プロ直伝!簡単にできるサイディング壁の補修手順と適切な対処法

サイディング補修

ふとサイディングが傷んでいるのに気付いたあなた。

自分で直そうと思ったものの、何が必要なの?正しい補修方法は?など

具体的な準備、手順がわからずお困りではないでしょうか。

 

サイディングの補修はホームセンターなどに売っているようなもので誰でも簡単に出来ます。

しかし材料の選び方など注意しなければいけないこともあります。

今回は初心者でも簡単にできる補修方法失敗しない補修材の選び方をご紹介します。

 

ただしDIYでの補修というのはあくまでも応急処置にしかなりません

なぜなら補修箇所があるということはサイディング全体が劣化している可能性が高いからです。

・せっかく材料をそろえて補修をしたのに、症状が改善せず業者にやり直してもらった

・症状を放置して劣化が進み、中の木材まで変えることになってしまった

など症状の深刻さや適切な対応が分からず、かえってメンテナンス費用がかかってしまったケースも多々あります。

 

この記事を読めば、症状のレベルにあった適切な対応方法が分かり、無駄なお金をかけずにお家を長く守ることができます。

年間1000棟以上の施工実績があるプロの視点から分かりやすく説明していきますのでぜひ最後までご覧ください。

 

この先も安心して暮らしていただくためにこの記事を読んで、大切なお家を守りましょう。

 

まずあなたが補修したい傷みがどんな症状なのか確認してみましょう。

サイディングの外壁でよく見られる症状を写真付きで分かりやすくご紹介します。

症状が進んでしまっている場合はDIYでの補修ではなく専門業者に点検してもらうことをおすすめします。

 

また今検討されている箇所以外にも当てはまるところがあれば要注意です。

手遅れになる前に一度お家を一周回って確認してみてください。

 

  • 1-1 サイディングのひび割れ(0.5mm以下)

 

ひび

ひび

ひび

0.5mm以下のひび割れDIYでの補修が可能です。

ひび割れの補修の材料や方法は2-1でご説明します。

 

しかしDIYでの補修はあくまで応急処置ですので、症状が出ているのであれば1年以内に専門業者に点検を依頼しましょう。

 

  • 1-2 サイディングのひび割れ(0.5mm以上)

ひび

ひび

0.5mm以上のひび割れはサイディングの劣化が進んでいる証拠です。

ご自身で補修するのはやめましょう

表面だけでなく中の木材にまで水が浸透している可能性があるので補修で表面だけを塞ぐのが良いとは限りません。

専門業者に点検を依頼し適切な補修方法を提案してもらうことをおすすめします。

このまま放っておくと隙間から少しずつ中に雨水が浸透し躯体の腐朽に直結します。

 

  • 1-3 シーリングのひび割れ

コーキングのひび

コーキングのひび

シーリング(コーキング)の細かいひびDIYでの補修が可能です。

ひび割れの補修の材料や方法は2-2でご説明します。

 

ただシーリングは一部だけ劣化することはないので、全体的にメンテナンスが必要になります。

補修もあくまで応急処置ですので、症状が出ているのであれば1年以内に専門業者に点検を依頼しましょう。

 

  • 1-4 シーリングの切れ

コーキングのヒビ

目隙

シーリングが切れて、奥が見えるくらいまでになっています。

このレベルまでいくと目地の傷みが進行している証拠です。

ご自身での補修はやめましょう

シーリングの劣化は紫外線によって劣化します。

1階周りに症状が出て入れば1階よりも日が当たる2階周りにも症状が現れている可能性が高いです。

放っておかず専門業者に点検を依頼してください。

隙間から雨水が入り、サイディングや躯体の腐朽につながります。

 

  • 1-5 サイディングの反り

サイディングの反り

サイディングの反りは、サイディングが水を吸って、表面から乾くことによっておこります。

DIYでの補修ができないのはもちろん、プロでも一度反ってしまうと元に戻すことはできません

数ミリ軽度の反りであればビスで打ち込むこともありますが、割れる危険性もあります。

 

