【令和3年度版】町田市の外壁塗装・リフォーム助成金制度を徹底解説

町田市

外壁塗装工事でも、助成金がもらえるって聞いたけど…

「町田市でも外壁塗装の助成金はある?」

「申請方法や条件は?」

と気になって調べているのではないでしょうか?

 

確かに自治体によっては外壁塗装工事に助成金、又は補助金が出る場合もあります。

しかし、残念ながら2021年4月時点では、町田市に外壁塗装の助成金・補助金制度はありません

 

ただ、その他の工事で助成金が出るリフォームはあります。

本記事では、町田市で助成金が出るリフォームの対象条件や申請方法について解説していきます。

外壁塗装以外にもリフォームをお考えの方はぜひご覧ください。

 

また、助成金以外で外壁塗装工事をお得にする方法もご紹介。

少しでも費用負担を減らして塗装をしたい方はお役立てくださいね。

 


1章 現時点では町田市に外壁塗装の助成金制度はない!

補助金出ない

2021年4月現在、町田市には外壁塗装工事が対象となる助成金(補助金)制度はありません。

そのため、助成金を活用して塗装をお得にするのは難しいです。

 

ただし、外壁塗装工事以外で助成金が出るリフォームはあります。

塗装と一緒にリフォームしたいところがある方はチェックしてみましょう。

 

>外壁塗装工事をお得にしたい方は、3章をご覧ください!

 


2章 町田市の住まいに関する助成制度

町田市の住まいに関する助成制度をご紹介します。

外壁塗装以外に気になるところがある方は、チェックしてみましょう。

 

※一部令和2年度時点の助成金制度です。

 

2-1 バリアフリー化改修工事

バリアフリー

町田市ではバリアフリー化工事に助成を行なっています。

ただし、すでに工事が始まっているものや終わっているものに関しては助成の対象外となるので注意しましょう。

 

対象住宅・対象者

・市内の個人住宅、または集合住宅のうち自己の居住のための専用部分

※明らかな違反建築の場合は助成できません。

※介護保険課および障がい福祉課で行っている住宅改修助成制度の助成対象でないことが条件となります。(ホームエレベーター等の据付工事は除きます。)

※助成金の交付は、対象となる住宅1棟につき1回限りです。(旧町田市住宅改修助成金の利用を含む)

・市内に住所を有し、対象の住宅の所有者の方

・納期の経過した市税を完納している方

 

助成金額

助成対象工事に要した経費に助成率5分の4を乗じた額(千円未満切捨て)

上限金額:10万円

助成率:5分の4

 

対象工事

対象工事

出典:町田市ホームページ

申請の流れ

5月14日(金)から先着順で受付。

手続きの流れはこちらから

 

2-2 木造住宅の簡易耐震診断(無料)

耐震

この助成制度は、市が委託する建築士が、無料で木造住宅の簡易耐震診断をしてくれるというものです。

診断と共に、耐震化の方法や助成制度等についてもアドバイスしてくれます。

 

対象となる住宅

下記を全て満たすもの。

・町田市内にあること

・昭和56531日以前に着工していること

・個人が所有(共有を含む)していること

・一戸建て木造住宅(在来軸組工法、伝統的工法、枠組壁工法によるもの・賃貸住宅を除く)

※すでに市の耐震助成制度を利用している場合は利用不可

※店舗等との併用住宅の場合は、居住のための専用部分が1/2以上のもの

※明らかな違反建築である場合や建物の構造・形態によっては診断ができない場合がある

 

申請の流れ

1、必要書類を用意する。

・建築確認通知書、検査済証、登記簿謄本、建築確認記載事項証明書のいずれか一点

・対象建築物の図面

・簡易耐震診断申請書

ダウンロードはこちらから

2、書類を記入する。

3、直接、町田市の住宅課窓口へ行き、書類を提出。

※申請者は、建物所有者です。

※申請された内容は、市から簡易耐震診断業務を委託する「指定機関」に情報提供をします。

 

