もう迷わない!外壁塗装のプロが選ぶおすすめ色と配色のポイント

おすすめの色

うちもついに外壁の塗装をやることに…

初めての塗装で、いざ色を決めるとなるとどんな色がいいのか分からない、カタログを見てもイメージが沸かないとお悩みではないでしょうか。

 

外壁塗装は10年に1度の大きな工事のため、1度塗り替えてしまうと次は10年後…もしくはもっと先…

そのため色も時間をかけてじっくり選びたいですよね。

 

しかし色決めは自分の中でイメージが決まらないとなかなか前に進まないものです。

色に納得いかないまま工事が迫ってきて最後は適当に選んでしまった!なんていうことがないように、

今回は外壁塗装の色選びでお悩みの方に、プロの視点からおすすめの色や組み合わせについてご説明します

 

さらには私が実体験から学んだ色選びの際に注意するポイントもご紹介します。

知っているのと知らないのでは色選びの選択肢も変わってきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

この記事を読めばどんな家にしたいのかイメージが沸き、さらにそのイメージを実現することができます。

最適な色を選んで、再び素敵なお家に生まれ変わりましょう!

 


1章 【印象別】おすすめ4色 事例付き

外壁の色選びでまず大切なのは、どんな家にしたいかをイメージすることです。

シックな家、おしゃれな家、かわいらしい家など…

イメージをすることで色の選択肢が絞られ、形が見えてきます。

 

この章ではプロの視点から印象別おすすめする色を事例付きでご紹介します。

今回おすすめする色は

・ベージュ

・グレー

・グリーン

・ネイビー

4色です。

ご自宅をどのような印象にしたいか想像しながらご覧ください。

 

事例と一緒に塗料名と色番号を掲載しますので、気に入った色があれば業者に問い合わせる際にお役立てください。

 

1-1 暖かみのある家にするならベージュ

暖かみがあるお家にしたい方には暖色系のベージュ色がおすすめです。

 

ベージュには赤味や黄色味が入っているので全体の印象が明るくなります。

真っ白な家よりも汚れが目立ちづらく、黄色に近い濃い色よりも近隣にとけ込み馴染みます

そういったことから実際に弊社でもベージュ系の色は人気NO.1です。

 

ベージュは様々な色と相性が良いので屋根や附帯物の色とも合わせやすく、どんな家にも合うことも、おすすめする理由の一つです。

柔らかい印象にもなりますので、暖かみのある家にしたい方はベージュにしてみましょう。

 

■ヨーロピアン風の暖かみのある家

ベージュ

①    N・H様(厚木市)

  • ■種類:無機
  • ■塗料名:セラスターウォール
  • ■色番号:JC-08

明るいベージュを選ぶと明るい印象になります。

屋根が明るい茶色なので濃淡のバランスも取れています。

屋根が瓦の場合は同系色にするとまとまりが出ます。

 

■屋根の赤色を生かした南欧風の明るい家

ベージュ

②    F・K様(町田市小山町)

  • ■種類:フッ素
  • ■塗料名:SPパワーフッ素
  • ■色番号:KN087D

明るいベージュを選ぶと明るい印象になります。

屋根を濃色にすると濃淡のバランスも取れてまとまりが出ます。

 

■レンガを生かした温もりのあるかわいらしい家

ベージュ

③    T・J様(秦野市沼代新町)

外壁塗料

  • ■種類:シリコン
  • ■塗料名:グラナダフレッシュ
  • ■色番号:KN043B

レンガの茶色と赤味があるベージュの外壁が相性◎

サッシや雨どいの色が白なのでそれがアクセントになっています。

サッシは塗り替えられないところなので、他のパーツをサッシの色に合わせるとまとまりが出ます。

 

■落ち着きのあるベージュで重厚感がある家

ベージュ

④    Y・W様(伊勢原市伊勢原)

  • ■種類:フッ素
  • ■塗料名:SPパワーフッ素
  • ■色番号:KN057A

黄色味が抑えられたベージュで落ち着きも兼ね備えています。

落ち着いた家にしたい方にはこちらの色がおすすめです。

★ベージュの外壁と相性が良い屋根の色

ブラウン系、グリーン系

コーヒーブラウン グリーン屋根

 

