費用、時期から業者選びまで|失敗しないモルタル塗装徹底ガイド

中塗り

モルタル壁の塗装、いつ頃工事すればいいの?費用とかも気になるし、使う塗料も選んだ方がいいの?

初めてのことだと分からないことも多いですよね。

塗装工事は大きな金額が掛かる工事です。やるなら綺麗に仕上げて、お家を長持ちさせる必要があります。

しかし、値段の安さだけで業者を選んでしまうとお家を守ることができません。

なぜなら、長持ちさせるためには工事前の丁寧な点検やモルタル壁に適した塗料選びが必要だからです。

その為には適切な知識を持った業者が必要不可欠です。

ここでは、塗装するべきタイミング費用相場、すぐに実践できる業者選び塗料選びの方法をお伝えします。

また工事中の流れや、その時の注意点、塗装しなかった時のリスクもお伝えします。

塗装の経験や知識がなくても分かりやすくお伝えするので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

1章 モルタル塗装が必要かどうか判断するための4つのポイント

以下の中でどれか一つでも当てはまるなら、塗装が必要です。

何故なら、モルタル外壁が水を弾いていない状態だからです。

モルタルは雨など水を吸い込むと様々な劣化を起こしてしまいます。

実は塗装は水を弾く力(防水性)を持っており、それでモルタル壁を守ってくれていました。

しかし塗装の効果が切れたまま放置すれば、モルタルの劣化場所から水が侵入して柱などの木が腐ってしまい、地震等で倒壊しやすい弱い状態になるのです。

 

お家を守る為に、一つでも当てはまっているのなら塗装業者に塗装の為の点検や見積もりを依頼しましょう!

 

1-1 ひび割れ

モルタルのヒビ

モルタルのヒビ

ひび割れが一か所でもあれば、塗装や補修が必要です。

なぜなら、ひび割れの原因はモルタルが水を弾かなくなってしまったからです。

水を弾かなくなると吸水し、モルタル壁が膨張します。乾燥すれば収縮します。

この伸び縮みを何度も繰り返すことで、ひび割れは起こります

ひび割れからは水がどんどん家の中に侵入してしまいます。

ひびの原因を解決するために、塗装の点検や見積もりを依頼しましょう。

 

1-2 苔、カビ

モルタルのカビコケ

モルタルのカビコケ

緑色になっているものが、黒くなっているものがカビです。

特に北側や日陰になっている箇所にできやすいですが、これらが見つかった場合は塗装が必要です。

なぜなら苔やカビはモルタル内に根っこを伸ばしていき、壁自体の強度を落としてしまうからです。

じめじめしたところに生えるので、本来は塗装が効いて水を弾いていれば繁殖しにくくなります。

もし見つけたら、塗装業者に塗装の見積もりを依頼しましょう。

 

1-3 手に粉がつく

外壁を触ってみてください。手に粉がつくのなら塗装が必要です。

なぜなら、これは「塗装が切れて水を弾いていないですよ!」というSOS症状だからです。

塗料は簡単に言うと、水を弾くための色を付けるためのとでできています。

しかし何年も紫外線を浴びることで油分は無くなってしまいます。

色を付けるだけが残ったため、触ると手に粉が付く、という状態なのです。

水が浸み込む状態なので、放置するとひび割れやカビ、苔の繁殖を引き起こします。

あてはまるのなら、塗装業者に見積もりや点検を依頼しましょう。

 

注意:年数が経っていても手に粉がつかないケースも有り

  • リシンやジョリパッドと呼ばれる仕上げの外壁の場合、触っても粉が付かない場合があります。
  • なぜなら、新築の塗装の際はペンキに細かい石の粒を混ぜて塗っており、油が飛んでも粉が出にくいからです。
  • 粉がつかないから大丈夫、と決めつけてしまうのは危険です。他の症状も出ていないか必ずチェックしましょう。

 

