外壁汚れがスッキリ!簡単お掃除方法と汚れを防止する2つのポイント

最近、外壁の汚れが気になって来た…

このまま目立つのは嫌だし、簡単に綺麗に落としたいな、とお考えの方も多いのではないでしょうか。

 

外壁は常に外気にさらされているため、年数が経つとどうしても汚れてしまいます。

しかしきちんと道具さえ用意すれば、ご自身でも簡単にお掃除できますのでご安心ください。

 

しかも実は、外壁の汚れを落とすことは、「美観保持」だけでなく「外壁を長持ちさせる・家の保護」にもなります。

皆様にとって非常にメリットが大きいですから、汚れが気になる方はぜひお掃除してみましょう。

 

本記事では、外壁に付く汚れの原因と、適切な掃除方法を具体的に解説します。

逆に絶対やってはいけないことや、汚れを防止するポイントも紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

大切なお家を長く綺麗に保てるようになりましょう。

 


1章 外壁汚れ3つの原因

築数年も経つと気になってくる外壁の汚れは、主に3つの原因があります。

①ホコリ・排気ガス②カビ・コケ・藻③雨だれ です。

それぞれどんな状況なのか見ていきましょう。

 

①ホコリ・排気ガス

ホコリ、排気ガス 汚れ

ホコリ、排気ガス 汚れ

黒、グレー、茶色っぽい汚れは主にホコリや排気ガスです。

特に細かな凹凸のある部分に引っかかって付着しやすいです。

 

また、この汚れは広い範囲に少しずつ溜まっていくので、住んでいる方も気づかないことがあります。

なんとなく家全体がくすんできたような…と思った場合は、ホコリや排気ガス汚れの可能性が有ります。

 

掃除しないで放っておくと、色素が吸着して落ちにくくなってしまいます。

気になってきたら汚れを洗い落としてあげましょう。

 

②カビ・コケ・藻

カビコケ

カビ、コケ

緑色、黄色、黒系の汚れはカビやコケ、藻です。

湿気を好むため、日当りの悪い北面や、風通しの悪いところに繁殖します。

また、家庭菜園や花壇に面したところ、草木の多い公園に面したところは、カビ・コケ・藻の胞子が飛んできやすいです。

 

放っておくとどんどん外壁に根を張ってしまうため、落ちにくくなるうえ、外壁を弱らせてしまいます

びっしりコケが生えてしまって大変…とならないうちに、早めに掃除しましょう。

 

③雨だれ

サッシ下の汚れ

白い外壁の汚れ

窓サッシや出窓、換気フードの下などに縦に伸びる黒っぽい筋は、雨だれです。

外壁に着いたホコリなどの汚れが雨で流され、落ちきらないで残ってしまったものです。

 

水が流れやすい場所はずっと変わりませんから、汚れも雨が降るたび同じところに流れてきます。

放置すると汚れが濃くなってこびりついてしまいますので、ひどくなる前に落とすのが大切です。

 


2章 外壁の掃除方法:ブラシ・スポンジを使ってやってみよう!

それでは外壁のお掃除方法について、用意するものなどから順番にご説明していきます。

ご家庭にあるものから、場合によっては購入が必要なものもありますので、チェックしていきましょう。

 

2-1 おすすめ道具・洗剤

外壁の掃除で使う道具は以下の通りです。全て新しく買ったとしても5,000~10,000円前後で揃います。

 

必要なもの

金額(目安)

外壁用洗浄剤

※軽い汚れなら台所や浴室用の中性洗剤でも可

500~2,000

柔らかいスポンジorブラシ

100~500

高所用ブラシ

3,000~8,000

ホース

1,000~2,000

バケツ

100~200

ゴム手袋

100~200

 

おすすめ洗剤

■お手軽で使いやすい!ホームケアシリーズ

外壁用洗浄剤

コケ、カビから排気ガス汚れまで、幅広く効果のあるマルチクリーナーです。お値段も手ごろで使いやすい洗剤です。

 

■掃除+予防もできる!ワンステップ・スプレー・クリーナー

外壁用洗浄剤

汚れの除去だけでなく再発防止の効果もある、一石二鳥なスプレーです。今後の対策もお考えの方におすすめです。

 

ブラシ・スポンジ

スポンジ

ご自宅の台所用スポンジの場合は、柔らかい面を使いましょう。

固い面だと外壁や塗膜を傷つけてしまう可能性があります。

その他、車用のブラシやスポンジも柔らかくておすすめです。

 

また、2階など高いところも掃除したい方は、伸縮棒付きのブラシやモップも使いましょう。

高所用ブラシ

 

※脚立やハシゴを使っての掃除は落下の危険があるため、行わないでください!

