屋根リフォーム費用は約60~200万円 種類別の選び方や金額を徹底解説

屋根のリフォーム

そろそろ屋根リフォームを考えているけれど、

いくら位なの?具体的にどんなリフォームをしたらいいの?など疑問に思うことも多いですよね。

 

屋根リフォームは、お家の屋根の状態によって適切なものが違います

使われている屋根材や下地の状態によって、出来るものと出来ないものがある為です。

 

この記事では、屋根の状態ごとに適切なリフォームがどれなのかを紹介します!

また、それぞれいくら位なのかもお伝えするので、リフォームは初めて…という方でも、簡単にあなたのお家に合ったリフォームを選べます。

 

どんなリフォームをしたらいいのか分かれば、失敗してしまうリスクを減らせるだけでなく、余計な出費も減らせるメリットもあります。

是非最後まで読んでみて下さいね。

 


1章 屋根リフォームの費用一覧(30坪、100㎡の場合)

種類ごとに、屋根リフォームに掛かる費用を紹介します。

どの位掛かるのか知っていると、あまりにも安すぎるor高すぎる業者を避けることが出来るようになります。

高すぎても余計な出費が増えてしまいますが、あまりにも安いと、後から追加料金が多く掛かってしまう恐れがあります。

ここで紹介した費用を目安として、あまりにもかけ離れているところは避けておきましょう。

 

リフォームの種類

金額

屋根塗装工事

60~80万円

屋根カバー工事(重ね葺き)

80~150万円

屋根葺き替え工事

100~200万円

※30坪、80~100㎡の場合の概算相場

 


2章 【状態別】おすすめ屋根リフォーム3

屋根リフォームは大きく分けて3つあります。

以下の表で、それぞれのリフォームがどんな家に合っているのかまとめています。

さらに詳細な費用相場もありますので参考にしてみてください。

ご自身のお家に当てはまる、最適な屋根リフォームを選びましょう。

 

屋根リフォームの特徴

塗装が出来る屋根材かどうかや、ひび割れ、苔、カビの有無は専門業者による点検をしないと、判断できないものもあります。

見積もりだけでなく、専門業者による点検の依頼も合わせて行いましょう。

 

2-1 屋根塗装工事

屋根の塗装

屋根の下地が雨漏りしていない場合や、全体の割れが少ない場合は、塗装で長持ちさせましょう。

塗装工事は既存の屋根をそのまま使えるので、葺き替え工事やカバー工事と比べて、新しい屋根の材料費や古い屋根の撤去費用がかからず、コストを抑えられるからです。

ただし、塗装工事は塗料によって耐用年数や値段は大きく変わります。

 

■塗料別 屋根塗装の費用相場一覧

塗料の種類

価格

耐用年数

シリコン

37-51万

10-12年

フッ素

49-65万

15-20年

無機

51-70万

20-25年

※30坪、80㎡の場合、附帯物(軒天や雨樋等)は別

予算や、何年くらい持たせたいのかを決めておくと、塗料を選びやすくなります。

たとえば、お子さんやお孫さんが住む予定があったり、何十年と長持ちさせたいという方なら、フッ素や無機塗料が適しているでしょう。

逆に、将来に引っ越し予定のある方などはウレタン塗料が最低限で済んで良い、ということもあります。

安さ・金額だけで選ぶのではなく、ライフスタイルに合わせた塗料選びでお家を守りましょう。

 

↓お得に屋根塗装をする方法や、塗料選びについて詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

 

2-2 屋根カバー(重ね葺き)工事

アスファルトシングル屋根

屋根全体が割れてしまっている場合や、塗装ができない屋根材が使用されている場合はカバー工事を行いましょう。

上から新しい屋根材でカバーする方法なので、既存の屋根材を撤去する費用を抑えつつお家を守ることができるからです。

 

以下の表は、最も使われている2種の屋根材とそれぞれの費用相場です。

屋根材の種類

価格

耐用年数

アスファルトシングル

70-125万円

15-30年

(塗装不可)

金属屋根

70-135万円

20-30年

(色あせが気になる場合は塗装が必要)