■反りが進行したサイディング

サイディングの反り

このような状態までいくとサイディングの交換が必要になり、その分メンテナンス費用もあがります。

 

・近くで見たときにサイディングが浮き出ていた

・サイディングの継ぎ目に影が見える

などの症状が確認出来たらサイディングが反ってきていますので専門業者に点検依頼をしましょう。

 

  • 1-6 サイディングの欠け・剥がれ

剥がれ

爆裂

欠けや剥がれもサイディングが水を吸って脆くなったことが原因でおこります。

DIYでの補修は避けましょう。

小さな欠け・剥がれであれば補修で済む場合もありますが、写真のように大きく損傷していれば交換しなければいけない場合があります。

手遅れになる前に専門業者に点検を依頼してください。

 

  • 1-7 手が届かない、高いところの傷み

はしごや脚立がないと作業できないような高いところは、DIYではなく専門業者に依頼しましょう

足元が不安定なところでの作業はとても危険です。

しっかりとした足場を立てて安全に確実に補修をしてもらうのが一番です。

 

ただ、足場は立てるだけで別途費用が発生するので、補修のためだけに足場を立てる方はあまりいません。

メンテナンス時期が来ているのであれば、補修と一緒に塗装もした方がその分の足場代を節約できます

 

あなたのお家のサイディングはどの症状でしたか。

次の章では補修を行うための準備と手順をご説明します。

 


  • 2章 【症状別】簡単に出来る補修の手順と準備

この章では、初心者でも簡単にできる補修のやり方と必要な道具を【症状別】にご説明します。

材料を選ぶ際の注意点もまとめてありますのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

2-1 ひび割れの補修

サイディングのヒビ割れの補修はシーリング材やボンドコークなどでヒビを埋めていきます。

シーリング材の色は使用されているサイディングの近似色を使用すると補修跡が目立たなくなります。

まずは準備からです。

 

▽用意するもの

●軍手

  • ●シーリング(コーキング)

     1本あたり約3m使用できるため、補修程度なら1本で十分足りるかと思います。

     

    シーリング(コーキング)材を選ぶポイント

  • ①  ボンドコークまたは変成シリコンなどの上から塗装可能なものを選ぶ。
  • (シリコンを選んでしまうと塗装後、塗膜が剥がれてしまうので注意!)
  • ②  ノンブリードタイプ(NB)を選ぶ
  • ③  既存色にあったものを選ぶ
  • (多色のサイディングの方は透明のものがおすすめです。)

☆多色のサイディングにお勧め

コーキング材

モノタロウ カベコークノンブリード

価格:489(税別)

 

☆目地補修を一緒にお考えの方におすすめ

コーキング材

モノタロウ ボンド変成シリコンコーク ノンブリード

価格:799(税別)

●ヘラ

 シーリングを均(なら)すのに使います。

ヒビの補修のみであれば1本だけのものでも大丈夫ですが、柔らかい素材(ソフト・プラスチック)のものを選ぶと外壁を傷つけにくいです。

ヘラ

モノタロウ ソフトコーキングヘラセット

価格:479(税別)

 

物によって多少の金額差はありますが、すべて揃えても10002000ほどで購入することができます。

準備が整ったら施工に入ります。

 

▽補修の流れ

  • 1.補修したい箇所を清掃する

クラック補修

ハケなどで軽く表面の汚れを払う程度で大丈夫です。

 

  • 2.シーリングを充てんする

クラック補修

 

  • 3.ヘラでシーリングを均(なら)し平らにする。

クラック補修

ヒビの奥まで補修材が入り込むようにヘラで押し込みましょう。

 

以上で補修完了です。

 

上記写真では単色のサイディングボードですが、多色の場合やコーキング補修を目立たせたくない方は

下記のように補修箇所の周りにマスキングテープを貼るとはみだしを防ぐことができます。

(例)

クラック補修

クラック補修

 