 

2-2 掃除の手順

外壁掃除の流れはとてもシンプルです。

「水で流す」→「落ちないものをブラシ+洗浄剤で洗う」という順番です。

 

ホースで水を流し軽い汚れを落とす

ホース

まずはホースで壁に水をかけ、表面に着いた軽いホコリなどを洗い流しましょう。

汚れが流れ落ちてくるため、上の方から始め、徐々に下の方へと洗っていきます。

 

ブラシ・スポンジと洗浄剤で優しく洗う

掃除道具

水で落ちなかった汚れを、ブラシ・スポンジと洗浄剤を使って洗っていきます。

 

スプレー式の洗浄剤は、吹きつけて少し置いてからブラシ・スポンジで洗います。

中性洗剤の場合は、ぬるま湯で薄めてからブラシにつけて、汚れを落としていきます。

 

ポイントは、あまり強くごしごしと擦らないことです。

強く擦ると外壁を傷つけてしまいます。優しく拭くように汚れを洗い落としてあげましょう。

 

最後にもう一度水をかけて洗い流し、完了です。

洗剤が残っていると変色や劣化の原因になる可能性があるので、きちんと全体を流してください。

 

頑固でなかなか落ちない汚れは、洗浄剤をつけて数時間置いてからまた洗い流してみましょう。

 

2-3 注意点

とにかく優しく洗ってあげましょう!

強く擦ると表面の塗装や外壁を傷つけて、また汚れが着きやすい状態になります。優しく拭くように洗いましょう。

 

洗浄剤を使うときはゴム手袋をしましょう!

洗浄剤は直接触れると手荒れの原因になる恐れがあります。ゴム手袋をして保護してあげましょう。

 

落ちてくる水・汚れに注意しましょう!

高いところに水をかけると水しぶきが落ちてきます。目に汚れが入ったりしないように注意してください。

 


3章 高圧洗浄のみはNG!やるなら必ず塗装もセットで

「汚れ落としなら高圧洗浄機を使えば早いんじゃない?」とお考えの方も多いと思います。

しかし、汚れを落とすために外壁の高圧洗浄を行うのはおすすめしません

なぜなら、高圧洗浄をすると、外壁の表面を保護している塗装(塗膜)も一緒に落としてしまうからです

 

外壁の塗装は、防水(水はじき)の役割を持っています。

防水効果がきちんとあるときは、多少の汚れがついても雨と一緒に流れ落ちてくれます。

新築時にあまり汚れが目立たないのは、塗装の防水が効いているからです。

 

■水を弾いて汚れもつきにくい外壁

 

しかし年数が経つと、塗装も劣化してきます。

防水効果も弱まり、壁が水を弾かないで吸い込むようになります。

すると、今まで落ちていた汚れも壁に吸着して黒ずみになったり、カビコケの胞子が根を張るようになるのです。

 

■水を吸いこみ、汚れも付きやすい外壁

壁の給水2

 

汚れを落とそうと高圧洗浄をすると、弱っていた残りの塗膜も落とされて、壁を守るものが何もなくなってしまい、逆にどんどん汚れやすくなります

例えば女性なら、顔を洗った後に化粧水などを何もつけずに放置して、肌荒れが悪化するようなものなのです。

 

高圧洗浄をすすめる業者やWebサイトなどもありますが、今後のお家のことを考えているなら、洗浄を単独で行うのは絶対におすすめしません

もし高圧洗浄をするなら、そのすぐあとに塗装をしてあげましょう。

 

外壁の汚れを一番防いでくれるのは“防水塗装”です。

これだけはぜひ覚えておいてくださいね。

 

※タイル、レンガなど塗装が必要ない外壁の場合は、高圧洗浄をしても大丈夫です。

ただし水圧が強いと建材が割れてしまうかもしれないので、強さは調整して使いましょう。

 


4章 汚れが増える=塗装時期のサイン

3章でお伝えしたように、外壁の塗装は防水効果を持っており、汚れを防ぐ役割にもなっていました。

つまり、汚れが増えてきた=塗装(塗り替え)の時期が近づいている、というサインの可能性があります。

 

