ヘーベルハウス外壁塗装3つの注意点と業者選びのコツを専門家が解説

ヘーベルハウス 外壁塗装

ヘーベルハウスで建てた我が家も、そろそろ外壁塗装の時期かもしれない。

塗装のときに気を付けるべきことは何だろう?

こだわりの家だからこそ正しいメンテナンスをしたい、と思って調べている方も多いのではないでしょうか。

 

ヘーベルハウスは、旭化成建材のALC外壁(へーベルパワーボード)を用いた大手住宅メーカーです。

適切なメンテナンスをすることで60年以上住み続けられる、高性能住宅の代表格です。

ただ、ALCは他の建材と少し異なる点もあるため、塗装時には正しい知識や技術が必要になります。

 

そこで本記事では、ヘーベルハウスの住宅の特徴や基礎知識外壁塗装の際の注意点を、住宅メンテナンスの専門家が分かりやすく解説します。

正しいメンテナンス方法を知って今後に備えましょう。

 

またヘーベルハウスの場合、塗装もメーカーに頼んだほうが良いのか、それとも別の業者を探すのか、という悩みも出てくると思います。

「どこで塗装するのか」についても選び方のポイントをまとめましたので、検討の際はぜひ実践してみてください。

 

最後までお読みいただければ、ヘーベルハウスのお家の適切な外壁塗装ができるようになります。

安心して長く住み続けられるお家にするために、ぜひじっくりご覧くださいね。

 


1章 ヘーベルハウス住宅の特徴

  • ヘーベルの特徴

ヘーベルハウスの住宅はALC外壁(軽量気泡コンクリート)を使用しています。

耐震性、耐火性、断熱性が高く、大型のマンションなどにもよく使われるほど優秀な建材です。

「ヘーベルパワーボード」は旭化成建材のALC外壁の商品名です。

適切なメンテナンスをすれば60年以上使うことができます。

 

一方、ALCの弱点は水を吸い込むと脆くなる、ということです。

10~15年程度で外壁塗装をして、建物を防水してあげる必要があります。

 

ヘーベルハウス 外壁塗装

またALCは四方に目地コーキング(パネルのつなぎ目)があります。

一般的なサイディング外壁は縦目地だけなので、ALCの方が目地が多くなります。

目地が傷むと雨漏りのリスクがあるため、ここも適切なタイミングで補修が必要です。

 

見た目については、重厚感のあるデザインが特徴的です。

ALC自体の形状も種類が豊富ですし、仕上げの塗装には石材のような多色吹き付けがされている場合もあります。

 

またヘーベルのお家は基本的に鉄骨造です。

2階建ては軽量鉄骨、3階建ては重量鉄骨になっていることが多いです。

木造住宅と比べて耐久性が高く、シロアリ被害の恐れも少ない造りです。

ただし、建築コストが高く、間取りを変えるような大規模リフォームは難しい、というデメリットもあります。

 


2章 外壁塗装時3つの注意点

ヘーベルハウスの住宅を長く保つためには、正しいメンテナンスがとても大切です。

誤った施工をしてしまうと、かえってお家の寿命を縮めてしまいます。

ここでは、特にヘーベルハウスのお家で注意すべきポイント3点解説します。

施工業者を選ぶ際や工事の前には、ここがきちんと押さえられているかチェックしましょう。

 

2-1 目地補修は状態を見て判断する

ALC 目地

ALCはボード状の外壁のため、つなぎ目(目地)にコーキングが使われています。

ここが劣化すると水が侵入してしまうため、メンテナンスが必要です。

痩せた目地の上に新しいコーキングを足す「増し打ち」と、古い目地を全て撤去して新しく交換する「打ち換え」があります。

 

一般的なお家は、外壁塗装のときには目地も全て打ち換えをしてあげる必要があります。

ただヘーベルハウスの場合、新築時に目地の上にも塗装してあることがほとんどのため、『普通のお家よりも目地劣化が少ない』ことが多いです。

 

そのため、よくヘーベルも推奨しているのは、初めての塗装のときは増し打ち、2回目の塗装のときは打ち替え、と交互にしてあげるようなメンテナンススケジュールです。

今回のコーキング工事をどちらで行うのかは、業者に確認しておきましょう。

 

