全ての外壁にメンテナンスは必須!正しい時期・費用と3つの注意点

メンテナンス
  • うちも建てて10年近く経つけど…

    「外壁メンテナンスはいつやればいいの?」

    「そもそも本当にメンテナンスは必要なの?」

    「メンテナンスにはどのくらいの費用がかかる?」

    と気になって調べているのではないでしょうか。

  •  

    外壁のメンテナンスは安くない工事ですから、慎重に行いたいですよね。

    また、うちはメンテナンスフリーの外壁では?と思われる方もいらっしゃいますが、実はどんな外壁もメンテナンスが必要です。

    メンテナンスをしないと劣化が進んで、かえって修繕費用が高くなってしまいます。

    無駄なお金をかけずに長持ちさせるためには定期的なメンテナンスを行なうことが重要です。

  •  

    この記事では、外壁のメンテナンスが必要な時期外壁材別でメンテナンスのポイントをご紹介します。

    ご自宅の外壁材に合ったお手入れをしていきましょう。

  •  

    また、工事別のメンテナンス費用もご紹介。

    事前におおよその金額を把握しておくと安心です。

    さらに記事の後半では、外壁のメンテナンスでの3つの注意点もご紹介します。

    メンテナンスを後悔なく行なっていただくための重要なポイントになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

  •  


    0章 メンテナンスフリーの外壁はない!

    前提知識として、完全なメンテナンスフリーの外壁は存在しません。

    どんな外壁でもメンテナンスは必要です。

    なぜなら、外壁は外気にさらされていて、紫外線や雨風などで、どうしても傷んでしまうからです。

    塗装メンテナンスが要らないタイル外壁なども同じです。

    タイル外壁

    タイル自体に塗装が要らなくても、目地部分が劣化してしまったり、タイルが剥がれてしまったり完全メンテナンスフリーとは言えません。

  •  

    また、劣化症状が出ているのにも関わらず、メンテナンスをせずに放っておいてしまうと外壁からも雨漏りしてしまいます。

    雨漏り

    雨漏りは完全に修繕するのに費用も時間もかかるため、大変もったいないです。

    また、内部に水が入ることによって、シロアリ被害にも遭いやすくなります。

    お家を支える柱がシロアリ被害に遭ったら耐震性も心配ですよね。

    ご自宅に長く安心して住んでいくためにもメンテナンスはとても重要です。

  •  


    1章 外壁メンテナンスの時期

    外壁のメンテナンス時期は目安年数劣化症状で判断していきます。

    適切なタイミングを知ることで、必要最低限のメンテナンスで長持ちさせることができます。

    それぞれ見ていきましょう。

  •  

    1-1 目安は築10

    外壁のメンテナンスの目安年数は10年です。

    10年経つと、どの外壁も少しづつ劣化症状が現れ始めます。

    ただし、これはあくまで目安です。

    劣化状況は紫外線の当たる量などでも変わるので、確実な時期は劣化症状を見て判断しましょう。

  •  

    1-2 劣化症状で判断しよう

    メンテナンスが必要な劣化症状を5つ解説します。

    10年経っていなくても、以下の劣化症状が出ていたらメンテナンスの時期です。

  •  

    チョーキング、吸水

    チョーキング

    外壁を触って、手に粉が付く(チョーキング現象)状態です。

    外壁が防水性を失っているため、水をかけたときに壁が水を弾かず吸い込んでいきます。

  •  

    コケ・カビ

    コケ

    外壁にコケやカビなどが繁殖し、緑色になっています。

    外壁が水を含むようになることで、空気中に漂うコケ・カビの胞子が外壁に付着し繁殖します。

  •  

    ひび割れ

    モルタルひび割れ

    外壁にひび割れがある場合はメンテナンス時期を過ぎています。

    水を吸うようになった外壁は、膨張⇒収縮を繰り返しひび割れを起こします。

    ひびが入ると外壁に雨水が入ってしまうので、いち早くひびを埋めることが大切です。

    また、サイディング外壁やALC外壁などは目地(コーキング)部分もひび割れを起こします。

    コーキングのひび割れ

  •  

    浮き(反り)

