写真で解説!パナホームの外壁塗装|知っておくべき5つの注意点

パナホームのお家に住んでもう10年が過ぎ…

「そろそろ塗装の時期かも?」

「パナホームの外壁塗装のポイントって?」

と気になって調べているのではないでしょうか。

 

パナホームは、パナソニックグループ系列のハウスメーカーです。

現在はパナソニックホームズという名称になっています。※この記事ではパナホームと記載させていただきます。

パナソニックグループというだけあって住宅も、空調や照明などの電化設備が豊富で、独自の換気システムも導入しています。

そんなパナホームで建てたお家ですから、塗装メンテナンスもお家に合った方法で行ないたいですよね。

そこでこの記事では、パナホームの特徴と塗装時の注意ポイントを解説していきます。

ご自宅を長持ちさせる最適なメンテナンスをするためにぜひご覧ください。

また、記事の後半では塗装業者の選び方もご紹介。

どこの会社に依頼すれば良いか迷っている方は参考にしてみてください。

 


1章 パナホーム住宅の特徴

パナホーム

パナホーム住宅は鉄骨プレハブ工法(工場で部材をある程度組み立て、それを現場で組み上げる工法)で建てられます。

そのため、基本的には組み立てやすい四角い形をしています。

また、パナソニックグループなので、エアコンや照明などの設備が充実しており、独自の換気システム「HEPA+」も売りの一つです。

この換気システムによって、パナホームの家には煙突が付いていることが多いです。

煙突

煙突は天井を突き抜けている部分なので、雨漏りが発生しないように注意が必要です。

外壁としては、「キラテック」と呼ばれる光触媒タイル外壁や、「ハイセラコート」という特殊なコーティングがされたサイディング外壁があります。

外壁の種類によってメンテナンス方法が変わってくるので、詳しくは2章で解説していきます。


2章 外壁塗装の5つの注意ポイント

パナホームの外壁塗装は、良い塗料で丁寧に塗れば絶対に大丈夫!というわけではありません。

家や建材の特徴・状態に合った方法で行なうことが大切です。

あらかじめ注意点を知っておいて、納得のいく工事をしていきましょう。

 

2-1 塗装が必要な外壁かチェックする

塗装

パナホームの外壁塗装は築10~15年で必要になります。

ただ、外壁材の一つである「キラテック▼」というタイル外壁は塗装が不要です。

キラテック

出典:パナソニックホームズ

なぜならタイルは紫外線によって劣化しにくいからです。

また、塗料も密着しにくいため、無理に塗装をすると、剥がれてムラになってしまうことがあります。

反対にサイディング外壁や金属系の外壁は塗装が必要です。

紫外線によって表面の塗膜が劣化すると、サイディングは水を吸い込んで耐久性が低下し、金属は水に触れて錆が発生します。

パナホームには「ハイセラコート」という特殊なコーティングをしたサイディングがありますが、これも塗装が必要になります。

ただし、ハイセラコートは特殊なコーティングで、普通の外壁材より塗料が密着しにくいので、塗料の選定や事前の外壁点検が重要です。

 

>ハイセラコートのような特殊なコーティングのサイディングの塗装についてはこちら

2-2 付帯物も塗装で長持ちさせる

外壁塗装工事では、付帯物も塗装を行ないましょう。

付帯物とは破風板・帯板・軒天・雨樋・シャッターボックス、雨戸、換気フードなどの家に付随している部材のことです。

お家の付帯

こういった付帯物も紫外線や雨によって劣化してしまいます。

▼破風板(木・ケイカル板)の傷み破風板の剥離木部やケイカル板は水を吸って脆くなります。

▼水切りや雨戸などの鉄部の錆び
錆鉄部は雨に当たることで錆びやすくなります。

▼雨樋の傷み(塩化ビニル)雨樋 一部破損プラスチックと同じで紫外線によって固くなって割れやすくなります。

付帯物も放っておくと紫外線や雨・風によって耐久性が落ち、破損してしまうこともあります。

外壁と一緒のタイミングで塗装をして長持ちさせましょう。

 

