一覧表でわかる屋根瓦の葺き替え費用|種類別の相場とお得にするコツ

うちもそろそろ屋根瓦を葺き替えないと…

でも費用ってどれくらいかかるんだろう?

結構大きい工事だと聞くし、ある程度の目安を知っておきたいな、

という方も多いのではないでしょうか。

 

実際、屋根の葺き替え工事は、住宅のリフォームの中でも高額な方になってしまいます。

しかし老朽化が進んだ瓦は補修で間に合わせることはできず、葺き替えるしかありません。

一方で、選ぶ屋根材によっては耐震性の向上につながるというメリットもあります。

これからも長く住むお家にとっては、葺き替えはとても重要な工事なのです。

 

この記事では、瓦屋根を葺き替える費用相場を解説していきます。

実際に工事をしたお家の見積もり事例もありますので、参考にしてみてください。

後半では、お安く工事するために使える制度や、優良業者の選び方も紹介します。

適正価格で良い工事をするために、ぜひ最後までお読みくださいね。

 


1章 瓦屋根の葺き替え費用相場は70240万円

屋根材

費用相場

瓦⇒ガルバリウム鋼板

80-200万円

瓦⇒アスファルトシングル

70-170万円

瓦⇒スレート

70-160万円

瓦⇒瓦

110-240万円

※2階建て、屋根面積80㎡の場合の概算。詳細は使う屋根材や屋根の形状などにより変動。

 

瓦屋根を葺き替える場合の費用相場は、およそ70~240万円です。

どんな屋根材を使うかや、形状の複雑さなどによって変わってきますが、リフォームの中でもかなり大きな金額の工事と言えるでしょう。

 

それでは、具体的にどんな種類の屋根材があるのかと、どんな内訳になっているのかを、それぞれ見ていきましょう。

 

1-1 葺き替え屋根材の種類と費用

新しく葺き替える屋根材も、実はたくさんの種類があり、費用も変わってきます。

ここでは、実際の葺き替えでよく選ばれる代表的な4種類の相場と特徴をご紹介します。

主には耐久性と費用のバランスや、デザインの好みでお選びください。

 

屋根の葺き替え費用

 

①ガルバリウム鋼板

屋根の葺き替え

ガルバリム鋼板とは、アルミニウム・亜鉛合金めっきの加工金属です。金属の中でもさびや腐食に強いのが特徴です。

スタンダードなものから断熱材入りの高機能商品まで、種類が非常に豊富です。

雨音が響くのが心配な方も、断熱材入りを選べば音が通りにくくなり安心です。

シンプルなデザインがお好みの方におすすめです。

 

②アスファルトシングル

アスファルトシングル屋根

アスファルトシングル屋根とは、シート状の屋根材です。柔軟性のあるゴムシートにアスファルトや石材の砂粒を圧着しています。

もともと北米で長らく使われていて、最近日本の新築にも増えてきました。

洋風の屋根に憧れのある方におすすめです。

 

③スレート

スレート屋根

スレート屋根は、セメントが主成分で、現在日本の新築では最も多く使われている屋根材です。

セメントを薄くして焼き固めており、軽量で、施工もしやすいため比較的安価です。

ただ、10年前後で塗装メンテナンスが必要なため、まず今回の工事の費用を安く抑えたいという方向けです。

 

④瓦(軽量瓦)

ルーガ

出典:ケイミュー『ルーガ』

軽量瓦は、従来の和瓦(粘土瓦、陶器瓦など)の弱点である重さを解消した瓦です。

厚み、重厚感はそのままに、セメントが主成分のため、粘土を焼いた瓦よりも軽くなります。

※メーカーによっては金属製の瓦もあります。

現在の瓦の和風のイメージを保ちたいという方におすすめです。

 

1-2 金額の内訳

瓦の葺き替えは、いくつもの工程から成り立っています。

それぞれの単価相場は以下の通りです。

 

工事内容

施工費用/㎡

足場代

600~800

撤去・処分費

3,000~5,000

下地板補修

2,000~4,000

ルーフィング

(防水シート)

500~1,500

諸経費、管理費など

30,000~50,000/一式

・ガルバリウム鋼板

5,000~10,000

・アスファルトシングル

5,000~8,500

・スレート

4,500~8,000

・瓦

6,000~12,000

※屋根材は、施工費を含む本体代です。

※家・屋根の形状などによって各費用は変動します。

 

注意!雨漏りしている場合は別途費用が掛かる可能性あり

屋根から雨漏りしてきたから葺き替えよう…とお考えの方は、上記とは別に“雨漏り修理”の工事が発生する可能性があるので、ご注意ください。

なぜなら、既に雨漏りしているということは、屋根以外の場所(屋根裏の木材や2階の天井など)も直さなくてはいけない場合があるからです。

「屋根葺き替えで雨漏り原因を直す+既に水がまわって傷んだ箇所を直す」2つの工事が必要ですので、見積依頼時に確認しておきましょう。

 

◆雨漏りの修理費用などの詳細はこちらをご覧ください

 


2章 見積もり事例3

それでは実際の見積もり金額はどんな風になるのか事例を見てみましょう。

よくある3パターンを紹介しますので、お家に近いものを参考にしてみてくださいね。

 

A様邸:ガルバリウム鋼板 屋根96.2㎡

見積もり例1

 