※30坪、80㎡の場合

カバー工事は、塗装をするよりも高い耐久性にできるところが特長です。

また屋根材によってデザインも異なります。

予算や好みのデザインに合わせて選びましょう。

 

↓屋根材の特徴やカバー工事の詳しい内容については、こちらをご覧ください。

 

注意:和瓦はカバー工事不可

  • 和瓦の屋根はカバー工事が出来ません。
  • なぜなら、和瓦自体が約40kg/1㎡と重量があるため、更に上から屋根材を重ねると家に負担がかかってしまうためです。
  • また、スレート等の屋根材と比べ形状も複雑なため、カバー工事を行うのは難しいです。
  • 葺き替え工事をするか、必要なところを補修することで長持ちさせることが可能です。
  • 汚れが気になる…という方なら塗装工事を行うこともできます。
  • 和瓦の方は以下の記事を参考に、メンテナンスを行いましょう。

 

2-3 屋根葺き替え工事

屋根の葺き替え

屋根材やその下地まで雨漏りしてしまっている場合や、軽い屋根材にすることで耐震性を高めたい方は、葺き替え工事を行いましょう。

なぜなら、雨漏りしている場合は、塗装やカバーだと根本的な解決ができないからです。

 

また、和瓦からスレートや金属屋根にした場合、今の半分以下の軽さになるので、耐震性を高められるというメリットがあります。

以下の表は、葺き替えで一番多いパターンの価格一覧です。

 

■スレートや和瓦から葺き替えた場合の材料別費用一覧

(30坪、80㎡の場合)

①スレートを葺き替える場合

スレート→スレート

75-140万

スレート→金属屋根

80-160万

 

②和瓦を葺き替える場合

和瓦→スレート

70-150万

和瓦→金属屋根

80-160万

 

同じ材料の屋根材への葺き替えでも、価格差があります。

どのメーカーの屋根材を使うかによっても材料費が変わったり、足場代や人件費も、会社によって少しずつ単価が異なる為です。

失敗しないためにも、必ず相見積もりをとって比べた上で業者を選びましょう。

 

↓葺き替え工事の内容について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 


3章 屋根リフォームをお得に行うコツ3つ

屋根リフォームをお得に行う為のポイントを3つ紹介します。

ただ安い業者を選ぶだけでは、後で追加工事の費用が掛かってしまうこともあり、かえって損をしてしまうためです。

しっかり優良業者を見極めて工事してもらいましょう。

 

3-1 最低3社から見積もりをとる

1社だけで決めてしまうのでなく、最低3社から相見積もりを取りましょう

なぜなら、比較することでその会社が提案しているリフォームや金額が、あなたのお家の屋根にとって本当に適切なものなのか判断できるようになるためです。

 

屋根は状態や屋根材により、必要なリフォームが大きく変わります。

相見積もりを取ることで、業者がきちんと点検をした上で提案をしてくれているかどうかも分かるメリットがあります。

それにより、同じ金額でもより品質の高い業者を選ぶことが出来るようになります。

必ず複数の業者と比較してから決めましょう。

 

3-2 火災保険を活用する

加入している火災保険に「風災補償」がセットになっていないか見てみましょう。

この補償があれば、火災が原因のものでなくても保険金が使えることがあるためです。

風災補償とは、雪や強い風が原因の被害があった家財に対して保険金が支払われるというものです。

 

一番多いのは、台風や原因で破損してしまった屋根やカーポートの修理、雪で歪んでしまった雨樋の交換代金に対し、保険金が支払われるケースです。

 

保険金の対象になるかどうかは保険会社側が判断します。

風災補償がセットになっている火災保険に入っているなら、一度、保険金の対象にならないか業者や保険会社に問い合わせてみましょう

 

3-3 補助金や助成金を活用する

条件さえ合えば、お住まいの市区町村の補助金制度で金銭的な負担を減らせる場合があります。

耐震対策、住環境向上を目的としたリフォームに対し、多くの市区町村が補助金制度を設けているためです。

 