    反り

    外壁が浮いているように見える現象は外壁の反りです。主にサイディング外壁に見られます。

    表面の防水性が無くなり、外壁が雨水を吸って、晴れの日に太陽光の当たる表面から乾いて反ってしまいます。一度反ったサイディングは元の形には戻りません。

  •  

    剥がれ

    モルタル外壁やサイディング外壁が水を吸い続けると、内部から崩れて剥がれやすくなります。

    見た目も著しく悪くなります。

  •  

    外壁塗装セミナー

    2章 外壁材別のメンテナンスのポイント

    外壁のメンテナンスでは、ご自宅の外壁に合ったメンテナンスが重要です。

    なぜなら、外壁材の種類によって、注意すべきポイントは異なるからです。

    よりご自宅に合ったお手入れをするために、素材ごとのポイントをおさえていきましょう。

  •  

    2-1 サイディング|劣化が進む前に塗装しよう

    サイディング 塗装

    サイディング外壁の方は、劣化が進む前に塗装を行ないましょう。

    劣化が進んでしまうと、塗装ではなく張り替えが必要になってしまいます。

    張り替えは大工工事で費用もかさむので、無駄な費用がかかってもったいないです。

  •  

    また、柄があるサイディングの場合は、塗装時期が遅れることでクリヤー塗装の選択が出来なくなることも。

    サイディング塗装

    クリヤー塗装とは、透明な塗料で塗装することです。

    今の柄を生かすことができるメリットがありますが、ひび割れなどの劣化を隠せないデメリットもあります。

    そのため劣化が進んでしまうとクリヤー塗装ができず、柄を塗りつぶしての塗装になります。

    外壁に水をかけてみて弾かなくなったら、もう塗装時期です。

    耐久性だけでなく仕上がりや費用面も考えて、メンテナンスを行なっていきましょう。

  •  

    >サイディング外壁のメンテナンスについてはこちら

  •  

    2-2 モルタル|下地処理は丁寧に!

    モルタル補修

    モルタル外壁の方は下地処理を丁寧に行なってもらいましょう。

    下地処理を丁寧に行なわないと、その後の塗装も剥がれやすくなってしまいます。

    モルタル外壁の特徴として

    ・他の外壁よりもひび割れやすい

    ・塗料を吸い込みやすい

    という点があります。

  •  

    そのため、塗装の際には以下の3つを業者に確認してもらいましょう。

    ・モルタル外壁用の下塗り材で塗ってもらえるか

    ・塗料の吸い込みが激しい場合は2回下塗りしてもらえるか

    ・0.5㎜以上の大きなひび割れは塗装前に補修してもらえるか

  • >モルタル外壁のメンテナンスについてはこちら

     

  • 2-3 ALC|コーキング補修が不要な場合も

    ALC 上塗り

    ALC外壁の場合は、コーキングの交換が必要かどうかチェックしてもらいましょう。

    ALCもサイディング外壁のように目地がありますが、上から塗装されているため長持ちします。

    そのため、初めて塗装する場合はコーキング交換が不要なことがあります。

  •  

    ・目地コーキングにひび割れや亀裂がないか

    ・コーキングにまだ弾力があるか

    を点検時にみてもらい、コーキング補修の判断をしてもらいましょう。

  •  

    ALC外壁のメンテナンスについてはこちら

     

     

  • 2-4 タイル|目地の補修は定期的に

    タイル目地

    タイル外壁の場合は、塗装ではなく目地の状態をチェックしてもらいましょう。

    タイルは劣化しなくても目地が崩れてしまえば剥がれに繋がります。

    10年経ったら、点検してもらうようにしてください。

    打診検査

    また、打診検査という点検方法で脆くなっている部分はないかもチェックしてもらいましょう。

  •  

    >タイル外壁のメンテナンスについてはこちら

  •  


    3章 外壁メンテナンスの費用相場

    外壁メンテナンスの費用は工事種類によって変わります。

    メンテナンス工事の種類は主に6つです。

    小規模~大規模なメンテナンスを全て解説していきますので、ご自宅に必要なものがどれなのかチェックしながら見ていきましょう。

  •  

    3-1 補修=15万円

    外壁の一部補修は1~5万円ほどです。(足場費用別途)

