これで安心!5つのお手入れで和瓦の家を100年長持ちさせる方法

和瓦

和瓦は耐久性と重厚感のある、伝統的なデザインが魅力です。

定期的なメンテナンスを行えば、100年以上も持たせることが出来ます。

この記事では和瓦の特性と、何世代にもわたって長持ちさせるメンテナンス方法を紹介します。

後半では、雨漏りや地震対策に軽い屋根へのふき替えを考えている方に向け、お家への負担が少ない屋根材もお伝えします。

 

記事を読むことで、どのようなメンテナンスがお家に合っているのか判断できるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

1章 和瓦の特徴と種類

和瓦の特徴と種類を紹介します。

どのようなものか知っておくことで和瓦のメリットを生かしたメンテナンスが出来るようになります。

 

1-1 和瓦とは

和瓦

和瓦とは、陶器で作られた瓦です。

そのなかでも純和風の家にあう形状で作られたものをさします。

日本瓦、J形瓦(JはJapaneseの略)、和形瓦とも呼ばれています。

純和風の住宅でしか使わないイメージを持たれていますが、洋風の住宅で使われる場合もあります。

和瓦

出典:神清

重さは4045kg/1あります。

日本の住宅で最も多い、スレート(20kg/1)約2倍です。

 

■スレートの屋根スレート屋根

 

1-2【写真付】和瓦の種類は2種類

和瓦には大きく分けて2種類あります。

機能は同じですが、見た目や風合いが異なります。

 

釉薬瓦(ゆうやくがわら)

和瓦

表面にガラス質の釉薬をかけることで、様々な色の瓦を作ることができます。

つやのある風合いと、豊富なカラーバリエーションが特徴です。

鮮やかな色で色あせもしないので、長い間美観を保てます。

 

②いぶし瓦

いぶし瓦

製造の際に、空気を遮断して焼くことで燻したような質感になります。

お寺や神社のような、重厚感のあるイメージにできるので、より伝統的なデザインのお家にしたい方に人気です。

 

2章 和瓦の長所と短所

和瓦の長所を5つ短所を3つ紹介します。

今、和瓦のお家に住んでいる方なら瓦をそのまま生かすことで長所を最大限に生かせます。

また、短所が分かるとそれをカバーするためのメンテナンスを選ぶことができるようになります。

 

2-1 【長所①】屋根の塗装がいらない

和瓦は屋根の塗装は不要です。

なぜなら、雨水が瓦から家の中へ染みこむことがないからです。

ただし、どうしても色をかえたいという方向けに和瓦向けの塗料も販売されています。

屋根の色を変えたい方は塗装で色を変えましょう。

■和瓦に塗装可能な塗料の例

カタログ

出典:大同塗料株式会社

 

2-2 【長所②】100年以上持たせられる

和瓦は耐久性が高く、瓦自体は100年以上長持ちさせられます。

なぜなら1000℃以上の高温で焼いて作られるため、とても硬く強度があるためです。

台風などで強い衝撃を受けると、一部割れてしまう場合もありますが割れてしまったところだけ差し替えも可能です。

適切なメンテナンスさえ行えば、長持ちさせられます。

 

2-3 【長所③】断熱性能や遮音性能に優れている

和瓦は断熱性能に優れているため、夏や冬も快適にすごせます。

また、屋根の雨音が聞こえにくい遮音性にも優れています。

瓦と屋根の下地に空気の層があり、瓦自体も10~20mmと日本で一番多い屋根瓦のスレート瓦の倍以上の厚みを持っている為です。

瓦が厚い分外からの音が室内に伝わりにくくなり、新しい空気が常に通るようになっているので、熱がこもることなく快適にすごせます。

断熱性能とは

断熱性能が高ければ高いほど、外の暑さや寒さが室内に伝わりにくくなります。

その為、夏は涼しく、冬は暖かい状態に保てるので快適に過ごせます。

 

2-4 【長所④】純和風の住宅に合う、重厚感のあるデザイン

和瓦は和風のお家と一番相性の良い屋根です。

他の材質の屋根にも和風のデザインはありますが、同じ風合いを再現するのは難しいです。

そのため、伝統的なデザインにしたい方にとても人気があります。

 