1-4 水が浸み込む

外壁が水を吸っている状態2

霧吹きやホース等で壁に水をかけてみましょう。

水をかけたところが染みになるのなら塗装が必要です。

なぜなら、外壁が常に水を吸っている状態だからです。

こちらも放置すればひび割れや苔、カビの原因となります。

 

■水を弾いている状態

外壁が水をはじいている状態2

水をかけても水玉になって滑り落ちていく状態。

この状態であれば大丈夫です。

 

注意:水を弾くか否かだけでは判断が難しいケースも有り

  • 仕上げがジョリパッドと呼ばれる仕上がりの場合、外壁自体が水のたまりやすい形状のため、染み込む様子が見えにくく判断が難しいです。
  • 他の症状も出ていないかチェックしましょう。

↓ジョリパットのお手入れについて知りたい方はこちらもご覧ください

 

2章 塗料別 モルタル塗装の相場

モルタル外壁の塗装工事を行ったらいくらくらいかかるのか、ここで把握しておきましょう。

相場を知っておくと以下のメリットがあります。

相場が分かれば、どの位貯金するのか等お金の計画が立てやすくなる

相場よりも高すぎるor安すぎる業者を避けることで失敗するリスクを減らすことができる

塗装工事の相場は使用する塗料により変わります。

相場を知り、適正な価格で施工してくれる業者に任せましょう。

 

下の表はモルタル外壁でよく使われる塗料と、その相場、耐用年数(防水効果を発揮する年数)です。

30坪、二階建ての場合の塗料別の相場

30坪塗料相場表

※一般的な30坪2階建ての概算。附帯物などは含まず。

塗料の寿命によって、値段は変わってきます。次に塗装するタイミングや予算にあわせて選びましょう。

 

3章 最高の業者を選ぶためにするべき2つの質問

モルタル塗装の業者選びで失敗しないために、以下の2つの質問をしてみてください。

どのような塗料を使うのか、どのような補修を行うのかで仕上がりが大きく変わってしまうからです。

美しい仕上がりでお家を守るために、以下の質問をしてみてください。

 

3-1 「複数のパターンで見積もりを作ってくれますか?」

この質問で、どんな塗料を使ってくれるか、施主様にちゃんと選択肢をくれる業者か確認しましょう。

 

【良い例】

お客様:「複数のパターンで見積もりを作ってくれますか?

業者:耐用年数や仕上がりの違いごとにいくつか作っておきますね。

こんな回答の業者に工事を依頼しましょう

なぜなら、モルタル壁にどんな塗料が適切なのかきちんと把握していて、知識も十分にあるからです。

多くの塗料の中から選ぶことが出来れば、イメージ通りの仕上がり、機能の塗料で塗装できます。

 

 

【悪い例】

お客様: 複数のパターンで見積もりを作ってくれますか?

業者:モルタル壁だと、こちらで指定した1つの塗料でしか見積もりは作れませんよ

このように答えた会社は依頼を避けましょう

なぜなら、モルタル壁は本来、耐用年数(何年持つか)、仕上がり(艶の有り無しなど)、欲しい機能(遮熱性、防カビ性など)に合わせて多くの塗料の中から選べるからです。

一種類しか見積りを作らない、という業者は十分な塗料の知識を持っていない可能性が高いです。

ご自身の希望に最適なものを選んで工事するために、複数のパターンで見積もりを作ってくれない業者には依頼はやめましょう。

 

3-2 「大きいひび割れはどの位ありましたか?」               

この質問で、補修箇所をしっかり直してくれるか、そもそもちゃんと点検している業者か確認しましょう。

 

【良い例】

お客様:大きいひび割れはどの位ありましたか?

業者:0.5mm以上のものが〇箇所ありました

お客様:ひび割れも一緒に補修してもらえますか?

