シロアリ駆除の作業時間は約半日!工事中の注意点と効果が続く期間

シロアリ 駆除

シロアリ駆除工事を予定しているあなた。

 

「シロアリ駆除にはどれくらい期間がかかるの?」

「薬剤の効果はどれくらいもつの?」

 

と気になって調べているのではないでしょうか。

シロアリ駆除工事は職人が室内や敷地内に入るので、スケジュールを立てるためにも知っておきたいですよね。

そこで本記事ではシロアリ駆除の工事期間工事中の注意点をご紹介します。

注意点をあらかじめ把握しておくことで、安心して工事を終えることが出来ますので必ず目を通してください。

 

また、シロアリ駆除の薬剤の効果が続く期間業者選びの注意点などもご紹介します。

この記事を読んで、シロアリ駆除工事を成功させていきましょう!

 


1章 【工法別】シロアリ駆除の作業期間

シロアリ駆除工事の作業期間をご紹介します。

シロアリ駆除には2種類の工法があり、種類によって作業期間が異なります。

おおよその作業期間を把握していきましょう。

バリア工法
(薬剤を散布する)

3~6時間

ベイト工法
(薬剤を埋めて食べさせる)

2~3時間

※床面積が2030坪の場合

 

1-1 バリア工法=36時間

バリア工法

薬剤を散布してシロアリを駆除する「バリア工法」の作業期間は36時間です。

一般的な一戸建てのお家であれば大抵は半日で終了します。

 

バリア工法は一般的な工法で、ほとんどの作業がバリア工法です。

室内の床下点検口や床下収納から中に入り、シロアリが発生した場所や、発生する恐れがある部分に薬剤を散布して駆除だけでなく予防も同時に行ないます。

 

■作業内容

①養生

②駆除・消毒
作業内容
③清掃

 

1-2 ベイト工法=23時間

ベイト工法

毒エサを家周りに設置してシロアリに食べさせ一網打尽にする「ベイト工法」の作業時間は23時間です。

こちらも通常半日程度で作業は終了します。

 

ベイト剤は臭いが少なく、安全性も高い駆除工法です。

床下が低くスペースがない場合や基礎断熱の家の方はベイト工法がおすすめです。

ただし、エサを撒いてからシロアリが消滅するまでは13か月ほどかかるので即効性は低く、費用もバリア工法の1.5倍ほどかかるので専門家と相談して決めることをおすすめします。

 

■作業内容

・ベイト剤の埋没(土壌・基礎コンクリート)

 


2章 工事中の3つの注意点

工事中の3つの注意点をご紹介します。

シロアリ駆除工事は、シロアリを殺虫する薬剤を使用するので安全性が重要になります。

工事を円滑に、安全に終えるためにも必ず目を通しておいてください。

 

2-1 床下収納は空にしておく

床下収納

業者が来る前に床下収納は空にしておきましょう。

多くのお家ではキッチンや洗面所に床下収納があると思いますが、収納ボックスを外すとそのまま点検口になっており、バリア工法はここから床下に入ります。

床下収納に物が入っていると作業の邪魔になってしまいますし、床下からのほこりが付着する恐れがあり衛生的に良くありません。

スムーズに作業が進むように片づけておきましょう。

※床下点検口がないお家は、和室の畳を外して床下に入ることが多いです。

 

2-2 ペットや幼児は床下に近づけない

立ち入り禁止

ペットを飼っている方、小さいお子様がいるご家庭は、作業中に床下に近づけないように注意しましょう。

特にバリア工法の薬剤を散布する作業の場合は、臭いで気分が悪くなる場合があります。

2階に上がって待機するか、外で待機するなど工夫して過ごしましょう。

また、作業後は換気をして臭いを防いでいきましょう。

 

2-3 家の周りは片づけておく

掃除

作業が始まる前に、家の周りは片づけておきましょう。

家の周りにベイト剤を埋没させるベイト工法の場合、家周りに物がたくさんあると作業が出来ない恐れがあります。

段ボールや使っていない備品等、手で運べる程度の物であれば人が通れるくらいには片付けておきましょう。

作業に支障が内容に準備しておくことが大切です。

 


3章 薬剤の効果・保証期間は5

薬剤の効果が続く期間は約5年です。

昔は今よりも強い薬剤が使用されていたため1015年の効果がありましたが、薬剤を使った事件をきっかけに強い薬剤の使用が禁止され、今は以前よりも効果が短くなっています。

したがってシロアリ駆除工事の保証も5年になっている業者がほとんどです。

保証書が発行されれば、5年以内にシロアリが発生した場合に駆除を無償でやってもらえるので必ず保証を付けてくれる業者に依頼しましょう。

ただし、一度消毒や駆除を下からといってこの先何もしなくて大丈夫ということはありません。

特にシロアリが発生したことがある家であれば、5年に一度は床下の点検・消毒を依頼しましょう。

 

◆シロアリが発生しないような対策を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 


4章 作業の速さを売りにした業者は注意!

作業の速さを売りにしている業者には注意しましょう。

シロアリの駆除作業は時間がかかってでもきちんと行うことが大切です。

通常3時間程度かかる作業が30分~1時間で終わるなど、作業がきちんとされていない可能性もあります。

 

床下は特に確認しづらい場所なので、時間をかけてでも丁寧に作業をしてくれる業者を選びましょう。

心配な方は、作業の証拠として写真を撮ってもらうように事前に依頼しておくと安心です。

 

★ユーコーでは施工写真をお渡ししています。

施工写真

弊社ユーコーコミュニティでは、シロアリ駆除・消毒の様子を写真に撮り、アルバムとしてお渡ししています。

あまり確認できない床下の様子も分かるので人気のサービスになっています。

診断書付無料点検を希望される方はこちら
→無料点検依頼フォーム

 


まとめ

いかがでしたか。

最後にこの記事をまとめます。

 

■1章まとめ

シロアリ駆除作業にかかる期間は以下の通り

バリア工法
(薬剤を散布する)

3~6時間

ベイト工法
(薬剤を埋めて食べさせる)

2~3時間

※床面積が2030坪の場合

 

■2章まとめ

工事を安全に適切に行ってもらうために作業中に気を付ける点は以下の3つ。

・床下収納は空にしておく

・ペットや幼児は床下に近づけない

・家の周りは片づけておく

 

■3章まとめ

シロアリ駆除後、薬剤の効果がある期間は5年。

したがって業者が出す保証の期間も5年である。

一度駆除しても効果が切れると再発生する可能性もあるので、5年ごとに点検・消毒することが望ましい。

 

■4章まとめ

駆除作業を早く出来ると作業スピードを売りにしている業者は注意が必要。

駆除作業は時間がかかってでも丁寧にやってもらうことがおすすめ。

 

丁寧で確実な工事をしてくれる業者に頼んで長く家を守っていきましょう!

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました!

 

◆自分で床下の点検をしたい方はこちらの記事をご参考にしてください
床下点検は必要!自分でもできる点検方法と確認すべき5つのポイント

◆自分でシロアリ消毒をしたい方はこちらの記事をご覧ください。
プロ厳選!おすすめシロアリ駆除薬剤5つ&失敗しない選び方のコツ

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。