では最も選ばれている塗料です。

コスパ重視で塗装される方や、10年以上は持たせたい方にはシリコン塗装をおすすめします。

 

ただし、シリコン塗料の中にもグレードがあり中には10年持たないものもあります。

シリコン塗料だからといって安心せず、どのメーカーのどのシリコン塗料を使うのかも確認した上で塗装していきましょう!

 

塗料選びにはおすすめ塗料5選をお役立てくださいね。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

◆塗料選びに迷っている方はこちらの記事もご覧ください。

ウレタン塗料とは|外壁塗装で使う3つの利点&おすすめ塗料を徹底解説

高耐久な外壁塗装はフッ素!メリット・デメリットと疑問解消Q&A 4選

最高級の無機塗料とは|メリット・デメリットと厳選おすすめ塗料3選

 

外壁塗装のギモン解消!基礎知識セミナー【無料】

「初めての外壁塗装だからまずは知識を付けたい。」

「何を基準に業者を選べばいいの?」

こんなお悩みをお持ちの方のために、

【失敗しない外壁塗装セミナー】をWEB開催中!

ご自宅のパソコン・スマホからご参加できるので、コロナ禍でも安心です。

☑ 塗装工事の基礎知識を60分で分かりやすく解説!
☑ 見積もり書のチェックポイントが分かる!
☑ 優良業者の見極めポイントが分かる!
☑ 15,000件以上の工事実績に基づいた内容で安心!
☑ 直接チャットで質問もOK! 

これまでに4,500名以上が参加し、満足度は97.9%!

経験豊富な講師による特別無料セミナーです。

外壁塗装に少しでも不安を抱えている方はぜひお気軽にご参加ください。
※参加対象:神奈川・東京にお住まいの方

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!