業者:0.5mm以上のものは補修材で補修し、それ以下のものは下塗り材で埋められます。

こんな回答の業者に工事を依頼しましょう。

なぜなら、モルタルのひび割れは大きさ、状態によって対応の仕方が変わることがあるからです。

丁寧に点検しないと気づくことができません。

また、工事前に補修するべき箇所が分かっていれば必要な材料も手配できるため、工事の仕上がりも綺麗に、スムーズに進みます。

 

■ひび割れの点検の様子

      点検

ひび割れの太さをはかる専用の道具(クラックスケール)で確認していきます。

 

 

【悪い例】

お客様:大きいひび割れはどの位ありましたか?

業者:あれば工事のときに埋めておきます。

こんな回答の業者なら工事の依頼はしないでおきましょう。

なぜなら、ひび割れを把握していないということは丁寧な点検を行っていないことが分かるからです。

工事中に補修が必要な箇所が発覚すると、追加工事の為の費用が発生したり、気づかずに工事を進めてしまい、施工不良の原因となります。

 

ポイントとなるのは、モルタル壁で使える塗料の知識を十分にもっているか

業者が補修するべき箇所もきちんと把握しているかです。

ただ塗ればいい、ではなく、皆様の大事なお家のための提案や施工をしてくれる会社か知るために、必ず質問してください。

 

4章 塗料は欲しい機能や仕上がりで選ぶ

様々な塗料の中から、欲しい機能や仕上がりで、ぴったりのものを選びましょう。

モルタル塗装は使用できる塗料が多く、どの塗料を選ぶかで仕上がりや寿命、塗膜のもつ機能も違ってくるためです。

例えば、マットな仕上がりになるモルタル専用塗料や、汚れに強い艶有りの油性塗料などがあります。

 

■マットに仕上がるモルタル専用塗料で施工 

艶なし塗料

 

■汚れにくい油性シリコン塗料で施工

艶あり塗料

 

以下に、それぞれの塗料の特徴をご紹介します。

自分はどちらが好みか知って、それに合う塗料を選びましょう。

 

4-1 風合いを残すなら、モルタル専用塗料がおすすめ!

モルタル独特の凹凸マットな風合いを残したいのなら、モルタル専用塗料「グラナダフレッシュがおすすめです。

なぜなら、普通の塗料だと艶が目立ってしまったり、もともとあった凹凸のあるデザインがつぶれてしまい、風合いが変わってしまうからです。

グラナダフレッシュ

グラナダフレッシュ:菊水化学工業

この塗料はモルタルの細かい凹凸に塗料が入り込むので、高級感のある風合いはそのままに、新築のような綺麗な仕上がりになります。

マットな質感がお気に入りの方は、モルタル専用塗料を選びましょう!

 

■グラナダフレッシュ塗装の施工前後

グラナダフレッシュ施工前後

水は通さず、湿気を逃がす性質のため、塗膜の膨れも抑えられ綺麗に仕上がります。

■外壁のアップ

グラナダフレッシュ施工前後

施工後もマットな質感のため、ツヤは出したくない…という方にもおすすめです。

 

4-2 コストパフォーマンスを重視したいならフッ素塗料or無機塗料

将来お子さんやお孫さんが住む予定があったり、定年後も長く住めるようにしたい等、長持ちさせたい方にはフッ素塗料や無機塗料がおすすめです。

なぜなら、フッ素塗料や無機塗料は寿命が長い分、工事の回数を減らせ、長い目で見ると短い寿命の塗料よりも工事の金額を抑えられるからです。

下の図を見てみてください。

メンテナンスコスト表

無機塗料やフッ素塗料は、一度にかかる金額は他の塗料よりも高額ですが、工事は少ない回数ですみます

塗料の寿命が長い分、次の工事のタイミングを先延ばしできるためです。

将来、お子さんやお孫さんが住むのかどうか、定年後、どのくらい住むのか等、将来のライフプランにあわせて塗料選びを行いましょう。

 

