知らないと損!屋根塗装の見積もり5つの比較ポイント【見積例付き】

屋根塗装の見積もりを取ってみたものの、

本当にこれが適正価格か分からない…」とお悩みのあなた。

他の見積もりと比較したいと思って調べているのではないでしょうか。

 

屋根塗装は、頻繁に行う工事ではありませんから、一つの見積もりを見て良し悪しを判断するのは難しいです。

損や後悔をしないためにも、いくつか比較して、最適なものを選びたいという方も増えてきています。

 

ただ、実際に見積もりのどこを比べていいのか、どんな見積もりを選べばいいのか分からないですよね。

そこでこの記事では、見積もり書で比較すべき5つのチェックポイントを解説していきます。

 

業者別の見積例もご紹介しますので、チェックポイントに沿って見積もりを比較し、良い見積もりを見極めていきましょう。

また、相見積もりを行なう際は、見積もり書や金額以外の部分も比較することが大切です。

実績や対応、サービスなどもチェックしより良い業者を選んでいきましょう。

 


1章 屋根塗装の見積もり5つのチェックポイント

見積り

屋根塗装の見積もりを数社から取った場合、全く同じ金額になることはないでしょう。

なぜなら業者によって金額の出し方が異なっているからです。

その中で、より信頼できる詳細な見積もりを選ぶために、比較してチェックすべきポイントを解説していきます。

安さだけで選んでしまうと契約後に後悔してしまうこともありますので、しっかり内容もチェックしていきましょう!

 

☑単価が相場通りになっているか

☑数量が細かく計算されているか

☑必要な項目が全て見積もりに入っているか

☑塗料名の記載があるか

☑保証年数が何年になっているか

 

1-1 単価が相場通りになっているか

まず見積もりをもらったら、単価が相場通りに設定されているか確認しましょう。

単価が高い場合は、単にぼったくりの可能性もありますし、下請けの職人に委託している可能性もあります。

 

反対に安すぎても、危険なケースがあります。

例えば、

・塗装費用が安いと思ったら通常3回塗りのところが2回塗りになっていた、

・塗装は3回塗りだったけど塗料を極端に薄めて使っていた

などのケースです。

 

費用が相場から外れるには理由があります。

必ずチェックしておきましょう。

 

▼屋根塗装工事の単価相場

屋根塗装の単価表

※屋根塗装は3回塗りの金額です。
※タスペーサー(縁切り)や棟板金釘打ちコーキングはスレート屋根の際に必要な工程です。

 

>屋根塗装の単価について詳しくはこちら

 

1-2 数量が細かく計算されているか

屋根点検

数量が細かく計算されているかも確認しましょう。

業者によっては、屋根の点検も行わず、坪数だけで面積を出すところもあります。

しかし坪数だけではより詳細な面積を出すことが出来ません。

 

また点検を行わず、「屋根塗装工事 一式 ○○円」と大雑把な見積もりを出す業者もいます。

「一式」はとても曖昧な表現なので、人によって「一式」がどこからどこまでやってくれるのか認識に差が出て、トラブルになりやすいです。

きちんとお家を測って、細かい数値を出してくれているか比較してみてみましょう。

 

1-3 必要な項目が全て見積もりに入っているか

見積もりに、必要な工事項目が全て記載されているか確認しましょう。

屋根の塗装は、屋根の種類によっても必要項目が変わってきます。

 

▼ご自宅の屋根に合わせて、必要項目を確認しておきましょう!

工程チェック表

〇=必要、×=不要、△=場合によっては必要
※塗料によっては下塗り・上塗りの2回塗りの場合もあります。

また、気になる箇所の修繕が入っているかも比較してみましょう。

記載されていない場合はやってもらえない可能性もあります。

業者によって見積もりの記載の仕方は異なりますので、より詳細で丁寧なものを選ぶのがおすすめです。

 

1-4 塗料名の記載があるか

見積書に具体的な塗料名が記載されているか、確認しましょう。

塗料には様々な種類があり、それぞれグレードがあります。

具体的な塗料名が記載されていれば、インターネットで塗料を検索してどんな効果があるのかや、クチコミなどを調べることができます。

しかし、業者によっては具体的な塗料名を記載しない場合もあります。

具体的な塗料名を記載しないということは、低耐久な格安塗料を使われてしまう可能性も有るということです。

良い塗料で塗装してもらうためにも、塗料名は確認しておきましょう。

 

【NG記載例】

・水性シリコン

・最高級シリコン

・○○ペイント油性シリコン

など、メーカー名の記載があったとしても明確な商品名が記載されていないものは全てNG!