2-5 【長所⑤】色やデザインが豊富

和瓦はカラーバリエーションが豊富で、10色以上から選べる商品もあります。

釉薬をかけて焼くことで、さまざまな色の瓦を製造できるためです。

和瓦

出典:株式会社鶴弥

 

そのため、和風建築以外の建物でも和瓦で施工するケースもあります。

また、色あせも少ないので美観が長持ちするのも魅力の一つです。

 

2-6 【短所①】初期費用が高額

新築で一から和瓦にしようとすると、1㎡あたり5,500円から13,000円程かかります。

材料費のコストが高いのと、和瓦は専門の施工業者が施工する必要があるためです。

例えば、日本の住宅に一番多い「スレート」の場合、1㎡あたり6,000円程と、和瓦の半分以下の費用です。

あまり初期費用はかけたくない、という方ならスレートや金属屋根など他の屋根材から検討しましょう。

 

2-7 【短所②】重いので家に負担がかかる

和瓦の重さはスレートの2倍になります。

そのため、リフォームで和瓦へのふき替えはおすすめできません。

家が和瓦の重さに耐えられないケースがあるためです。

和瓦以外の和風の外観にリフォームしたいという方なら、金属製のもので瓦のデザインを再現したものがあるのでその中から選びましょう。

 

2-8 【短所③】凍害現象が起こる場合がある

寒冷地の場合は、まれに「凍害現象」が起こる場合があります。

瓦から吸収された水が凍ることで体積が膨張し、内側から瓦を欠けさせてしまう為です。

家の中まで水は侵入しませんが、完全に吸収しないわけではありません。

特に寒暖差の激しい地域で起こりやすい現象です。

放置すると雨漏りの原因となります。

発生した場合は、専門業者に傷んでしまった瓦の交換を依頼することで対処可能です。

 

■凍害現象が発生した和瓦

凍害現象

出典:有限会社宮原窯業

 

3章 家を長持ちさせるメンテナンス5

和瓦には必要なメンテナンスが5つあります。

表面の塗装は必要ありませんが、瓦を固定する漆喰や部材は経年劣化してしまうためです。

知っておくと、適切なメンテナンスで雨漏りも防げるので屋根だけでなく家全体を長持ちさせられます。

 

3-1 10年に一度の屋根裏点検

10年に一度は屋根裏の点検を、専門業者に依頼しましょう。

瓦の表面から水が浸み込む心配はありませんが、屋根裏にある防水紙が傷んだままになっていると、雨漏りの原因となるためです。

築年数の古いお家だと、瓦の隙間から水が入ってくる場合があります。

雨漏りを防ぎ、長持ちさせるためにも必ず点検は依頼しましょう。

 

3-2 瓦の交換

和瓦

割れてしまっているものがある場合は交換が必要です。

割れたところから雨水が侵入し、雨漏りの原因となるためです。

アンテナが強風で倒れてしまったときや、雹など物がぶつかったことが原因で割れてしまうケースが多いです。

台風や雹のあとは必ず点検を依頼し、割れている場所は早めに交換を行いましょう。

 

3-3 漆喰補修

和瓦

漆喰とは、瓦と瓦の隙間を埋めて固定する役割をしています。

崩れていたり、剥がれていたら補修が必要です。

そのままにしておくと隙間から水が入り、雨漏りの原因となるためです。

コンクリート片が屋根の近くに落ちていたら、崩れた漆喰の可能性が高いです。

業者に点検や補修を依頼しましょう。

 

3-4 締め直し(積みなおし)

和瓦

締め直しとは瓦を一度剥がし、補修を行ってから、再度瓦をもとの場所に積みなおす工事です。

この工事ができるのは、和瓦が何十年と使用できる高い耐久性を持っているためです。

元の瓦をそのまま使用できるので、瓦の処分費用新しいものを取り寄せるコストが抑えられます。

コストを抑えて長持ちさせたいなら、締め直しでお家を長持ちさせましょう。

棟瓦部分のみ行う場合は、積みなおしとも言う

和瓦

瓦の頂上部分の瓦(棟瓦)のみ締めなおす場合は、積みなおしと呼ぶ場合があります。

台風で棟のみ崩れてしまうことがあるため、この部分だけ行う場合があります。

 