引っ越し、定年後に手放す予定などがあり、そこまで長持ちしなくていいかな…という場合は、寿命の短い塗料を選びましょう。

住む間だけ持つものにすれば、工事の金額を抑えることが出来るからです。

 

 

5章 知って安心!工事の流れと注意点

工事が始まる前には、モルタル塗装の流れを知っておきましょう。

その中で気を付けるべき点も合わせて紹介します。

工事中は、足場が建つなど、いつもと違う点がいくつもあり、不便になることもあるためです。

たとえば、足場の組み立て等は大きな音が出る為、ご近隣にも影響がでます。

トラブルを防いで、工事中も気持ちよくすごすためにも流れとその注意点を知っておきましょう!

 

  • ①足場組み立て 工事期間:半日程度

  • 足場着工

塗装に入るまえに足場を組んでいきます。

一般的な二階建ての塗装は、2m以上の高所作業があるためです。

 

注意点:

・足場の組み立て時は大きな音が響いたり作業でトラックを停めることもあるので、ご近所へのあいさつを事前に行ってもらうよう、業者に依頼しましょう。

ご自身の車は別の場所に停めておきましょう。資材の運搬時にぶつかってしまう恐れがあるためです。

 

  • ②高圧洗浄 工事期間:半日から一日程度

高圧洗浄

高圧洗浄

外壁やほかにも塗装する箇所があれば一緒に洗浄していきます。

高圧洗浄機で苔、カビ、汚れを十分に落とすことで塗装した際に、塗料がきちんと定着するようにするためです。

塗装の仕上がりに大きく影響する作業になります。

 

注意点:

・工事前に土間や擁壁、ベランダ周りなども依頼すればついでに洗浄してもらえるケースもあります。自分で掃除するとなると大変です。汚れが気になる箇所があれば、相談してみましょう。

洗濯物は部屋干ししましょう。水が飛び散り、洗濯物が汚れてしまうおそれがあるためです。

・お隣やお向かいにも水が飛ぶ可能性がある為、近所へのあいさつや気遣いをしっかり行ってくれる業者だと安心です。

 

  • ③養生 工事期間:一日程度

養生

養生

窓、ドア周りや土間等をビニールのカバーで覆っていきます。

塗料で周りを汚さないようにするためです。

 

注意点:

・窓やドア周りを覆うため、開け閉めしづらい箇所が出てきます。換気等のために開けられるようにしておきたいところがあれば、事前に相談しておきましょう。開け閉めできる状態で養生を行ってもらえます。

・工事の際に汚れがついてしまうことがあるので洗濯物は足場解体まで部屋干しを行いましょう。

 

  • ④ひび割れ補修 工事期間:一日から二日間程度

ひび補修

ひび補修

大きなひび割れや、欠けなどがあればここで補修していきます。

塗装する前に行うことで、補修跡を最低限に抑えることができます。

 

  • ⑤下塗り 工事期間:一日から二日間程度

  • 下塗り

下塗り材を外壁に塗っていきます。

下塗り材は塗料の接着剤としての役割や、目に見えないひび割れを埋める効果があります。

 

注意点:

・塗料を使用する作業に入るため、多少の匂いが発生します。人体に害はありませんが気になる方は作業中のみ外出をおすすめします。

 

  • ⑥中塗り 工事期間:一日程度

  • 中塗り

上塗りで使用する塗料と同じになります。

ここから色がつくので一気に家の雰囲気が変わります。

塗料を二回に分けて塗ることで、剥がれにくく、塗料の効果も最大限発揮できるものになります。

 

  • ⑦上塗り 工事期間:一日程度

  • 上塗り

上塗り

中塗りした上から塗料をもう一度塗っていきます。

塗り残しがないかどうか、確認するために中塗りと違う色の塗料を使用するケースもあります。

 