続いてシーリングの補修です。

 

2-2 目地の補修

目地の補修には「打ち替え」と「増し打ち」の2種類があります。

☆「打ち替え」…既存のシーリングを取り除き、新しいシーリングを打つこと

☆「増し打ち」…既存のシーリングの上から新しいシーリングを打つこと

 

プロに依頼する補修であれば「打ち替え」をお勧めしていますが

DIYでの「打ち替え」は美観損失のリスクが高く、打ち替えてもその後すべてやり直すことになる恐れもありますので、

今回は「増し打ち」の補修方法をご紹介します

 

まずは準備からです。

 

▽用意するもの

●軍手

●マスキングテープ

外壁に余分にシーリング剤が付くのを防ぐために使用します。

外壁にしっかり付く粘着性があるもの幅が広いもの(24mm~30mm)がおすすめです。

マスキングテープ

モノタロウ マスキングテープ

価格:349(税別)

●シーリング(コーキング)

 

  • 【シーリング(コーキング)材を選ぶポイント】
  • ①  “シリコン”ではなく“変成シリコン”を選ぶ
  • シリコンだと今後上から塗装した際に塗膜が剥がれてしまいます。
  • ②  ノンブリードタイプ(NB)を選ぶ
  • ブリード現象が起こらないもの
  • ・塗装後に目地の変色
  • ・目地が黒く汚染
  • ③  既存色にあったものを選ぶ

コーキング材

モノタロウ ボンド変成シリコンコーク ノンブリード

価格:799(税別)

●コーキングガン

コーキングガン

モノタロウ コーキングガン

価格:199(税別)

●シールプライマー

シーリング(コーキング)を密着させるために塗る、シーリング(コーキング)の下塗り材です。

プライマーの種類もたくさんありますので変性シリコン用のものを選びましょう。

また、ハケ付きのものを選ぶとわざわざハケを購入しないで済むのでおすすめです。

プライマー

楽天市場 ボンドシールプライマーN7#

価格:486(税込)

●ハケ

プライマーを塗るときに使用します。

ハケが付属しているプライマーを購入すれば別で購入する必要はありません。

●ヘラ

打ったシーリング(コーキング)をならすのに使用します。

目地の幅や場所によって使いやすさが変わるのでセットで買うのがおすすめです。

ヘラ

モノタロウ ソフトコーキングヘラセット

価格:479(税別)

 

物によって多少の金額差はありますが、すべて揃えても30005000ほどで購入することができます。

準備ができたら施工に入ります。

 

▽補修の流れ

  • 1.傷みが出ている目地を清掃する

ハケなどで軽く表面の汚れを払う程度で大丈夫です。

 

  • 2.目地の両脇にマスキングテープをはる

サイディングは凹凸があるのでそれに沿って壁と密着するように貼りましょう。

またテープの端を折り込むと、最後にテープが剥がしやすくなります。

 

  • 3.プライマーを塗る

コーキング補修

シーリング材が密着するようにしっかり塗っていきます。

プライマーを塗ったら30分ほど乾燥させましょう。

冬場は通常よりも乾きにくいので40分以上乾燥させると良いでしょう。

 

  • 4.シーリング(コーキング)材を打つ

コーキング補修

シーリング材の先端をハサミやカッターなどで斜めに切断し、コーキングガンにセットします。

セット出来たら目地に沿って注入しましょう。

力を入れすぎるとたくさん出て、はみ出してしまうので気を付けてください。

 

  • 5.ヘラで均(なら)

コーキング補修

 

シーリング材を押し込むようにならすと隙間ができず奥まで充てん出来ます。

またシーリング材を打つときはお洋服に付かないようお気を付けください。洗濯しても落ちないことがあります。

 

  • 6.マスキングテープをはがす

コーキング補修

シーリング材を充てんしたら時間を置かずテープを剥がしましょう

時間を置いてしまうとシーリングの表面が硬化してテープに付き、テープを剥がす際に仕上がりが悪くなってしまいます。

 