例えば「関西ペイントの油性シリコン塗料」にも複数種類があるので、それだけでは塗料の特定が出来ません。

 

1-5 保証年数が何年になっているか

保証年数が何年になっているのか、比較してみましょう。

保証年数とは、塗装に不具合が出た場合に無償で保証できる年数のことです。(※気候や衝撃などが原因の不具合は保証対象外)

この保証年数は、長ければいいというわけではありません。

10年もつ家電に保証が1年や3年付くのと同じように、塗料も10年もつ塗料であれば3年ほどが適切な保証年数になります。

耐用年数と同じ年数の保証を出す業者はかえって不誠実で信用できないので、注意しましょう。

下記の表程度の年数が正しい保証年数の相場です。

塗料グレード

保証年数

実際の耐用年数

ウレタン塗料

3~5

8~10

シリコン塗料

5~7

10~15

フッ素塗料

7~10

15~20

無機塗料

10年

20~25

 

さらに塗料メーカーからのメーカー保証が付いているかも比較してみて下さい。

メーカー保証が付いているということは、塗料のプロから品質を保証されている業者ということなのでより安心です。

 


2章 屋根塗装の見積例|3社を徹底比較

屋根 塗装

屋根塗装の見積もり例を業者別に比較していきましょう。

各見積もりで注意してほしいポイントを解説していきますので参考にしてみて下さい。

※どの見積もりも2階建て30坪スレート屋根、屋根面積60㎡を想定しています。

 

2-1 A社|ハウスメーカー

まずはハウスメーカーであるA社の見積もり例をご紹介します。

A社の見積もり金額は959,200です。

見積例

ハウスメーカーに多いのは、単価が高いという点です。

塗装工事は下請けの業者に委託していることが多いため、その分マージンが発生し、工事費用にも影響が出ます。

見積りに「中間マージン代」と記載するわけにもいかないので、単価を上げたり不要な内容を入れて金額をあげるしかないのです。

上記の見積もり例でいうと足場が30坪のお家にしては大きすぎますし、飛散防止シートの単価と合わせても相場よりも高くなっています。

また、塗料名が明確に記載されていないのも注意が必要です。

水性シリコン塗料には様々な種類があるので、実際にどのくらいのグレードの塗料を使っているのか分かりません。

適正価格で納得のいく工事にしてもらうためにも塗料名は見積もり書に記載してくれる業者が安心です。

 

2-2 B社|格安リフォーム会社

続いてご紹介するのが、格安のリフォーム会社のB社です。

B社の見積もり金額は336,000です。

見積例

格安業者で一番注意してほしいのは、工事の内容です。

安いのには、理由があります。

上記の見積もりでいうと、塗装の回数が記載されていないのが危険なポイントです。

通常塗装は3回塗りで行いますが、1回しか塗装されない可能性があります。

また、塗料名も記載されていないので、安い塗料を使われてしまう危険性も有ります。

キャンペーン値引きや特別値引きで3050万円の値引きがある場合も注意してください。

まず高い費用を請求してそこから値引きするという手口なので、飛びつかないようにしましょう。

 

>安すぎる見積もりの注意点についてはこちらの記事をご覧ください。

 

2-3 C社|地元の塗装専門店

最後に地元の塗装専門店であるC社の見積もりをご紹介します。

C社の見積もり金額は493,900です。

見積例

C社の見積もりでは、数量や項目が細かく記載されています。

タスペーサー(縁切り)や棟板金釘打ちコーキングは、スレート屋根を塗装する際には必須の項目です。

必ず記載されている見積もりを選びましょう。

また、C社のように、下塗り・中塗り・上塗りの塗料名が具体的に分かると安心です。

 

>屋根塗装の見積もり例が見たい方はこちらの記事もご覧ください。

 

 

外壁塗装セミナー

3章 見積もり以外に比較すべき3

業者を比較するには見積もり書以外の部分も重要です。

この章では、金額・見積書以外に比較すべきポイントを3つご紹介します。

相見積をとる際にチェックしてみて下さい。

 

3-1 塗装の実績数

塗装の実績数は確認しておきましょう。

地元に根付いた塗装店であれば、1,000件以上は実績があるでしょう。

しかしハウスメーカーや、最近、塗装をはじめた業者は100件にも満たない場合もあります。

お家は一つとして全く同じものはありませんから、実績数が多いということはその分経験値が高いということです。

屋根材の種類や劣化に合った施工をしてくれるので、実績数は比べてみてみましょう。

 

