屋根の葺き替え時期は20~30年!劣化症状4つと費用相場を全解説

いつかは必要になる屋根の葺き替え工事

具体的にいつ頃に行なえばいいのか分からず、調べているのではないでしょうか。

 

屋根は定期的に塗装メンテナンスを行なっていても、耐用年数を過ぎると葺き替え工事が必要になります。

必要な時期に葺き替え工事を行なわず放っておくと、屋根が雨漏りしてしまいお家全体の寿命を縮めてしまいます。

 

ただ、屋根材の種類によって耐用年数も様々ですし、寿命が来るタイミングも立地や環境によって多少差が出ます。

そこでこの記事では、屋根を葺き替えが必要になる目安の年数と劣化症状を解説していきます。

 

また、葺き替え工事にいくら必要なのか事前に知っておくことも大切なので、屋根葺き替え工事の費用相場もご紹介します。

葺き替えでおすすめな高耐久の屋根材についてもご紹介しますので新しい屋根材選びの参考にしてみて下さい。

 

記事の後半では、優良業者を選ぶポイントも解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

葺き替え工事が必要な時期や費用を把握して、実際の工事に備えていきましょう!

 


1章 屋根の葺き替え工事の時期

屋根の葺き替えがいつ、どんな状態になったら必要になるのか解説していきます。

時期が来ているのに葺き替えを行なわないと、お家全体の寿命が縮んでしまいますのでご自宅の状況と照らし合わせて確認していきましょう!

 

1-1 目安の年数

屋根の葺き替え工事が必要になる、目安の年数は築20~30年です。

屋根は一般的にセメントや金属で出来ていますが、2030年ほどで、耐久性が低下しボロボロになったり、錆が発生してしまったり寿命が訪れます。

 

ただし、屋根材の種類によって耐用年数に差が出るので、ご自宅の屋根の耐用年数を知っておきましょう。

以下が屋根材別の耐用年数です。

屋根材別の耐用年数表

各屋根材の耐用年数は上記の通りですが、塗装などのメンテナンスを怠ると耐用年数が短くなります。

そのため上記の年数よりも早い段階で葺き替え工事が必要になる場合があります。

また粘土瓦に関しては、瓦自体は耐久性が高く半永久的に持ちます。

しかし瓦の内部に敷かれた防水シートは2030年ほどで劣化してしまい雨漏りしてしまう恐れがあります。

そのため築2030年で葺き替え又は、葺き直し(防水シートだけ交換し同じ瓦を葺く工事)が必要になります。

 

1-2 葺き替えが必要な劣化状態4

葺き替え工事が必要になる時期の目安は2030年ですが、立地や環境によって実際に必要になるタイミングに差が出ます。

そのため、今がそのタイミングだ!と分かるように葺き替えが必要な劣化症状についてもご説明します。

これから紹介する劣化症状があれば葺き替えの時期が来ていますので、業者に屋根を点検してもらい症状が出ていないか確認しましょう。

 

①広範囲にわたるひび割れ・欠け

ひび割れ

ひび割れ

耐用年数が近づくと、ひび割れや欠けが起きやすくなります。

ひび割れた屋根のかけらは落下の危険性もあるので、早急に葺き替え工事を行ないましょう。

 

②コケの繁殖し根付いている

コケ

屋根の防水性が落ちて、湿気を含み続けるとコケが繁殖して根付いてしまいます。

コケが根付くと屋根の強度は落ちてボロボロになってしまうので、この状態になったら葺き替えが必要です。

 

③屋根が柔らかくなっている

耐久性低下

屋根に登った時に、フカフカする場合は、屋根材内部の野地板まで水が浸透してしまっている恐れがあるので早急に葺き替え工事が必要です。

 

④すでに雨漏りしている

雨漏り

既に天井や屋根裏に水が染みてしまっている場合は、葺き替え工事が必要になります。

雨漏りが深刻になる前に、対処しましょう。

 

◆スレート屋根の場合は、雨漏りしていなけれは新しい屋根を被せる「カバー工事」をする事も可能です。詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 


2章 葺き替え工事の費用相場

屋根葺き替え

葺き替え工事にかかる費用は一般的な30坪のお家でも90~250万円と幅があります。

なぜなら、現在設置されている屋根の種類によって撤去・処分費に差が出るためです。

特に瓦屋根は、取り外すのに手間や時間もかかりますし、重量もあるので、他の屋根材よりも撤去・処分に費用がかかってしまいます。

 

▼屋根材別 葺きかえ費用相場

現在の屋根

葺き替え費用相場

スレート

95~220万円

120~250万円

金属(トタン)

90~200万円

また、新しく選ぶ屋根材によっても費用は変動します。

次章で葺き替えにおすすめの高耐久屋根材をご紹介していきます。

 

◆葺き替え工事を補助金でお得にしたい方はこちらの記事もご覧ください。

 


3章 葺き替えでおすすめの屋根材3

葺き替え工事で新しく選ぶべきおすすめの屋根材をご紹介します。

各種見た目や性能は様々ですが、どれも耐久性が高いものなのでご自宅に合ったものを考えながら見ていきましょう!

