タスペーサーとは|屋根塗装で必須の理由3つと正しい施工方法を解説

タスペーサー

屋根塗装工事の見積もりを取ったら、見積書に「タスペーサー」という見慣れない文字が。

 

「タスペーサーって何?」

「どんな作業なの?」

「なんのために必要なの?」

 

と気になって調べているのではないでしょうか。

確かに普通に生活する上で、馴染みがないものなので、大抵の人が「タスペーサー」について聞いたことがないと思います。

ただ、実は「タスペーサー」は、スレート屋根を塗装する上で必須となる「縁切り」作業に使用されるとても重要な部材です!

タスペーサー

今回の記事では「タスペーサー」の役割使用すべき3つの理由を「縁切り」の説明と共にご紹介していきます。

 

また記事の後半では、業者の中には「タスペーサー」を正しく施工しない手抜き工事を行う業者もいます。

そういった手抜きを見逃さないために、タスペーサーの正しい施工方法タスペーサーを施工できないケースについてもご紹介します。

どんなに良い部材でも正しく施工されなければかえって不具合を引き起こしてしまいますので、ご自身でも施工をチェックできるように知識をつけて屋根を長持ちさせていきましょう!

 


1章 タスペーサーとは|屋根塗装工事で必須の縁切り部材

まずタスペーサーの役割についてご紹介します。

「タスペーサー」屋根を縁切りするために必要な部材の名称です。

 

「縁切り」とは、“屋根材と屋根材の縁を切る作業”のことです。

縁切りを行なわないと屋根材同士がくっついたままになり、水ハケが悪くなって雨漏内部結露を起こしてしまいます。

縁切り

 

塗装後の雨漏りを防ぐためにも「縁切り」というのは極めて重要な作業で、その縁切りをするための部材が、株式会社セイムが開発した「タスペーサー」です。

タスペーサー

出典:株式会社セイム

タスペーサーを屋根材同士の間に挿入することで隙間が確保され、正常に水がはけるようになります。

見積りにタスペーサーが入っていた場合は「縁切り」が工事内容に入っているという証になります。

必ず見積りに入れてもらいましょう。

※スレート屋根以外の屋根材には使用できません。

 

★タスペーサーの種類

タスペーサー

出典:株式会社セイム

タスペーサーの中には01(左)02(右)という種類があります。

大抵の場合は02を使用しますが、強溶剤系の塗料には対応できないので、強溶剤系の塗料を塗る場合は01を使用します。

03という種類もありましたが、現在は生産終了しています。

 


2章 タスペーサーを使用すべき3つの理由

タスペーサー

続いて「タスペーサー」を使用するべき理由を3つご紹介します。

タスペーサーが販売される前は「塗膜カッター」などで縁切りをしていましたが、現在ではほとんどの業者がタスペーサーを使用しています。

なぜプロが「タスペーサー」を使用するようになったのか、従来の「塗膜カッター」での縁切りと比較して詳しくご説明していきます。

 

2-1 確実に縁切りが出来る

「タスペーサー」を使用することで確実に縁切りすることが出来ます。

従来の「塗膜カッター」での縁切りは塗装後すぐに行うため、縁切りをしても塗料が乾く過程でくっついてしまうことがあります。

しかし、「タスペーサー」は上塗り前に屋根材に挿入して隙間を確保するので、塗装後も隙間が埋まりません。

縁切りを確実に行うためには、従来のやり方ではなく「タスペーサー」を使った方が安心です。

 

★塗膜カッターでの縁切り後くっついてしまった屋根

塗膜カッター

塗料密着

塗装後に縁切りした跡がありますが、乾く過程でくっついてしまっています。

 

2-2 塗膜を傷付けずに仕上がりがきれいになる

美観

塗膜を傷つけずに縁切りができるので仕上がりがきれいになります。

塗膜カッターなどで縁切りをすると、せっかく塗った塗料が剥がれてしまいます。

しかし、タスペーサーを使用すると、塗装後に塗膜を傷つけることがありません。

タスペーサーは差し込んでしまえばほとんど目立つこともないので、美しく仕上げることが可能です。

※屋根の形によっては少し角が出て目立ってしまうこともあります。気になる方は縁切り方法について業者と相談しましょう。

 

★塗装後の縁切りで端が剥がれた屋根

剥がれ

きれいに塗装しても塗膜カッターで縁切りすると端が傷ついて塗料が剥がれてしまいます。

 