2-3 耐震シェルター等設置工事

耐震シェルター

出典:家仲間コム

この制度は、木造住宅に耐震シェルター等を設置する費用の一部を助成してくれる制度です。

市が「木造住宅耐震アドバイザー」を派遣し、専門的見地から設置についての必要なアドバイスを行なってもらうことが出来ます。

 

※耐震シェルター…住宅内の一部に木材や鉄骨で強固な箱型の空間(シェルター)を作り、安全を確保するもの

 

対象となる住宅

下記を全て満たすもの。

・町田市内にあること

・一戸建て木造住宅※店舗等との併用住宅の場合は、居住のための専用部分が1/2以上のもの

・昭和56531日以前に着工していること

・個人が所有(共有を含む)していること

・自らが居住していること

・自ら所有していない場合は、所有者に設置の同意が得られていること

・納期の経過した市税を完納していること

※助成金の交付は、対象となる住宅1棟につき1回限りです。

※すでに市の耐震改修工事の助成制度を利用した方は、ご利用いただけません。

 

助成金額

・一般世帯…上限20万円

・高齢者世帯…上限50万円

※高齢者世帯…高齢者世帯とは、20歳以上65歳未満の方(身体の障がいの程度が1級または2級の方を除く)がいない世帯で、かつ年間所得が200万円以下の世帯

 

申請の流れ

1、事前相談

2、事前調査

3、申請

4、決定通知書の送付

5、耐震シェルターの設置

6、実績報告書の提出

7、確定通知書の送付

8、助成金請求

必要書類の確認とダウンロードはこちらから

 

2-4 精密耐震診断・耐震設計・耐震改修工事・除却工事助成制度

耐震診断

この制度は、木造住宅の精密耐震診断・耐震設計・耐震改修工事・除却工事に必要な経費の一部を助成してくれる制度です。

 

助成対象者

精密

・市の簡易耐震診断を受けている。

・耐震改修事業が必要であると診断された木造住宅を所有している。

・既に納期の経過した市税を完納している。

設計・工事

・市の精密耐震診断助成を受けている。

・耐震改修事業が必要であると診断された木造住宅を所有している。

・既に納期の経過した市税を完納している。

除却

・市の簡易耐震診断を受けている。

・耐震改修事業が必要であると診断された木造住宅を所有している。

・既に納期の経過した市税を完納している方です

 

助成金額

精密

精密耐震診断に要した経費の2分の1(上限10万円)

設計

耐震設計(簡易耐震設計)に要した経費の2分の1(上限10万円)

工事

・耐震改修工事に要した経費の2分の1(上限100万円)

・簡易耐震改修工事に要した経費の2分の1(上限50万円)

※パターンによって変動

除却

住宅の除却工事に必要な経費と当該住宅を耐震改修した場合に必要な経費に相当する額のいずれか低い額の2分の1(上限50万円)

 

申請の流れ

令和3年度の申請が開始されました。

>詳しくはこちらをご覧ください。
木造住宅の精密耐震診断・耐震設計・耐震改修工事・除却工事助成制度

 

外壁塗装セミナー

3章 助成金以外で外壁塗装をお得にする方法

助成金を活用する以外にも、外壁塗装をお得にする方法はあります。

費用負担を減らして工事をしたい方は試してみてください!