B様邸:アスファルトシングル 屋根78.1㎡

見積もり例2

 

C様邸:ガルバリウム鋼板(断熱材入り) 屋根114.7㎡

見積もり例3

 


3章 お得に工事するために使える制度

瓦の葺き替えは費用が高くて大変…と思う方がほとんどですよね。

ここでは、葺き替え工事の際に使える可能性がある「火災保険」「自治体の補助金」について紹介します。

少しでも費用負担を減らしてお得に工事できるよう、ぜひチェックしてみてください。

 

3-1 火災保険

台風被害

台風や大雨、大雪などで屋根が傷んだのがきっかけで葺き替えることになった場合、火災保険が適用できる可能性があります。

火災保険の適用範囲には「風災」や「雪害」が含まれることが多いからです。

 

申請のやり方

①保険会社に連絡して被害内容を伝え、保険適用できるかを聞く

②申請書類を送ってもらう。

③屋根工事の業者から「被害写真」「見積書」をもらう。

④申請書類をご自身で記入する

※保険代行業者というものもありますが、費用が掛かります。書類は難しいものではないので、ご自身での記入、申請をおすすめします。

⑤保険会社へ申請を送り、現地調査(鑑定)をしてもらう。

⑥保険金の確定、入金

 

詳細は保険会社や保険内容によって異なりますので、まずは保険会社に聞いてみましょう。

 

3-2 自治体の補助金

重たい瓦屋根を軽量のものに葺き替える場合、耐震補強工事として補助金がもらえる場合があります。

ご自宅に適用できる補助金制度があるかどうか、各自治体に問い合わせてみましょう。

 

例:神奈川県市町村地域防災力強化事業

耐震改修工事の場合、最大で25万円の補助 など

 

◆参考サイト

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

こちらのサイトでは、地方公共自治体による支援制度を検索できます。

お住まいの都道府県をクリック

→①耐震化 にチェック

→検索ボタン を押して探してみてください。

 

◆補助金についてより詳しい内容ややり方については、以下のページもお読みください。

 


4章 適正価格の優良業者を選ぶポイント

屋根の葺き替えをするときは、業者をしっかり選びましょう。

なぜなら、葺き替え工事は金額も品質も業者によって異なり、安ければ良い・高ければ良いという訳ではないからです。

できるだけ費用は抑えて、でもきちんとした品質の工事をしてほしいですよね。

ここでは、そんな適正価格の工事をしてくれる業者選びのポイント3つに絞って解説します。

見積もりを取るときにはぜひチェックしてみてください。

 

4-1 実際に屋根に上がって点検診断をしてくれる

屋根瓦漆喰の補修

見積もり時にきちんと屋根の状態を点検してくれる業者を選びましょう。

外壁との境目の処理、細かな部材の有無、そして工事自体の必要性など、事前にチェックしたうえで見積もりを作ってもらえるからです。

曖昧な見積もりで不要な工事をされてしまっては、無駄な出費ですよね。

実際に屋根にのぼったり、高所カメラを使うなどして、現在お家の屋根瓦がどんな状態なのか見てもらいましょう。

 

場合によっては、全て葺き替える必要はなく、部分補修で雨漏りを直せた、ということもありえます。

瓦は非常に耐久性があり、長く大事に使うことができます。

きちんと点検したうえで最適な提案をしてくれるところに依頼しましょう。

 

4-2 見積書が詳細に分かれている

見積もり例

葺き替え工事の見積書は、項目を詳細に分けて書いてくれる業者を選びましょう。

なぜなら、詳細が不明瞭だと、必要な作業が抜けている場合や、相場にかなり上乗せした金額を取られていた場合に気づけないからです。

 

「屋根葺き替え工事 一式〇〇円などという見積書だった場合は要注意です。

詳細な項目ごとに記載された見積もりを再度作り直してもらいましょう。

 

4-3 工事中の写真を撮って報告してくれる

ルーフィングシート

葺き替え工事中の写真を撮って、最後にまとめてくれる業者を選びましょう。

なぜなら屋根はご自身でなかなか確認ができない場所だからです。

葺き替え工事で心配なのは、しっかりとした作業がされているか、ということです。

工事が終わってからでは分からないこともたくさんあります。

きちんと工程に沿って正しい作業をしているのか、毎回の作業を写真で残してもらえれば、後でも確認出来て安心です。

 

同じ金額でも、工事中の報告が丁寧な会社の方が信頼性は高いです。

ぜひ見積もり依頼時に、工事中の写真は貰えるのか確認しておきましょう。

 


まとめ

屋根瓦を葺き替える費用相場はおよそ70240万円で、使う屋根材によっても大きく変わってきます。

金額と耐久性のバランスや見た目のデザイン性で選びましょう。

 

どうしても高額な工事になってしまいますが、火災保険や補助金の活用でお得にできる場合もあります。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

何より、葺き替えの費用と質は業者次第です。

ポイントを抑えて、適正価格で良い品質の工事をしてくれる工事会社に依頼しましょう。

 

これからも長く住む大切なお家です。

より良い工事にするためにお役に立てれば幸いです。

お読みくださりありがとうございました。

 

◆葺き替え工事の詳しい工事内容や注意点などを知りたい方はこちらもご覧ください

決定版!屋根の葺き替え費用から注意点まで、安心工事徹底ガイド

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。