■ヘーベルハウスのメンテナンススケジュール例

ヘーベルALCメンテナンス説明書ヘーベルALCメンテナンス説明書

出典:旭化成建材

ヘーベルパワーボードのメンテナンス例では、15年おきに塗装する場合、15年目と45年目は増し打ち、30年目は打ち替えという想定になっています。

 

◆目地補修について詳しくはこちら

 

2-2 ALCに適した塗料を選ぶ

ヘーベルハウスのお家を塗装する際は、ALCに適した塗料を選びましょう。

特に下塗り3回塗りのうち1回目の工程)が、素材に合ったものかは重要です。

ALCに適した塗料かどうかは、塗料メーカーのホームページやカタログの「適用下地」の欄を確認しましょう。

 

ALCに使える塗料カタログの例

ALC適用塗料のカタログ

出典:日本ペイント ニッペ水性パーフェクトシーラー

ALC」や「コンクリート」という記載があるものを使います。

 

またヘーベルハウスの外壁は、石材のような細かい色柄のデザインがついている場合があります。

この質感を保ちたい、また同じような重厚なデザインに塗り替えたいという場合は、通常の塗料ではなく「多彩模様塗料を使いましょう。

多彩塗料

普通の塗装は単色なので、もともとの色柄はすべて塗りつぶされてしまいます。

しかし多彩模様塗料は、中に小さなカラーチップなどが入っているため、いくつもの色が重なってできる重厚感、高級感を演出することが可能です。

デザインにこだわりたいという方は、ぜひ多彩模様塗料を選びましょう。

 

◆多彩模様塗料についてはこちら

 

※まれに、「ヘーベルの壁はヘーベルしか扱っていない専用塗料でないとダメ」と思っている方がいらっしゃいますが、これは間違いです。ハウスメーカーが自社で塗装してもらうための営業トークです。

国内の塗料メーカー各社は、ヘーベルハウスを含めたALC向け塗料を多数販売しています。

様々なグレードやデザイン、性能の塗料があり、皆さまご自身で塗料選びができます。

へーベル以外の塗装店では工事できないということはありませんので、ご安心ください。

 

2-3 屋上防水・屋根も一緒にメンテナンス

ALCのお家

ヘーベルハウス住宅をメンテナンスするときは、屋根や屋上防水、ベランダ防水も合わせてお手入れをしてあげましょう。

どんなに外壁をお手入れしても、その上にある屋根や屋上が傷んで水が回ってしまったら、結局お家全体を弱らせてしまうからです。

 

外壁の塗装時期である築1015年前後は、屋根なども丁度お手入れ時期です。

点検・見積もりをお願いするときは、お家全体をしっかり見てもらい、一緒にできる工事はまとめて実施しましょう。

 

特に、ヘーベルハウスのお家は、普通よりも少し大きいお家が多いです。

そうすると足場代金もやや高くなるため、何回も足場を立てるとその分費用もかかってきます。

しっかりした造りのお家だからこそ、無駄なくメンテナンスして長く住み続けたいですよね。

外壁と一緒に屋根や防水部分もメンテナンスを検討しましょう。

 

◆屋根塗装について時期や費用はこちら

◆屋上・ベランダの防水工事について詳しくはこちら

 

外壁塗装セミナー

3章 塗装業者の選び方

ヘーベルハウスのお家のお悩みで多いのが、「どこで塗装すればいいのか」

建てたメーカーで行う場合と、その他の業者をご自身で探す場合があります。

ここは一長一短あるため、どちらを選ぶかは皆さま自身の判断になります。

最後に、両者の違いと判断基準について解説します。

長く住むお家だからこそ、どちらの方がご自身の考えに近いかしっかり考えましょう。

 

3-1 ブランド重視ならハウスメーカー

パワーボード塗装

ヘーベルハウスの信頼性やブランド価値に重点を置いている方は、塗装を含めたメンテナンス全般もヘーベルハウスに依頼するのがおすすめです。

メーカーからの点検案内などをしっかりチェックしておきましょう。

 

ただし、なにもかも完全にメーカー任せ・言いなりでは、気づかないうちに余計な費用や手間がかかってしまうこともあります。

2章で紹介したような基本的な注意点はご自身でも確認したうえで、担当者と打ち合わせて塗装などを行ってくださいね。

 