    一部補修とは、軽度の外壁のひび割れ補修や目地補修、一部タイル交換などです。

    補修工事一覧

    ※上記の費用は補修工事のみを行なう場合の費用です。

    ただし、ひび割れなどの原因が、紫外線劣化による防水性の低下だった場合は、

    補修のみ行なっても、また別箇所にひび割れが起きてしまう可能性があります。

    そのため、補修後は1年以内に塗装を行なうことをおすすめします。

  •  

    3-2 目地交換=2050万円

    目地の量

    サイディング外壁やALC外壁の場合は目地のメンテナンスも必須です。

    目地交換は20~50万円ほどです。(2階建て30坪の場合。足場代込み)

  • ▼単価相場

    打ち替え(交換)=800~1,100円/m

    増し打ち=700~900円/m

    ※窓サッシ回り、入角など交換できない場所は既存の目地を撤去せずに新しい目地を打ちます。

    外壁全体の目地交換工事には足場が必要になるので、塗装が必要な場合は一緒に行なうことをおすすめします。

  •  

    >外壁のコーキングについてこちら

     

  • 3-3 塗装=110140万円

     

    外壁塗装の費用相場は70~165万円です。(2階建て30)

    塗装の費用は、使用する塗料によって変動します。

    ▼塗料別費用相場

    費用相場

    選ぶ塗料は、それぞれお家を何年長持ちさせたいか、次回塗装を何年後にしたいかによって決めましょう。

     