 

3-1 高耐久でシンプル|ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板屋根

特徴

軽量で錆にくい金属屋根。防水性が高く寒冷地にもおすすめ。

耐用年数

20~30

単価

5,000~10,000/

デザイン

シンプルな見た目。細かい凹凸をつけて落ち着いたデザインもある

 

まず初めにご紹介するのが、ガルバリウム鋼板の屋根材です。

ガルバリウム鋼板はアルミニウム・亜鉛合金めっきの加工金属で、トタンよりも丈夫でさびにくい金属屋根です。

とても軽いので、耐震性も問題ありません。

シンプルなデザインなのでどんなお家にもマッチする選びやすい屋根材です。

 

◆ガルバリウム鋼板の種類についてより詳しく知りたい方はこちら

 

 

3-2 洋風でおしゃれ|アスファルトシングル

アスファルトシングル屋根

特徴

表面に石粒が付いているシート状の屋根材。複雑な屋根の形にも対応できる。

耐用年数

15~30

単価

5,000~8,500/

デザイン

洋風でおしゃれなデザイン。カラーバリエーションも豊富。

 

続いてご紹介するのがアスファルトシングルです。

アスファルトシングルはシート状の屋根材で、ドーム型などの複雑な屋根にも対応できます。

また、ガルバリウム鋼板同様、軽量なので、耐震性も高いです。

 

欧米などで使用されることが多い屋根材なのでおしゃれで外国のお家のような仕上がりになります。

 

3-3 重厚感のあるデザイン|軽量瓦

軽量瓦

特徴

耐久性が高くメンテナンスが要らない。軽量で耐震性が高い。

耐用年数

20~40

単価

6,000~12,000/

デザイン

瓦屋根のような見た目で重厚感がある。

 

最後にご紹介するのが、軽量瓦です。

粘土瓦の短所である重さを解消した瓦で種類によってセメントで出来たものや金属で出来たものがあります。

費用は他2つの屋根よりも高額ですが、非常に耐久性が高く高級感もあります。

和風建築のお家にとてもマッチする重厚感のあるデザインです。

 


4章 高品質で適正価格の業者を選ぶ3つのポイント

屋根は下から見えない場所なので、工事は丁寧にやってくれる業者を選ぶことが重要です。

中には、住んでいる方に見られないからと適当に作業をしてしまう職人もいますので、優良業者を見極めて低品質工事を防いでいきましょう。

 

4-1 屋根に登って点検してくれる

屋根 点検

屋根に登って点検してくれる業者を選びましょう。

点検で屋根に登るなんて当たり前じゃない?と思われる方もいらっしゃると思いますが、実は屋根に登らず面積だけ測って見積もりを出してくる業者もいます。

ただ、屋根は実際に登って様子をみないと、本当に葺き替えが必要な状態なのか確認できません。

現在どうなっているのかを確認してもらい、写真を撮ってもらってご自身の目でも確認するようにしましょう。

 

◆屋根に登られたくなかったり、屋根の傾斜がきつく登れない場合は高所カメラドローンで点検してもらえると安心です。

 

4-2 工事中に職人以外の管理担当が確認に来る

二重チェック

工事中の管理体制についても質問しておきましょう。

業者によっては工事を全て下請けの職人に任せっきりで一切に現場に来ないところもあります。

もちろん誰も見ていなくても丁寧にやってくれる職人さんもいます。

ただ、誰も確認に来ないと、手を抜いてしまったり、雑な工事をしてしまう職人さんも少なくないです。

 

葺き替え工事は屋根を一からまた葺き直していくとても重要な作業です。

屋根は見えない場所なので職人だけでなく、管理担当も現場に来て作業を確認してくれると安心です。

 

4-3 工事後に施工写真をもらえる

施工写真

工事が終わった後に、工事の様子が分かる写真をもらえるか確認しましょう。

屋根の工事はきちんとした工程が重要なので、完成した様子だけでなく、中間の作業の様子もチェックできると安心です。

野地板を補修しているか、防水シートを隙間なく敷いているか、屋根も綺麗に葺かれているかを写真に撮り、工事後にまとめて渡してくれるか事前に確認しておきましょう。

 


まとめ

いかがでしたか。

屋根の葺き替え時期の目安は築20~30年ごろです。

ただし、屋根の種類やお住まいの立地などによって劣化状態が変わるので、以下の症状が来たら葺き替えを検討しましょう。

▪広範囲にわたるひび割れ・欠け

▪コケの繁殖し根付いている

▪屋根が柔らかくなっている

▪すでに雨漏りしている

 

屋根の葺き替え工事は安い工事ではないですから、いつかのリフォームに備えて貯蓄しておきましょう。

また実際の工事では満足のいく工事にするために優良業者を見極めていきましょう!

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

◆葺き替え工事を予定している方は工程も把握しておきましょう。
⇒屋根葺き替え工事の全7工程を徹底解説!失敗しない業者選びのコツ

◆屋根葺き替え工事の詳しい費用が知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
⇒屋根葺き替え費用相場がわかる!適正見積りのコツと費用を抑える方法

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!