 

3-1 塗装専門店に依頼する

塗装業者

塗装工事を割高で行うのを防ぐためには、塗装専門店に依頼しましょう。

塗装工事は、塗装専門店だけでなく、ハウスメーカーや工務店、農協、電気店なども請け負っています。

しかし、そういった業者では、下請けや孫請けに工事を委託するため、マージン(差金)が発生します。

中間マージン

特に建てた工務店やハウスメーカーは信頼できるからと依頼する人も多いですが、実は費用が高く損してしまう恐れがあります。

そのため少しでもお得に工事したい方は、塗装専門の業者に依頼することをおすすめします。

 

3-2 キャンペーンを利用する

キャンペーン

塗装会社では、割引キャンペーンを行なっている場合があります。

(例)新春キャンペーン、秋のリフォームキャンペーン、塗料在庫一掃セール など

キャンペーンを利用することで520%ほど費用がお得になることも。

お得に工事したい方は、キャンペーンがあるかどうかも確認してみることをおすすめします。

 

※ただし、明確な理由のない高額値引きキャンペーンはNG!

NG値引き

費用が安くなる明確な理由がないのに、50万円以上の値引きがある場合は注意が必要です。

(※特別値引き、モニター割引 など)

値引き前の見積もりが相場よりも高いか、必要な工程を削っている恐れがあります。

費用が安くても品質が落ちてしまっては意味がないので、品質も重視しましょう!

 

3-3 火災保険を活用する

台風

自然災害でお家の一部でも被害に遭った方におすすめの方法です。

風災(台風・強風・雪等)で雨どい、屋根、ポリカなど、被害に遭った場所がある方は火災保険を申請しましょう。

 

雨樋や屋根などの高所部分の破損は修繕に足場が必要になります。

そのため、保険で修繕が出来れば、ついでに外壁塗装を行うことで足場費用を浮かせることができます。

 

ご自宅で風災の被害に遭っている場所がある場合は、保険申請を行なってみましょう。

※申請条件は保険会社によって変わるので、ご加入の保険の内容を確認しましょう。

 

>火災保険の申請方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 

★大きいお金を準備出来ない方にはローンもおすすめ!

外壁塗装は決して安い工事ではありません。

今すぐ工事したいけど、大きなお金が用意できない!という方には、ローンを利用しての外壁塗装がおすすめです。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

 


まとめ

いかがでしたか。

町田市では、現時点では外壁塗装に助成金がもらえる制度はありません。

ただし、他のリフォーム工事では以下のような助成制度があります。

・バリアフリー化改修工事

・木造住宅の簡易耐震診断(無料)

・耐震シェルター等設置工事

・精密耐震診断・耐震設計・耐震改修工事・除却工事助成制度

 

外壁塗装以外にもリフォームをお考えの方は、ぜひ助成制度を活用してみてください!

 

また、助成金を活用する以外にも外壁塗装をお得にする方法はあります。

費用負担を減らしたい方は以下のような方法を試してみてください!

①塗装専門店に依頼する

②キャンペーンを利用する

③火災保険を活用する

 

様々な方法を活用し、お得に工事していきましょう!

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

◆外壁塗装を安く抑える方法について知りたい方はこちら
知って得する!外壁塗装を安く抑える7つの方法とNG値引きを全解説

◆外壁塗装は安すぎる見積もりの危険についても把握しておきましょう
外壁塗装の安すぎる見積もりには“裏”がある!5つの危険を徹底解明

 

[無料] 失敗しない外壁塗装セミナー WEB開催中!

「外壁塗装について、もっと知識をつけたい。

「でも、どこで勉強すれば…?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方はぜひ、WEB外壁塗装セミナーにご参加ください。

いま塗装をご検討中の方はもちろん、将来のメンテナンス計画立てにもお役に立ちます。

ユーコーのWEBセミナーは、

  • 4,200名以上が参加した『失敗しない外壁塗装セミナー』をオンライン配信!
  • パソコンやスマホでご自宅から気軽に参加できる
  • 業者選びのポイント、費用相場、塗料の種類などを60分で分かりやすく解説
  • 経験豊富な講師による、事例・データに基づいた内容で安心
  • チャットで直接質問もOK!

ご自宅でくつろぎながら、塗装工事で失敗しないための知識が身に付きます。

すべて無料で開催中ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

※神奈川・東京にお住まいの方限定のセミナーとなっております。ご了承くださいませ。

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!