葺き替えすべきスレート屋根の劣化症状とおすすめ屋根3種の費用相場

「スレート屋根って葺き替えが必要になるの?」

「だいたいどのくらい費用にかかるの?」

通りかかった業者や営業マンに屋根の葺き替えを勧められ、疑問に思われているのではないでしょうか。

 

スレート屋根はもともと丈夫な建材ですが、スレートの防水効果が切れて水を吸いこむようになるとだんだんと劣化してしまいます。

劣化が進むと、「塗装」などのメンテナンスではなく、「葺き替え」などの大規模なリフォーム工事が必要になります

放っておくと屋根だけでなく、内部を支える木材も腐ってしまいますので、屋根や家全体を守るために適切なリフォームを行ないましょう。

 

とはいっても本当にご自宅に葺き替えなどのリフォームが必要なのか分からないですよね。

今回はスレート屋根の葺き替えが必要な状態をご説明します。

また、葺き替えにおすすめの屋根材費用相場についてもご紹介いたしますので、実際にリフォームを検討する際にお役立てください。

 

適切なメンテナンスを行なって、屋根や家を長持ちさせていきましょう。

 

まずはご自宅の屋根が本当に葺き替え工事が必要かどうか、判断をしましょう。

屋根のリフォームには既存の屋根を撤去して新しい屋根を葺く「葺き替え」のほかに、「塗装」、既存の屋根の上に新しい屋根をかぶせる「カバー工法」があります。この中で「葺き替え」は最も高額なものになります。

 

リフォームの種類

金額

屋根塗装工事

60~80万円

屋根カバー工事(重ね葺き)

80~150万円

屋根葺き替え工事

100~200万円

※30坪、80~100㎡の場合の概算

 

中には、葺き替えでなくてもメンテナンスができるのに、葺き替えのみ提案してくる業者もいますし、葺き替えしなければいけない状態なのに葺き替えしなくてもいいと言う業者もいます。

状態にあったメンテナンス方法を選択するために葺き替え工事が必要な状態、不必要な状態を把握しておきましょう。

 

  • 1-1 葺き替えが必要な状態

スレート屋根の葺き替えが必要な状態をご紹介します。

屋根はご自身ではなかなか確認できない場所なので、屋根の状態をご自身でも確認する場合は業者に屋根の写真を撮ってもらって確認しましょう。

 

スレートが常に水を含んでいる

貫板の腐食

スレートが常に水を含みボロボロの状態の場合は、葺き替え工事が必要になります。

仮に費用をおさえようとしてカバー工法で工事をしてしまうと、内部に湿気が溜まり、木部の腐朽や雨漏りの原因になります。

屋根を見てもらって、スレートが常に水を含んでいる状態だったら葺き替え工事を行ないましょう。

 

雨漏りが発生している

屋根裏雨漏り

既に雨漏りが発生している場合は、葺き替え工事を行ないましょう。

雨漏りが発生している場合は、内部の木材が傷んでしまっている場合があります。

カバー工事をして蓋をしてしまうと、内部腐朽している木材があっても交換することが出来ません。

雨漏りが発生している場合は内部の木材に水が浸透していますので、葺き替え工事を行ないましょう。

 

  • 1-2 葺き替え以外のメンテナンスで可能な状態

葺き替え以外のメンテナンスで修繕が可能な状態をご紹介します。

葺き替え工事は費用が一番高くなるので、葺き替えしなければいけない状態でなければ、「塗装」や「カバー工事」などのリフォームをおすすめします。

状態にあったメンテナンスを選択してきましょう。

 

屋根が全体的にひび割れている

屋根の欠け

屋根が全体的にひび割れていても、雨漏りが発生しておらず、スレートも強度を保っていれば「葺き替え」でなく「カバー工事」でのリフォームが可能です。

「カバー工事」は「葺き替え」よりも費用がおさえられ、工期も短縮できることから近年人気が出て工事件数も増えてきています。

屋根のひび割れは多いけど、水は含んでいない状態であれば、「カバー工法」でのリフォームを検討してみましょう。

 

カバー工法について詳しくはこちら

 