以上で目地の補修が完了です。

 

いかがでしたか。今回は増し打ちでの補修方法を紹介しましたが、症状が多く出ている場合は補修ではなくプロに「打ち替え」を依頼することをおすすめします。

 

2-3 補修後は1年以内にプロに点検を依頼

ここまで、誰でもできる補修の手順を紹介していきましたが、やはりDIYでの補修は応急処置でしかありません

補修をしたからといって安心せず、1年以内に専門業者に点検を依頼してください。

なぜなら傷みが出てきているということはサイディング全体が劣化している可能性が高いからです。

したがって傷みが確認出来たら、まず専門業者にしっかり点検してもらい適切なメンテナンスの提案をしてもらいましょう。

 

↓具体的なメンテナンス時期が知りたい方はこちら

 

次章では業者に補修を依頼した際の費用相場をご紹介します。

 


3章 プロに依頼したときの補修費用の相場

サイディングの補修は症状によって費用も変動がありますのでまずは専門業者にしっかりとした点検を依頼しましょう

とはいっても業者が提示した金額が適正なものなのか判断したいですよね。

下記は一般的な補修の費用の相場をまとめたものになりますので参考にご覧ください。

 

●サイディング補修

  • ・ヒビ
  • ・欠け
  • ・剥がれ 

補修箇所の数にもよりますが補修のみだと、おおよそ10,000~50,000円が相場です。

●シーリング補修

「打ち替え」 700~1,200円/m

「増し打ち」 500~700円/m

がそれぞれの相場です。

 

例:2階建て30坪、200m「打ち替え」の場合

700~1,200円×200m=140,000240,000

※足場代別途

 

プロに依頼する場合は「打ち替え」で補修しましょう。

さらに足場を立てて行うのであれば部分補修ではなく全面交換をおすすめします。

※箇所によっては「増し打ち」しかできない場合があります。

●サイディング交換

  • ・反り
  • ・欠け
  • ・剥がれ

サイディングの種類によって変動しますが、相場だと4,000~8,000円/㎡ほどです。

※同じ柄のサイディングが現在製造されていない場合もありますのでご注意ください。

足場代

700~900円/㎡が相場です。

 

例:2階建て30坪、200㎡の場合

700~900×200㎡=140,000~180,000

 

高所作業がある場合は足場の仮設が必須となり、各所補修費用にプラスされます。

 

DIYで補修するより値がはりますが、仕上がりのきれいさや耐久年数を考えるとプロに依頼したほうがメリットは多いです。

 

また、傷みの進行具合によって補修で済んだものが交換になったなどのケースもあります。

サイディングの傷みが確認出来たらまず点検を依頼しましょう。

 


4章 放っておくとシロアリがやってくる!

小さいひびだからまだ大丈夫、とメンテナンスを先延ばしにしていませんか。

しかしそれはとても危険です。

なぜならサイディングの傷みの原因は、防水切れによるものだからです

 

小さなひびがあるのであれば、サイディングはすでに防水機能を失っているでしょう。

サイディングに水をかけてみると一目瞭然です。水を吸っているのが確認できます。

吸水

放っておくと少しずつ水を浸透させ、サイディングの反りや欠けを引き起こします。

 

さらに放っておくと中の木材に水が染みわたり腐食の原因になります。

サッシ下の腐朽

内部腐朽

上の写真はサイディングの傷みを放置した結果、雨が浸水し木が腐ってしまったお宅の写真です。

 

水分を含んだ木にはシロアリがやってきます。

シロアリによる被害

シロアリによる被害

シロアリに木を食べられてしまうと耐久性に大きな影響を及ぼします。

1995年におきた阪神淡路大震災で倒壊した家屋の多くがシロアリに木を食べられていたことが分かっています。

 

■実際にシロアリ被害について書かれた記事

シロアリ被害を伝える新聞記事

(平成7年4月26日 朝日新聞)

 