2-3 工期が短縮される

作業効率

縁切り作業をタスペーサーで行うことで工期が短縮されます。

従来の「塗膜カッター」での作業はくっついた塗膜を一枚ずつ切る必要があったため作業に12日間要していました。

しかし、タスペーサーを使用すると作業時間が半日程度に削減されます。

その分工期を短くする事が出来て足場解体までの時間も短縮できます。

 


3章 タスペーサーの単価相場

タスペーサー

タスペーサーによる縁切りの単価相場は300500/㎡です。

30坪80㎡の屋根の場合は24,00040,000ということになります。

 

従来の塗膜カッターでの縁切りは作業時間がかかったため600800/(80㎡の屋根で48,00064,000)程でした。

したがって従来の縁切り作業よりもお得に工事が行うことができます。

 


4章 タスペーサーの正しい施工方法

タスペーサーの正しい施工方法についてご説明します。

正しい施工方法で挿入しないと、不具合に繋がってしまいます。

知識がない業者や手抜きをする業者に騙されないためにも、正しい施工方法を把握しておきましょう。

 

■取り付け方

▪幅が60㎝の屋根の場合=シングル工法
60㎝幅のスレート
60㎝幅のスレート屋根はどちらか片側から1015㎝のところに一つ取り付けます。

 

▪幅が90㎝の屋根の場合=ダブル工法
90㎝幅のスレート
90㎝幅のスレート屋根は両側から1015㎝のところに一つずつ取り付けます。

 

■取り付けるタイミング

下塗後

高圧洗浄後、屋根の下塗りを行なってから取り付けていきます。

ただし、01の場合は高圧洗浄後に取り付けても大丈夫です。

 

■取り付け後は…

取り付け後はタスペーサーは入れたままです。

数年後、庭に落ちてきたなど外れるケースもありますが、タスペーサーが外れるほどの隙間があるということなので縁切り機能的に問題ありませんのでご安心ください。

また、正しい施工方法で入れてもらえたか確認するために、施工中の写真を見せてもらいましょう。

 


5章 タスペーサーが施工できないケース

タスペーサーは縁切りが出来る優秀な部材ですが、状況によっては取り付けられない場合があります。

施工できないケースその理由をご紹介します。

 

5-1 屋根材が反りあがっている

反り

屋根が劣化で反りあがり、3~4㎜以上の隙間が空いていた場合はタスペーサーを挿入できません。

なぜなら入れ込んだとしても抜けてきてしまうからです。

隙間が確保されて入れば、塗装後も水がはけるので縁切りの作業は不要です。

ただし、全体を通して屋根が反っているケースは少ないので、反っていない部分にはきちんとタスペーサーを入れてもらいましょう。

 

5-2 屋根の傾斜が3(17)未満

屋根の傾斜が3寸勾配(17度)未満の場合は使用できません。

家の図面をお持ちの方は以下の箇所を確認してください。

 

■立面図 屋根勾配の記載例
立面図
参考図の勾配は4寸勾配です。

参考図の4の部分が3未満の数字になっていた場合は3寸勾配未満です。

 

3寸未満の場合は、塗膜カッターでの縁切りが必要です。

タスペーサーが使用できなくても縁切りは必ず行いましょう。

 


まとめ

いかがでしたか。

タスペーサー屋根塗装後に雨漏りが発生しないように縁切りをするための部材のことです。

従来は「塗膜カッター」で塗装後に塗膜を切っていましたが、現在はほとんどの業者が「タスペーサー」を使用しています。

 

タスペーサーを使用すべき理由は以下の3つです。

・確実に縁切りが出来る

・仕上がりが綺麗になる

・手間や費用が削減できる

 

業者の中には知識がない業者や手ぬきをする業者も存在するので、

・費用相場

・正しい施工方法

・施工できないケース

についても事前に把握しておきましょう。

 

タスペーサーを理解して、屋根塗装工事を安心して行っていきましょう。

最後までご覧くださり、ありがとうございました!

 

◆スレート屋根の塗装をお考えの方はこちらの記事もご覧ください。
これで完璧!スレート屋根塗装の時期・費用相場から注意点まで全解説

◆屋根塗装工事にかかる費用が知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
塗装のプロが教える!屋根塗装の費用相場と安くて良い工事5つコツ
【一覧表付】屋根塗装の単価相場と失敗しないための5つのポイント

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。