屋根が数か所のみひび割れている

スレートクラック補修

屋根にひびが入っていない、または入っていても数か所のみの場合は「塗装」でのリフォームが可能です。

ひびが入っている場合は、塗装前にコーキング材などで補修してから塗装しましょう。

 

スレートの塗装について詳しくはこちら

 


  • 2章 葺き替えおすすめ屋根材と費用相場

続いてはスレート屋根の葺き替えにおすすめの屋根材単価相場をご紹介します。

屋根にはデザインや耐久性が違うものが数種類あり、費用にも差があります。

予算やデザイン性を元にご自宅に合った屋根を選んでいきましょう。

 

勾配とは

=屋根の傾斜のこと。

屋根の勾配

勾配によっては使える・使えない屋根材がありますので、その目安もそれぞれ紹介しています。

 

2-1 ガルバリウムで耐久性の高い屋根に

金属屋根

ガルバリム鋼板とは、一般に金属屋根と言われる屋根材のことです。ガルバ屋根、などとも言います。

アルミニウム・亜鉛合金めっきの加工金属で、さびや腐食に強い金属です。

 

デザイン

シンプルですっきりした見た目。表面は平滑なものが標準だが、細かい凹凸をつけて落ち着いたデザインにした高級タイプもある。

単価

5,000~10,000円/㎡

耐久性

20~30年

メリット

価格と性能のバランスが良い。非常に軽量で地震の際の負担が少ない。トタンよりも錆びにくく、耐候性が高い。

デメリット

薄い金属のため、雨音などが響く可能性がある。(厚みのあるもの、断熱材付のものであれば軽減される。)色褪せすることがあるため、見た目が気になる場合は再塗装が必要。

必要勾配

1寸勾配以上

 

【見積例】※30坪100㎡の場合

ガルバ葺き替え見積例

 

■事例

I様邸

ガルバリウム葺き替え事例

 

A様邸

ガルバリウム葺き替え事例

 

T様邸

ガルバリウム葺き替え事例

 

2-2 アスファルトシングルはおしゃれな仕上がりに

アスファルトシングル屋根

アスファルトシングル屋根とは、シート状の屋根材です。

もともと北米で長らく使われていて、柔軟性のあるシートにアスファルトや石材の砂粒を圧着しています。

 

デザイン

洋風でおしゃれな外観。カラーバリエーションも豊富にある。複雑な形の屋根(半円、ドーム型など)にも対応しやすい。

単価

5,000~8,500円/㎡

耐久性

15~30年

メリット

価格と耐久性のバランスが良い。非常に軽量で地震の際の負担が少ない。色褪せしにくい。

デメリット

商品によってグレードの幅がある。塗装が適さないため、再塗装で色を変えることができない。断熱性がない。

必要勾配

2.5寸勾配以上

 

【見積例】30100㎡の場合

アスファルトシングル葺き替え見積例

 

■事例

K様邸

アスファルトシングル葺き替え事例

 

K様邸

アスファルトシングル葺き替え事例

 

 

2-3 軽量瓦は高級感のある仕上がりに

ルーガ

出典:ケイミュー

 

軽量瓦は、従来の和瓦(粘土瓦、陶器瓦など)の弱点である重さを解消した瓦です。

厚み、重厚感はそのままに、セメントが主成分のため、粘土を焼いた瓦よりも軽くなります。

※メーカーによっては金属製の瓦もあります

デザイン

重厚感があり、和風建築に非常に適している。

単価

6,000~12,000円/㎡

耐久性

20年~40年

メリット

非常に耐久性が高く、メンテナンス回数が少なく済む。

デメリット

費用が高額。屋根の形状によっては施工できない場合がある。

必要勾配

3~4寸勾配以上

 

【見積例】30100㎡の場合

軽量瓦の葺き替え見積例

 

■事例

A様邸

軽量瓦葺き替え事例

 

☆葺き替えに“おすすめしない”屋根材

  • ①  和瓦
  • …和瓦はスレート屋根のおよそ3倍の重さです。新築時にスレートで建てられている家は和瓦の重さに対応しておらず、耐震性が下がってしまう恐れがあります。
  •     
  • ②  スレート
  • …スレートの屋根は、定期的なメンテナンスが必要になるため、スレート屋根に葺き替えるケースはほとんどありません。