2-3 塗装前に下地処理をする

ひび割れ 補修

外壁も付帯物も塗装に下地処理を行なってもらいましょう。

下地処理とは、ひび割れを埋める補修や、ヤスリなどで表面を平らにする作業のことです。

下地処理

下地処理を行うことで、素材に塗料が密着して、長持ちさせることが出来ます。

塗装工事ではとても大切な作業ですが、中には手間を省いて下地処理をせずに塗装してしまう業者もいます。

そのため、見積もりをもらった際に下地処理がきちんと項目に入っているかなど確認しておきましょう。

 

2-4 屋根の煙突付近も点検する

煙突

パナホームの家には煙突が付いていることが多いです。

屋根に煙突がある方はその付近も点検してもらいましょう。

煙突は天井を突き破って外に繋がっている部分なので、雨漏りが起こりやすい場所でもあります。

そのため、雨が浸入する劣化が起きていないか定期的にチェックすることが重要です。

 

▼煙突の外壁表面が剥がれている状態

peeling

外壁に水が染みている証拠です。原因を探り、雨漏りしないように補修をします。

状態によって、すべき補修・対処は変わります。

外壁塗装と一緒にメンテナンスを行ないましょう。

 

>煙突だけでなく、屋根の天窓(トップライト)からの雨漏りにもご注意ください。

 

2-5 スレート屋根は「縁切り」をする

パナホーム住宅でスレート屋根だという方は、塗装の際に「縁切り」を必ずしてもらいましょう。

縁切りとは、屋根同士が塗料でくっつかないようにするための作業のことです。

縁切り作業を行わないと、塗装後に雨漏りしてしまう恐れがあります。

▼縁がくっついてしまって、雨が溜まってしみ込んでいます。

縁切りされていない屋根

この状態で放置するとやがて逃げ場を失った雨水が天井裏に溜まり雨漏りしてしまいます。

 

昔は塗装後にカッターで塗膜を切っていましたが、現在は「タスペーサー」という部材を下塗り後に挿入する方法で縁切りをしています。

タスペーサー

見積もりにタスペーサーや縁切り作業が入っているか確認しましょう。

 

>タスペーサーについてはこちら

外壁塗装セミナー

3章 あなたに合った業者の選び方

外壁塗装工事で悩むのが、「どの業者に依頼するか」ですよね。

パナホームのような大きいハウスメーカーでお家を建てた方は、ハウスメーカーにメンテナンスも頼むのが良いのか、塗装専門店に依頼するのが良いのかでも悩むかと思います。

この章では、それぞれの特徴と一緒にあなたに合った業者の選び方をご紹介します。

比較表

3-1 ブランド重視ならハウスメーカー

塗装も建てたハウスメーカーに頼みたい、安定した企業に頼みたいという方は、パナホームに依頼するのがおすすめです。

メーカーによる定期点検を受けて、メンテナンスを行なっていきましょう。

ただし、全てメーカーの言いなりになってしまうと、やらなくてもよかった工事をしてしまうことも。

今後のメンテナンスやライフプランを担当者と相談しながら納得のいく工事を行なっていきましょう。

 

>外壁塗装をハウスメーカーに頼もうか迷っている方はこちらの記事もご覧ください。

 

3-2 価格・品質重視なら塗装専門店

塗装職人

価格・品質重視で塗装工事をしたい方は塗装専門店がおすすめです。

パナホームでも外壁塗装を依頼することが出来ますが、下請けの塗装職人に工事を委託するため、

・下請けの職人によって品質にバラつきが出る

・中間マージンがかかって費用が割高になる

などの恐れがあります。

それと比較して塗装専門店の場合は自社で塗装職人を抱えているため、安定した品質・適正価格で工事をする事が出来ます。

ただし、注意してほしいのが、「塗装専門店だからといって全ての業者が優良というわけではない」ということです。

中には知識がない業者や手抜きをする業者もいます。

そのため、高品質・適正価格で工事したい方は以下の点をクリアした業者を選んでください。

・点検に6090分かけてくれる

・お家の状態や塗装の提案を分かりやすく説明してくれる

・見積りの内容が詳細で分かりやすい(一式表記が多いのはNG)