▶ベージュの施工事例をもっと見たい方はこちら

 

1-2 シックで落ち着いた家にするならグレー

落ち着いた家にしたい方にはグレーがおすすめです。

 

グレーは暗い印象もあるかもしれませんが、薄いグレーにすると爽やかな印象になります。

また機能面でいうと汚れが目立ちにくいなどの利点もあります。

スッキリとした落ち着きもある家にしたい方はグレーにしましょう。

 

■薄いグレーで爽やかな家

グレー

⑤    T・K様(平塚市中原)

  • ■種類:シリコン
  • ■塗料名:SPパワーシリコン
  • ■色番号:KN061B

明るいグレーは爽やかな印象になります。

落ち着いた印象にしたいけど暗くなるのは嫌だという方は、薄めのグレーを選びましょう。

 

■個性的な色分けでスッキリとしている家

モダンなお家

 

⑥   W・T様(町田市根岸)

  • ■種類:シリコン
  • ■塗料名:SPパワーシリコン
  • ■色番号:KN060C()N-35()

2色の濃淡がはっきりしているので、すっきりした印象になっています。

雨どいなどの附帯物が薄色の場合は、外壁を一部濃色にすると引き締まった印象になります。

 

■縦のラインがおしゃれなスタイリッシュな家

グレー

⑦    K・K様(町田市山崎町)

  • ■種類:フッ素
  • ■塗料名:SPパワーフッ素
  • ■色番号:KN060E(薄)/レアグレー(濃)

濃色のグレーに薄色のグレーのラインが入り、爽やかさが出ています。

縦の色分けは、スタイリッシュな印象になります。

★グレーの外壁に合った屋根の色

ネイビー系、ブラック系

ナスコン コーヒーブラウン

 

 

1-3 外国風の鮮やかな家にするならグリーン

外国風のお家にしたい方には、色味が強い彩色系のグリーンがおすすめです。

 

グリーンは自然の色ともとてもよく合うためお庭の植物とも相性◎です。

また窓サッシが白いお宅だと白が良く映えて外国風になります。

 

機能面でも、コケが目立ちにくいなどの利点があり最近人気の色でもあります。

この機会にぜひグリーンに塗り替えてみましょう。

 

■鮮やかな南国リゾート風の家

グリーン

⑧    K様(平塚市出縄)

  • ■種類:ウレタン
  • ■塗料名:ユメロック
  • ■色番号:52-50P

エメラルドグリーンの色がとてもきれいに映えています。

屋根を落ち着いた色にしたことで壁の邪魔をせずまとまりが出ました。

またパーツの白が外国風のお家を作り出しています。

 

■海外の街並みのように映えるドイツ風の家

グリーン

⑨    K・H様(相模原市中央区淵野辺本町)

  • ■種類:シリコン
  • ■塗料名:SPパワーシリコン
  • ■色番号:42-40H

グリーンの色とタイルの色がとても合っています。

白の窓や飾りが外国風のお家を演出しています。

形や作りが外国風の家は明るい色でも馴染むのでおすすめです。

★グリーン外壁に合う屋根の色

グレー系、ブラウン系

レアグレー ダークチョコレート

 

▶グリーンの施工事例をもっと見たい方はこちら

 

1-4 オシャレでモダンな家にするならネイビー

オシャレでモダンにしたい方にはネイビーがおすすめです。

ネイビーは落ち着きもありデザイン性も高いです。

最近はグリーンと共に人気が上がってきており、外壁塗装だけではなく新築で選ばれることも増えてきました。。

 

ただ濃い色はツヤあり塗料だとツヤが目立つことがあります。

ツヤを抑えたい方はツヤなしの塗料をおすすめです。

 

■デザイン性の高いスタイリッシュモダン

ネイビー

⑩    I様(相模原市中央区)

  • ■種類:シリコン
  • ■塗料名:ユメロック
  • ■色番号:Y-112ナスコン()69-80B()