  • ⑧養生払い、附帯塗装 工事期間:一日から二日程度

  • 雨樋塗装

養生払いは、汚れ防止のために窓やドア周り等を覆っていたビニールを外していく作業です。

雨どいなど外壁以外の場所(附帯物)も塗装する場合は、外壁の後に塗装します。

 

  • ⑨手直し 工事期間:一日程度

はみ出してしまった箇所があれば、この段階で修正します。

また周りの清掃を行い終了となります。

 

  • ⑩足場解体、完成  工事期間:半日程度

  • 完工

塗装が完了したら、足場を撤去します。

足場は塗装の進み具合をみながら日程を決めるため、塗装の終了から何日か日程があく場合があります。

 

注意点:

・この作業も足場組立時と同様、大きな音のでる作業の為、ご近所へのあいさつや対応を業者に依頼しておきましょう。

・解体日当日は、ご自身の車は別の場所に停めておきましょう。当日は足場の資材の解体や運搬の際にぶつかってしまうリスクがある為です。

修正用に塗料を少しもらっておくと、工事後、外壁に自転車等をぶつけてしまったときも跡の補修がすぐできる為、安心です。

 

6章 塗装しないと起こる2つのリスク

塗装が必要な状態のモルタル壁を放置すると大きなリスクが生じます。

なぜなら、モルタル壁は塗料を塗らないと水を吸ってしまい、家を大きく傷めてしまうからです。

以下の状態になる前に、塗装を行いましょう。

 

6-1 木材が腐り、莫大な工事費用がかかる

内部腐朽

家の中の木材が腐ってしまい、大規模な工事が必要となり数十万~数百万という莫大な費用がかかります。

なぜなら、モルタル壁の家は木造住宅がほとんどで、モルタル壁は傷むと水を吸収する性質があるからです。

壁が水を吸うと中の木材に水が浸み込み、腐ってしまいます。

そうなると木材の交換工事だけでなく、サッシ交換工事など、家の様々な場所の作り直しが必要となるケースがあります。

余計な出費を抑え、家を長持ちさせるためにも、早めの塗装で水の侵入を防ぎましょう。

 

 

6-2 シロアリ被害が出て、地震で簡単に倒壊してしまう

シロアリによる被害

塗装をしないとシロアリ被害の可能性が高まります。

なぜなら、モルタル壁が水を吸うことで中の木材が湿ってしまい、シロアリが寄ってくる状態となるからです。

シロアリは湿った木が好物で、逆に乾いた木には寄ってきません。

お家の大事な木材や柱を食べることで、家の中から脆くなってしまいます。

 

実は、阪神淡路大震災の際に倒壊した家の多くは、シロアリ被害に遭っていた家でした。

■当時の新聞記事

シロアリ被害を伝える新聞記事

 

水さえ入れなければ、シロアリは発生せず、家が倒れるリスクも大幅に軽減できます。

塗装で水の侵入を防ぎ、家を倒壊から守りましょう。

 

 

まとめ

モルタル壁は塗装が必要です。

まずは塗り替えが必要なタイミングかどうか判断するため、劣化症状がでていないかチェックしてみましょう。

塗り替えの際は、将来のライフプランや好みの風合いの中から最適な塗料を選ぶことで、綺麗な仕上がりで家を守りましょう。

その際どの業者を選ぶかで工事の良し悪しに大きな影響がでます。

丁寧な点検をしてくれて、ご自身のご希望にあった塗料を提案してくれる業者を選びましょう。

 

また、モルタル壁が水を吸う状態のまま放置することは、家の寿命を大きく縮めてしまう原因になります。

なぜなら家の中の木材を腐らせたりシロアリ被害を呼んで、家を中から傷めてしまうからです。

そうなってしまうと、莫大な工事費用が掛かってしまいます。

モルタルのお家を長持ちさせるために、早めの塗装メンテナンスでお家を守りましょう!

 

さらに詳細な費用や見積り時の注意点を知りたい方は、下記もぜひご覧ください

 

お読みくださりありがとうございました。