・塗料メーカーからも保証が付く

・工事後、アフターフォローがある

安心して任せられる業者を見極め、満足のいく工事にしましょう。

 


パナホームの保証について

外壁塗装を他の業者にお願いすると、パナホームの保証が切れてしまうのでは?と心配な方もいらっしゃるかと思います。

パナホームには「60年長期保証延長システム」という制度あります。

定期的な点検と有償補修を行なうことで保証を60年まで延長することが出来ます。

パナホーム保証システム

出典:パナホーム

ただし実はこれは、定期的な点検費用が無料、という保証です。

劣化に対しての補修費用は有料となります。

そのため、他業者で塗装をしてもその会社の保証でアフターメンテナンス・点検が受けられれば特に問題はありません。

定期的な点検のためにパナホームの高い費用で塗装をするのはもったいないな、という方は、保証がしっかりした塗装専門店を選ぶことをおすすめします。

パナホームの外壁塗装ならユーコーコミュニティー!

事例

パナホームの外壁塗装をお考えなら、東京・神奈川の塗装専門店、ユーコーコミュニティーにお任せください!

・15,000件以上の豊富な施工実績
・国際規格ISO9001(品質)&14001(環境)ダブル認証取得

で適正価格・高品質な塗装工事を提供します。

パナホームの施工実績も豊富で

屋根や外壁の種類・状態を丁寧に点検し、適切なメンテナンスをご提案します。

外壁 点検

点検報告

また、最長10年の施工店保証&メーカー保証永続的なアフター点検で工事後も安心!

業者選びでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

無料点検・見積りはこちら


まとめ

パナホーム住宅は、設備が豊富で独自の換気システムも特徴的です。

それにより煙突が付いているお家も多いです。

また、外壁材には、ハイセラコートという特殊コーティングがされたものや「キラテック」という光触媒タイルを採用しています。

種類によって塗装必要・不要が分かれるので、ご自宅に合ったメンテナンスを行ないましょう。

■外壁塗装の5つの注意ポイント
・塗装が必要な外壁かチェックする
・付帯物も塗装で長持ちさせる
・塗装前に下地処理をする
・屋根の煙突付近も点検する
・スレート屋根は「縁切り」をする

■業者の選び方
・ブランド重視ならハウスメーカー
・価格・品質重視なら塗装専門店

家族のために建てた大切なお家。

これからも長く住んでいけるよう、適切なメンテナンスを行なっていきましょう。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

◆外壁塗装の適切な費用相場が知りたい方はこちらをご覧ください。
30坪|グラフでわかる外壁塗装ホントの費用相場と正しい見積もり内容
40坪|グラフでわかる外壁塗装ホントの費用相場と正しい見積もり内容

 

あなたのお家のための、オンリーワンのご提案!ユーコーの無料見積もり

「実際の金額ってどのくらい?」

「うちはどんな塗料を使えばいいの?」

「相談したいことがあって……」

 

外壁塗装を考えていると、気になることはたくさんありますよね。

大切なお家だからこそ、ベストな内容・金額で工事したいと思うでしょう。

 

ユーコーコミュニティーではそんなお客様のために、

どこにも負けない【オンリーワンの無料見積もり】サービスを行っています。

 

ユーコーの見積もりは…

  • 外壁+屋根の点検とお見積りがすべて無料!ドローンも!
  • 点検で撮ったお写真は「点検報告書」として無料進呈。
  • 内容はスタッフが丁寧に解説。初めての方もお家の状態や塗装工事の中身がわかる!
  • ご要望や不安点もヒアリングし、あなただけのオンリーワンのご提案。
  • 見積書は工程ごとに分かれて明瞭!複数パターン作成もできます。
  • 相見積もりOK!他社様との比較にもご利用ください。

 

この無料見積もりで、あなたのお家に本当に適した塗装工事と費用感が理解できます。

まずはお気軽にご利用ください。

 

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!