3-2 スタッフの対応

点検後の報告

スタッフの対応も確認しておきましょう。

点検時や見積時点で横柄な態度を取るスタッフは、契約後、より態度が悪くなる可能性があります。

営業スタッフの態度が悪ければ、工事で来る職人の教育もきちんとされているか心配ですよね。

 

当たり前なことではありますが、遅刻をしない、連絡をきちんとくれる印象の良いスタッフを選ぶようにしましょう。

 

3-3 サービス

カラーシミュレーション

最後にサービス内容について確認しましょう。

業者によって、サービス内容は大きく異なります。

無料点検や作業中に写真や動画を撮ってくれる業者もあれば、一切撮らずに点検を終える業者もいますし、

工事後にアフターサービスがついている業者もあれば、工事後一切連絡が来なくなる業者もいます。

ご自身が魅力的に感じた業者を選ぶと、工事後も満足できますので、各社サービス内容を比較してみましょう。

 

~比較ポイント例~

☑点検中や工事中の写真を撮って渡してくれるか

☑カラーシミュレーションがあるか

☑工事中の2重チェックがあるか

☑アフターフォローがあるか

 

>さらに相見積もりの比較ポイントなどが詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 


4章 東京・神奈川・長野の塗装ならユーコーへ

屋根や外壁など塗装工事をお考えの方は、当サイトを運営するユーコーコミュニティーへご相談ください。

東京・神奈川・長野の全8拠点で塗装工事を行なっています。

14,000軒以上の施工実績経験をもとに、最適な塗装の提案をさせていただきます。

 

実際に屋根の点検を行う際は、はしごで屋根に登るだけでなくドローンや高所カメラも活用しています。

ドローン屋根点検

従来の屋根に登る方法では点検できなかった下記のようなお家でも細かく点検することが出来ます。

・3階建てのお家

・高台にあるお家

・屋根が急傾斜のお家など

 

また、塗装だけでなく、屋根の一部修繕やカバー工事、葺き替え工事なども行なっておりますので屋根の種類や状態に適したご提案をいたします。

 

さらに点検の際は50100枚の写真を撮り、点検報告書としてお渡しいたします。

点検写真

ご自身でも屋根の状態を確認できるのでとても好評いただいているサービスです。

 

「見積りを取ってみたけど、本当にこれでいいのか心配」という方も、

これから見積もりを取ろうと思っている方も、

ぜひお気軽にユーコーに無料点検・見積をお申込みください。

無料点検・無料見積もりはこちらからお申込みください!

 


まとめ

いかがでしたか。

屋根の見積もりで比較するポイントは以下の5点です。

☑単価が相場通りになっているか

☑数量が細かく計算されているか

☑必要な項目が全て見積もりに入っているか

☑塗料名の記載があるか

☑保証年数が何年になっているか

業者によって、見積もりの出し方や記載の仕方は変わるので比較してチェックしていきましょう。

 

また、業者を選ぶ際には見積もり金額だけでなく、

・塗装の実績数

・スタッフの対応

・サービス

も比較することが大切です。

 

適正価格で高品質な業者を選んでいきましょう。

最後までご覧くださり、ありがとうございました!

 

◆屋根塗装の費用についてはこちらの記事もご覧ください。
⇒30坪屋根塗装の費用相場を1,200事例から分析!真の適正価格がわかる
⇒一目瞭然!グラフで見る40坪屋根塗装の費用相場&適正見積もりのコツ

[無料] 失敗しない外壁塗装セミナー WEB開催中!

「外壁塗装について、もっと知識をつけたい。

「でも、どこで勉強すれば…?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方はぜひ、WEB外壁塗装セミナーにご参加ください。

いま塗装をご検討中の方はもちろん、将来のメンテナンス計画立てにもお役に立ちます。

ユーコーのWEBセミナーは、

  • 4,200名以上が参加した『失敗しない外壁塗装セミナー』をオンライン配信!
  • パソコンやスマホでご自宅から気軽に参加できる
  • 業者選びのポイント、費用相場、塗料の種類などを60分で分かりやすく解説
  • 経験豊富な講師による、事例・データに基づいた内容で安心
  • チャットで直接質問もOK!

ご自宅でくつろぎながら、塗装工事で失敗しないための知識が身に付きます。

すべて無料で開催中ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

※神奈川・東京にお住まいの方限定のセミナーとなっております。ご了承くださいませ。

簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!
簡単30秒!専門家の点検診断レポート付き!