  • >塗装の費用が知りたい方はこちら

  •  

    3-4 モルタル左官=200300万円

    左官補修

    新しくモルタル外壁を作る場合は、左官工事を行ないます。

    左官工事は200~300万円ほどです。

    モルタル外壁全体がひび割れている場合にモルタル左官し直し工事をするケースが多いです。

    ただし左官工事は職人も減っており、手間もかかるので費用はどんどん上がっていく可能性があります。

    丸みのある自由度の高い外壁を造りたい方におすすめです。

  •  

    3-5 カバー(重ね張り)150200万円

    外壁カバー

    今の外壁の上から新しい外壁を被せる「カバー工事」の費用相場は150~200万円ほどです。

    カバー工事は、外壁の表面の剥がれが悪化している、全面にひび割れがある場合に行なうことが多いです。

    全面カバーとなると費用も高くなるので、劣化している面だけカバーして、あとは塗装を行なうケースもあります。

    外壁が一部でもボロボロになっていたら、早期に対処しましょう。

  •  

    ※雨漏りが起きてしまっている場合は、カバー工事はおすすめできません。

    なぜなら、カバーしてしまうと外壁の内部に染み込んだ水分が外に逃げることが出来ず木部が腐食してしまうからです。

    既に雨漏りが分かっている場合や雨漏りの危険性がある場合は、張り替えを行ないましょう。

  •  

    >外壁のカバー工事についてはこちら

  •  

    3-6 張り替え=200300万円

    張り替え

    外壁の張り替え工事は家全体で行なうと、200~300万円ほどかかります。

    張り替え工事は、外壁自体がボロボロになっている、雨漏りが起きている場合に行ないます。

    外壁修繕工事の中では最も費用が高いので、傷みが激しい部分のみ張り替えるケースもあります。

  •  

    >外壁 張り替えの記事

  •  


    4章 外壁メンテナンスの3つの注意点

    外壁メンテナンスを行なう前には、必ず知っておいてほしいポイントが3つあります。

    1、DIYではやらない
    2、外壁の種類に合ったお手入れをする
    3、事前点検を丁寧にやってもらう

    注意点をおさえてメンテナンスをすれば、適正価格で満足のいく工事にする事ができます。

    それぞれ見ていきましょう。

  •  

    4-1 DIYではやらない

    DIY塗装

    外壁のメンテナンスは、DIYはおすすめできません。

    なぜなら、誤ったメンテナンスでかえって外壁を傷めてしまうことがあるからです。

    特に目地交換、外壁塗装、左官、カバー、張り替えは、失敗すると修繕に手間や費用がかかります。

    やり直しになれば材料にかかった費用なども結局無駄になってしまいますので、DIYではなく専門業者に依頼しましょう。

  •  

    4-2 外壁の種類に合ったお手入れをする

    外壁材の種類

    ご自宅の外壁に合ったメンテナンスを行ないましょう。

    外壁材によって、最適なメンテナンス方法やおすすめの塗料は変わってきます。

    例えば、サイディング外壁の方が、目地の交換をカットして費用を安くしたいと思っていても、メンテナンスのプロからするとおすすめはできません。

    しかしALC外壁の場合は目地の交換をしなくても大丈夫なケースがあります。

    このように外壁材の違いによって、メンテナンス方法も変わります。

    ご自宅に合ったメンテナンスを行ないましょう。

  •  

    4-3 事前点検を丁寧にやってもらう

    点検

    外壁のメンテナンス前に、60~90分ほどかけて点検してもらいましょう。

    丁寧な点検がなければ、最適なメンテナンスはできないからです。

    例えば、外壁や屋根の状態を確認せずに、大きさだけ測って見積りを出す業者もいます。

    しかし、その見積りで契約してしまうと、工事が始まってから「外壁の一部が剥がれていたので追加料金いただいて直します」という事態に。

    さらに悪い業者だと、劣化症状に気付いていながらお客様側に伝えずにそのまま工事を進めてしまう場合もあります。

    適正価格で、最適なメンテナンスをするためにも丁寧に点検してくれる業者に依頼しましょう。

  •  

    ★最適なメンテナンスをするならユーコーコニュニティー

    塗装職人

    外壁メンテナンスをお考えの方、あるいは外壁メンテナンスでお悩みの方は、当サイトを運営するユーコーコミュニティーにご相談ください。

    あなたのお家に合った、最適なメンテナンスのアドバイスを行ないます。

     

    ~ユーコーの点検・見積り提案の特徴~

    ・60~90分かけてお家全体を点検(希望の方には床下点検も実施可能)

    ・50~100枚の点検写真を無料でお渡し

    ・ご自宅に合った塗料提案と詳細な見積り書をご提出

     

    ご自宅が今どんな状態なのか、どういった塗料・修繕が最適なのか、納得いただけるまでご説明いたします。

    塗装やメンテナンスの知識がなくても安心して聞いていただけます。

    満足のいくメンテナンスを行ないたい方はぜひ一度ご相談下さい。

    無料点検・見積りお申込みフォーム

     


  • まとめ

    いかがでしたか。

    外壁のメンテナンス時期は築10年が目安です。

    チョーキングやひび割れ、コケの発生はメンテナンスのサインですので、早期にメンテナンスをしていきましょう。

  •  

    外壁材別のメンテナンスポイントは以下の通りです。

    サイディング…劣化が進む前に塗装するのが〇

    モルタル…下地処理は丁寧にしてもらう

    ALC…コーキング補修が不要な場合もある

    タイル…目地の補修は定期的にする

  • 外壁のメンテナンスでは以下の3点に注意して行ないましょう。

    ①DIYではやらない

    ②外壁の種類に合ったお手入れをする

    ③専門の業者に依頼する

  • 大切なお家の外壁ですから、正しい知識を持って長持ちさせていきましょう。

    最後までご覧くださり、ありがとうございました。

外壁塗装のギモン解消!基礎知識セミナー【無料】

「初めての外壁塗装だから知識を付けたい。」

「何を基準に業者を選べばいいの?」

こんなお悩みをお持ちの方のために、

【失敗しない外壁塗装セミナー】をWEB開催中!

ご自宅のパソコン・スマホからご参加できるので、コロナ禍でも安心です。

☑ 塗装工事の基礎知識を90分で分かりやすく解説!
☑ 見積もり書のチェックポイントが分かる!
☑ 優良業者の見極めポイントが分かる!
☑ 15,000件以上の工事実績に基づいた内容で安心!
☑ 直接チャットで質問もOK! 

これまでに4,500名以上が参加し、満足度は97.9%!

経験豊富な講師による特別無料セミナーです。

外壁塗装に少しでも不安を抱えている方はぜひお気軽にご参加ください。
※参加対象:神奈川・東京にお住まいの方

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!