3-5 ふき替え

屋根葺き替え

雨漏りしてしまった場合や、耐震性能を高めたい場合は屋根のふき替えを行いましょう。

雨漏りしている場合は、屋根の下地を交換する必要があるためです。

また、和瓦よりも軽い屋根材にすることで地震の際の揺れを軽減する効果も得られます。

屋根材にはいくつか種類があり、見た目や機能も異なります。

人気のものを4章で紹介します。

お家にあった機能やデザインのものを選びましょう。

古い瓦をそのまま生かす「ふき直し」も可能

屋根の下地のみ交換し、既存の瓦を生かすことができます。

なぜなら雨漏りした場合でも、瓦自体は傷みが少ない場合があるからです。

ただし屋根の瓦全体が傷んでいて交換が必要な場合、全く同じ瓦でのふき直しができないこともあります。

瓦が廃盤になっているケースがある為です。

今までと同じ瓦の屋根を生かしたいという方は、ふき直しも可能かどうか、業者に必ず確認しましょう。

 

4章 人気の屋根材3

ふき替え工事の際に選ばれることの多い屋根材を紹介します。

どのようなものがあるのか知っていると、様々な性能やデザインのものの中から好みのものを選ぶことができます。

 

4-1 防災瓦

和瓦

出典:株式会社鶴弥

地震や台風に強く強風や揺れでも瓦が落ちにくい構造の瓦です。

初期費用は高額ですが、メンテナンスに掛かる費用を抑えたい方にお勧めです。

なぜなら、和瓦と同じメリットを持ちつつ従来の和瓦よりも軽量になるため、地震対策もできるからです。

材質や構造も和瓦と同じなので、屋根の塗装も不要なだけでなく断熱性や遮音性もそのまま保てます。

定期的なメンテナンスにかかるコストを抑えたい方や、純和風のデザインをそのまま残したい方におすすめです。

 

4-2 ガルバリウム鋼板

ガルバリウム

アルミ二ウムと亜鉛、シリコンで出来た合金の屋根材です。

和瓦からのふき替え工事で人気の屋根材です。

なぜなら、和瓦の8分の1と軽量であることと、錆に強く耐久性がある為です。

屋根材自体が薄いため、断熱性や遮音性は和瓦に劣ってしまいますが、断熱材を入れることでカバー可能です。

また、錆や色あせが発生する場合があるので、美観を保つために定期点検や塗装が必要です。

デメリットもメンテナンスでカバーできるものばかりなので、

一番お家に負担を掛けない方法なら、ガルバリウム鋼板がお勧めです。

 

和風のガルバリウム鋼板

ガルバリウム

出典:株式会社カナメ

和風のデザインをそのまま生かした仕上がりにすることも可能です。

シンプルなデザインだけでなく、和瓦の形を模した屋根材も作られている為です。

屋根を軽くしたいけれど、和風のデザインはそのまま残したい方に人気です。

 

4-3 スレート瓦

スレート屋根

セメントと繊維を混ぜて作られていて、コロニアルとも呼ばれています。

軽量な屋根にしつつ、コストを抑えた工事をしたい方向けです。

和瓦の半分ほどの重さまで軽くできるのと、ガルバリウムよりも材料費が安くすむ為です。

ただし、スレート自体には防水性能はないため最低でも10年に一度は塗装が必要です。

なるべく初期費用を抑えた工事をしたいなら、スレート瓦がおすすめです。

 

5章 ふき替え工事の相場は約90200万円

和瓦から他の屋根材にふき替える際の費用を紹介します。

デメリット・メリットだけでなく金額も分かると、予算やライフプランに合わせた屋根材を選ぶことができます。

実際の工事金額は屋根の面積の大きさで違う為、工事前に1度、専門業者へ見積もりを依頼しましょう。

 

■屋根材ごとのふき替え工事価格

相場

 

まとめ

和瓦は、他の屋根材に出せない風合いや重厚感のある雰囲気が魅力です。

屋根材の中で耐久性が一番高いため、定期的な点検適切なメンテナンスで長持ちさせられます。

耐久性以外にも、遮音性や断熱性の高さを持っているので、何世代にもわたって快適に暮らすことができます。

もしもふき替えをする際も、様々な屋根材があるので好みのデザインや性能のものを選ぶことができます。

あなたのお家にあったメンテナンスで、100年長持ちするお家を作りましょう!

 

屋根だけでなく、外壁もメンテナンスが必要でないかチェックしてみましょう。

外壁も適切なメンテナンスをすることで、お家をさらに長持ちさせられます。

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。