補助金の対象となるものの良くある例として、和瓦から金属の屋根材への葺き替え工事があります。

和瓦(42kg/1㎡あたり)→金属屋根 (8kg/1㎡あたり)と、半分以上屋根が軽くなるため、地震での揺れを抑えられて「耐震」のための工事に該当する場合があるからです。

 

ただし、補助金や助成金の対象となる屋根リフォームは、市区町村によって少しずつ異なります。

活用を検討するなら、市区町村の窓口やWebサイトで詳しい条件を確認してみましょう

 

↓補助金や助成金を使用した、屋根リフォームの方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 


4章 点検や工事を依頼する業者選び3つのポイント

屋根の点検や工事は、以下の3つにあてはまる業者に依頼しましょう。

屋根は外壁と違い、自分の目で確認するのが難しい箇所だからです。

ただ工事してくれるだけでなく、お家の状態や施工内容を分かりやすく説明してくれる会社なら、安心して任せられます。

 

4-1現地で点検をした上で見積もりを出してくれる

点検

図面で寸法を測っただけでは、正確な見積もりは出すことができません。

なぜなら、点検をしないと補修が必要な個所や、交換が必要な屋根材がないかどうか等が分からないためです。

工事前にお家の状態を正確に把握することで、補修が必要な個所も一緒に見積もりの中に入れてもらえるので、後から追加費用が掛かってしまうリスクを抑えられます。

正確に見積もりをしてもらうためにも、必ず工事前に点検をしてもらいましょう

 

4-2 適切な屋根リフォームを提案してくれる

あなたのお家の屋根にとって、一番適切な屋根リフォームを提案してくれる所を選びましょう。

なぜなら、屋根材やその劣化状況によっては適切でないリフォームもあるためです。

適切でないリフォームを行ってしまうと、屋根の劣化を止められないだけでなく、再度工事し直すのにも、余計なお金や時間がかかってしまいます。

 

例えば、塗装が適していない屋根材と業者が知らずに、塗装を行ってしまい工事後に剥がれてきてしまったというケースもあります。

工事後の見た目は綺麗に仕上がるので、それが適切なものかは判断しづらいです。

 

■塗装が適していない屋根材の例

ニチハのパミール屋根

「パミール」という屋根材です。

層状に剥離してしまうため、塗装してもすぐに剥がれてしまいます。

適切なのは、カバーや葺き替え工事です。

 

折角行ったリフォームで失敗しないためにも、お家の屋根材や状態に合わせてリフォームの提案をしてくれるところを選びましょう。

 

↓塗装が出来ない屋根材について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

4-3 アフターメンテナンスをきちんと行ってくれる

アフターメンテナンスをきちんと行っている業者を選びましょう。

特に、台風や大雪のあとも、何かあればすぐ来てくれるところがベストです。

なぜなら適切なリフォームを行っても、屋根は自然災害の影響を受けてしまうケースがあるからです。

 

一番多いのは、積雪の重みで屋根が割れてしまったり、台風の影響で屋根の上の「棟板金」(雨の侵入を防ぐ板金)が飛ばされてしまうケースです。

 

■台風で飛ばされた棟板金

屋根の台風被害

 

そんなときも、すぐ対応してくれるところなら屋根がそのままになってしまう心配もないので安心して任せられます。

リフォーム後も安心して住み続けるため、アフターメンテナンスに力を入れている会社を選びましょう。

 


まとめ

いかがでしたか?

屋根リフォームは、屋根の状態によって適したものが違うだけでなく費用も大きく違ってきます。

しかも、業者に点検をお願いしないと詳しい状態を把握するのが難しい場所です。

適切なリフォームを適正価格で行うためには、事前の屋根点検で、屋根の状態を把握する必要があります。

 

状態にあわせて適切な提案をしてくれる業者なら、時間やお金の無駄をなくしたリフォームにできます。

これからも安心して住み続けるため、屋根はそのままにせず、適切なリフォームで長持ちさせましょう。

 

【この記事を読んだ方におすすめ】

ガルバリウム鋼板への屋根リフォームが非常に人気です。

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。