~シロアリが寄ってくる3つの要素をご存知ですか~

水・空気・養分(木)

この三つの条件が揃うとシロアリがくる恐れがあります。

しかし逆に言えば1つでも防ぐことができればシロアリは寄ってこないのです。

空気と養分()を防ぐのは物理的に難しいので、を防ぐことが大切なのです。

小さいひびでもすぐに補修やメンテナンスをして、シロアリから家を守りましょう。

 

では最後に点検を依頼する際に注意すべき業者選びのポイントをご説明します。

 


5章 最適な提案をしてくれる業者選びのポイント

プロに点検をお願いしたい、でもどこに頼めばいいの?とお困りではないでしょうか。

専門業者といってもたくさんの業者があり、中には悪徳業者もいます。

そんな業者を選ばないよう、業者選びで重視するポイントをお教えします。

 

まずここでいうプロとは塗装の専門業者です。

メーカーや工務店は建てるプロですがメンテナンスに関しては知識や施工実績が少ない場合があります。

最適な提案をご希望であれば以下のポイントをクリアする業者に依頼しましょう。

 

5-1 資格所持者による適切な点検診断

資格

資格所持者が多く在籍しているところに依頼しましょう。

点検前に直接資格所持者がいるか聞いてみてもいいですし、聞きづらければホームページを見て確認しましょう。

資格はセールスポイントの一つにもなるので資格を持っていれば必ずホームページに載っているはずです。

 

サイディングのメンテナンスにまつわる資格には下記のようなものがあります。

▽主な資格

 ・窯業サイディング診断士 

 ・塗装技能士 

 ・施工管理技士 

 

5-2 豊富な施工実績

 実際に補修した施工実績がある会社を選びましょう。

 補修の説明も受けて安心していたのに実は施工実績はまだなかった、なんてこともよくあります。

「実際に施工した現場の写真を見せてほしい」と依頼すれば、施工実績や施工後の仕上がりも確認できます。

 会社のホームページなどでも確認できるので点検を依頼する前にチェックしておくと安心です。

 

5-3 点検時間は30分~1時間程度

点検診断

点検にかけてくれる時間に着目しましょう

点検を依頼する際、「点検はどれくらいかかりますか?」と聞いてみてください。

その会社の普段点検にかけている時間が返ってきます。

 

点検では劣化の状況を確認するのはもちろん、お家の施工面積や坪数も一軒一軒計測する作業があります。

30分以上はかかるはずです。

30分もかかりませんよと言ってきたら要注意。

計測をしっかり行っていない恐れがあります。

 

5-4 点検写真は50100

点検写真

まず写真をもらえるのか確認しましょう

傷み箇所によっては普段確認できないようなところもあり、口頭で伝えられただけでは把握が難しいです。

また、実際に施工した後にきちんと補修されたのかの判断材料にもなります。

 

そして写真の枚数にも注意してください。

お家全体をしっかり行えば、50~100枚程度になるはずです。

 

よくあるのが「写真をもらえると聞いていたが実際は5枚程度だった」なんていうケースです。

5枚程度では本当に総点検してくれたのかわからないですよね。

本当はほかにも傷みがあるかもしれないですし、分かりやすいところだけ写真を撮った可能性もあります。

 

大切なのはお家の現状を把握して最適なメンテナンス提案してもらうことなので、判断材料が多いに越したことはありません。

点検前に写真をどれくらいもらえるのかの確認もできると良いですね。

 


まとめ

いかがでしたか?

この記事でサイディングの補修をする方法や、傷んできたらプロに点検を依頼するべきだということ、さらに業者の選び方まで、お分かりいただけたかと思います。

大切なのはどれだけ長くお家を万全な状態で保たせるかです。

 

長く安心して暮らしていくために適切なメンテナンスを心がけましょう。

 

◆メンテナンス塗装をお考えの方は、こちらで費用などもご覧くださいね。

→初めてでも安心!サイディング塗装の費用の目安と業者選びのコツ

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。