一般的な塗装時期の目安は、築後57以上です。

新築時の標準的な塗装は、このくらいの年数には防水効果が切れてくるからです。

汚れが気になってきて、この年数も過ぎている方は、外壁塗装を検討しましょう。

 

「塗装は築10年ごろ」というのをよく聞きますが、10年とはひび割れなどのわかりやすい劣化症状が現れる時期です。

普通の方が見てすぐわかる程度ということは、既に劣化が進行してしまっている状態なのです。

劣化してから塗装では補修費用などが追加でかかってしまいます。

また、一度割れたものはどんなに補修しても本来の100%の強度に戻すことはできません。

目に見えるような劣化が始まる前が、最も塗装に適した時期なのです。

 

塗り替えをせずに放置すると、汚れが増えるだけでなく建物が劣化して弱っていってしまいますので、塗装時期のサインは見逃さないようにしましょう。

 

◆塗装の必要性や時期の見極め方はこちらをご覧ください

 


5章 汚れにくい外壁にする2つのポイント

せっかく外壁の汚れを落としても、またしばらく経って汚れてしまったら結局気になってしまいますよね。

ここでは汚れを防止し、美しさを長く保つ為の塗装のポイント2つに絞ってご紹介します。

ぜひ外壁塗装の時に検討してみてくださいね。

 

5-1 「低汚染塗料」を使う

外壁の汚れを防ぐには、汚れが付きにくい「低汚染塗料」を使いましょう。

低汚染塗料とは、親水性が高く、汚れをセルフクリーニングしてくれる機能がある塗料です。

★親水性=水となじみが良いこと。

雨が降った時に雨と一緒に汚れを落としてくれる効果が高い塗料です。親水性塗料

 

見積もりの段階で施工業者に「低汚染塗料/汚れが付きにくい塗料にしてほしい」と伝えましょう。

 

また、実際に提案を貰ったら、塗料のカタログをもらって、きちんと性能の記載があるかも確認しておくと安心です。

★カタログの記載例

塗料カタログ

出典:キクスイSPパワーシリコン(菊水化学工業)

 

5-2 汚れの目立たない色を選ぶ

汚れの見え方の違い

汚れを気にせず長く安心して過ごしたいなら、汚れの目立たない色で塗装をしましょう。

汚れが目立たない代表的な色は、ベージュやグレーです。

ホコリや雨染みなど、外壁に付く汚れのほどんどは薄茶や灰色なので、それと近い色なら汚れを見えづらく隠してくれるのです。

 

ベージュ×ブラウン

 

◆ベージュ、グレーの施工事例はそれぞれ以下をご覧ください。

 

また、最近は洋風のグリーン系の外壁も、カビ・コケなどが目立ちにくく人気になっています。

緑の外壁

 

◆グリーン系の施工事例はこちらをご覧ください

 

逆に汚れが目立ちやすいのは、真っ白や真っ黒の外壁です。

どちらもおしゃれで素敵な色ですが、汚れが気になってしまう可能性もあるので、どうしても使いたい場合は低汚染塗料で塗装するなど対策をして選びましょう。

 


まとめ

外壁汚れの主な原因は①ホコリ・排気ガス、②カビ・コケ・藻、③雨だれです。

掃除は柔らかいスポンジやブラシを使って、優しく洗い落としてあげましょう。

外壁用の洗浄剤や、ご家庭にある中性洗剤も使えます。

 

ただし、高圧洗浄機での洗浄はやめましょう

外壁を守っている塗膜も落としてしまったり、外壁材を傷つけて、余計に汚れやすくしてしまいます。

高圧洗浄をするなら、すぐに塗装が必要です。

 

汚れが気になってきたら塗装時期のサインかもしれません。

目安時期の築後57年以上経っていたら、外壁塗装を検討しましょう

今後汚れにくくするためには、低汚染塗料の使用や、汚れにくい色を選ぶのがおすすめです。

 

大事なお家を綺麗な状態で保つためにお役に立てれば幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

◆汚れに強い塗料として、フッ素や無機などの高耐久塗料もおすすめです。詳細は以下のページもご覧ください。

最高級の無機塗料とは|メリット・デメリットと厳選おすすめ塗料3選

高耐久な外壁塗装はフッ素!メリット・デメリットと疑問解消Q&A 4選