3-2 価格・品質重視なら塗装専門店

パワーボード塗装

塗装工事にかかる費用を抑えたい場合は、ご自身で塗装店を探しましょう。

ヘーベルハウスに塗装を依頼すると、グループ会社の旭化成リフォーム株式会社が担当します。

しかしここもリフォーム全般を扱っている会社であって塗装専門店ではありません。

実際に塗装工事に来るのは各地域の下請け業者なので、結局「中間マージン」が発生して割高になってしまいます。

 

また、工事品質や職人の質を重視したい場合も、ご自身で塗装専門店を探すほうがおすすめです。

下請け業者が全て質が悪いわけではありませんが、どんな職人が来るのかは工事が始まるまで分からないため、当たり外れが出る可能性が高まってしまうからです。

 

適正価格、高品質な業者を探すためには、以下のポイントをチェックしましょう。

・丁寧な点検をもとにした提案をしてくれる

・見積書の内容が細かくて分かりやすい

・ALC外壁、ヘーベルハウス住宅の施工実績が豊富

・塗料メーカーからも保証がつく

・アフターメンテナンスがしっかりしている

 

◆塗装業者選びについてより詳しくはこちら

 

POINT


ヘーベルハウスの保証について

「ほかの業者に依頼すると、ヘーベルの保証が切れる」という心配もあるかと思います。

ヘーベルハウスでは最長60年のロングライフ保証システムがあります。

所定の点検と有償補修を行うことで、保証が継続される仕組みになっています。

 

■ヘーベルハウスのロングライフ保証制度

ヘーベルロングハウス保証制度 ヘーベルロングハウス保証制度

出典:ヘーベルハウス(2021年7月)

しかし実はこれは、定期的な点検費用が無料、という保証でしかありません。

劣化に対して補修する費用は有料となります。

そのため、他業者で塗装をしてもその会社の保証でアフターメンテナンス・点検が受けられれば特に問題はありません。

点検のためだけにヘーベルの高い費用で塗装をするのはもったいないな、という方は、保証がしっかりした塗装専門店を選ぶことをおすすめします。

 

 

★ヘーベルハウスの塗装なら実績豊富なユーコーにお任せください!

ヘーベルハウス

ヘーベルハウスの外壁塗装をお考えなら、神奈川・東京でISO9001・14001ダブル認証取得のユーコーコミュニティーにお任せください!

豊富な施工実績から、適正価格・高品質な塗装工事をご提供します。

また、最長10年の塗膜保証と、無料アフター点検は保証に関係なく永続実施!

相見積もりも歓迎です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料点検・見積はこちら(神奈川・東京エリア限定)

 


まとめ

ヘーベルハウスの住宅は、耐震性や耐火性などに優れた高機能なALC外壁材(ヘーベルパワーボード)を使用しています。

1015年前後で塗装工事が必要ですので、きちんとメンテナンスをしてあげましょう。

 

■外壁塗装時の注意点

  • ・目地補修は状態を見て判断する
  • ALCに適した塗料を選ぶ
  • ・屋上防水・屋根も一緒にメンテナンス する

 

■塗装業者の選び方

  • ・ブランド重視ならハウスメーカー
  • ・価格・品質重視なら塗装専門店

 

長く住むお家だからこそ、お手入れはとても重要です。

正しい知識を持ち、適正価格リフォームをしてお家を維持してあげてくださいね。

最後までお読み下さりありがとうございました。

 

 

【おすすめ記事】

ヘーベルハウス住宅の塗装工事も、あらかじめ適正価格を知っておくと安心です。

>適正価格が分かる!ALC外壁塗装の費用相場とお得に良い工事4つの秘訣

 

 

[無料] 失敗しない外壁塗装セミナー WEB開催中!

「外壁塗装について、もっと知識をつけたい。

「でも、どこで勉強すれば…?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方はぜひ、WEB外壁塗装セミナーにご参加ください。

いま塗装をご検討中の方はもちろん、将来のメンテナンス計画立てにもお役に立ちます。

ユーコーのWEBセミナーは、

  • 4,200名以上が参加した『失敗しない外壁塗装セミナー』をオンライン配信!
  • パソコンやスマホでご自宅から気軽に参加できる
  • 業者選びのポイント、費用相場、塗料の種類などを60分で分かりやすく解説
  • 経験豊富な講師による、事例・データに基づいた内容で安心
  • チャットで直接質問もOK!

ご自宅でくつろぎながら、塗装工事で失敗しないための知識が身に付きます。

すべて無料で開催中ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

※神奈川・東京にお住まいの方限定のセミナーとなっております。ご了承くださいませ。

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!