 


  • 3章 スレート屋根の葺き替え工事の流れ

スレート屋根の葺き替え工事の流れ各工程のチェックするポイントをご紹介します。

屋根は高くてなかなかご自身では確認できないところになりますので、各工程で業者に写真を撮ってもらい、ご自分の目でもしっかりチェックしていきましょう。

 

  • ①足場仮設

足場架設

工事を安全に行うために足場を仮設します。

 

★チェックポイント

足場やメッシュシートは屋根の上まであるか

 

②既存屋根撤去

屋根葺き替え工事

既存のスレート屋根を撤去します。

ここからの工事は、雨が降っていない日に行ってもらいましょう。

 

③下地板の修繕

屋根葺き替え工事

下地が傷んでいる場合は、補強の板を貼ります。

 

★チェックポイント

傷んでいる下地を補強しているか

 

④ルーフィング(防水紙)葺き

屋根葺き替え工事

水から室内を守るためのルーフィング(防水紙)を葺きます。

 

★チェックポイント

隙間なくルーフィングが敷かれているか

 

⑤屋根葺き上げ

屋根葺き替え工事

新しい屋根を軒先から葺いていきます。

 

⑥板金取り付け

屋根葺き替え工事

角や棟(頂上部分)に板金などの役物を取り付けていきます。

 

★チェックポイント

板金がしっかり固定されているか

屋根葺き替え工事

 

⑦足場解体

屋根の葺き替え作業が終わり、最終確認も完了したら、足場を解体します。

 

★チェックポイント

足場を壁や屋根にぶつけていないか

 

⑧完成!

屋根の葺き替え


  • 4章 業者選びのポイント

屋根の葺きかえ工事を依頼する業者のポイントをご紹介します。

葺き替え工事は、家全体の雨漏りや耐久性などに影響する重要な工事になりますので、知識を持った優良会社を選んでいきましょう。

 

4-1 葺き替えの施工実績がある

葺き替え工事の実績がある会社に依頼しましょう。

葺き替え工事はもともとあまり工事件数が少ないものになりますので、経験がない業者に頼むと失敗の恐れもあります。

また、下請けに依頼している場合もありますので、契約前に施工実績数施工写真を見せてもらいましょう。

 

4-2 近所への挨拶周りをしてくれる

工事前の挨拶

近所への挨拶周りや配慮をしっかりしてくれる業者を選びましょう。

屋根の工事は作業音がするので、近隣の方へ事前に連絡することが大切になります。

業者の方で近隣への挨拶周りをしてくれるのか確認しておきましょう。

 

4-3 施工中の写真や報告をくれる

施工写真

施工中の写真撮影や報告をしてくれる業者を選びましょう。

なぜなら、屋根は見えない場所だからです。

手を抜かれてしまっても気付きませんし、そのまま工事が終わってしまいます。

そのため、施工の各工程で写真を撮ってもらい、毎回作業報告をくれるかを確認しましょう。

 


  • 5章 年に一度の定期点検で長持ち

屋根点検

葺き替え工事が終了した後は、年に一度施工業者に定期点検をしてもらいましょう。

なぜなら、不具合があった場合にすぐに発見できるからです。

特に台風や強風の後などは屋根が稀に剥がれてしまう場合もありますので、台風の後など屋根の上が心配だと思ったら、点検を依頼しましょう。

 


まとめ

いかがでしたか。

まず屋根の葺き替え勧められたら、本当に葺き替え工事が必要なのか確認をすることが大切です。

また、リフォームの中でも高額な工事になりますので、費用相場は把握しておきましょう。

相場を知らないと、高い金額を取られて損したり、安い金額で手を抜かれてしまうケースがあります。

業者選びも良い工事にするために重要な要素になりますので、実際に選ぶ際に業者選びのポイントをチェックしてみてください。

 

適正価格で高品質な業者を選んで屋根を長持ちさせていきましょう!

 

【この記事を読んだ方におすすめ】

葺き替えで特におすすめなガルバリウム屋根について詳しく紹介しています。

ガルバリウムでの屋根リフォーム費用徹底解説!見積もり例6選