濃淡の配色が◎

濃い色を広い面に持ってくることでモダンさが出ています。

塗装前と比べても印象が変わり、おしゃれな家に生まれ変わりました。

 

■アクセントが映えるクールモダン

モダンなお家

⑪    T・I様(足柄上郡開成町)

  • ■種類:シリコン
  • ■塗料名:SPパワーシリコン
  • ■色番号:KW170D()Y-112ナスコン()

ナスコンの色を一部入れることによってクールな雰囲気が出ています。

暗い印象になりたくない方は、一部分だけ濃い色を取り入れモダンな雰囲気を演出してみましょう。

 

■白とのコントラストが素敵な北欧風モダン

モダンなお家

⑫    K様(相模原市中央区)

  • ■種類:ウレタン
  • ■塗料名:ユメロック
  • ■色番号:C111()・ナスコン()

玄関周りを白くすることで明るい印象になっています。

濃淡がはっきりしているとモダンさが出ます。

★ネイビー外壁に合った屋根の色

グレー系、ブラック系

レアグレー ブラック

 

▶ネイビーの施工事例をもっと見たい方はこちら

 


2章 ツートン外壁の失敗しない配色2つのコツ

この章では失敗しないツートン外壁の色選びのコツを2つご紹介します。

ツートン外壁は色の組み合わせが家の印象を変える大事なポイントになっていきます。

色の組み合わせを間違えるとまとまりのない家になってしまいますので、色の組み合わせ方はおさえておきましょう。

 

2-1  同系色にする

ツートンで色を2色選ぶときは同系色の組み合わせにしましょう

同系色の色を組み合わせることで全体に統一感が出ます。

 

以下の事例2つとも濃淡がはっきりしているツートンですが、同色の薄色を合わせているため濃色の雰囲気を損なわずにまとまった仕上がりになっています。

白系統にはたくさんの種類がありますので、その中でも濃色と同じ系統にしましょう。

 

■ブラウンが映える高級感のある家

ツートン

⑬    N・H様(海老名市中新田)

  • ■種類:シリコン
  • ■塗料名:SPパワーシリコン
  • ■色番号:JC-10(白)JC-30()

 

■スッキリした印象のスタイリッシュな家

ツートン

⑭    S・M様(平塚市田村)

  • ■種類:無機
  • ■塗料名:セラスターウォール
  • ■色番号:JC-20 (白)JC-29 (グレー)
  •  

 

2-2    最低1色は薄色にする

ツートンの場合、最低1色は淡色にしましょう

濃い色を2色にしてしまうと色同士が印象を打ち消しあって、まとまりがなくなります。

また濃色は淡色よりもツヤが目立ちやすくギラギラしてみえてしまいます。

ツヤを目立たせたくない方はツヤを抑えた塗料を使用するなど工夫をしましょう。

 

■緑とも相性ばっちりな北欧風モダン

ツートン

⑮    K・N様(茅ヶ崎市みずき)

  • ■種類:シリコン
  • ■塗料名:SPパワーシリコン
  • ■色番号:KN024D(白)・ダークチョコレート()
  •  ダークチョコレート

 

2色とも淡色にする場合

  • 帯板を濃色にして引き締めるとすっきりした印象になり、さらに2色の色の差も見えやすくなります。

 

■黄色が映えるかわいらしい家

ツートン

⑯    I・T様(町田市薬師台)

  • ■種類:フッ素
  • ■塗料名:SPパワーフッ素
  • ■色番号:KN025D(白)KM119B()
  •  

 

■シンプルで落ち着きのある家

ツートン

⑰    A・M様(高座郡寒川町)

  • ■種類:シリコン
  • ■塗料名:SPパワーシリコン
  • ■色番号:KW170D(白)KN060E(グレー)
  •  

 


3章 他のお家と差を付けたいならアートペイントがおすすめ

他のお家と少しでも差を付けたい方には、アートペイントがおすすめです。

外壁の一部でも絵を描くことで、他の家にはないワンポイントが加わり、おしゃれな印象になります。

またワンポイントのアートであれば外観のイメージを損なわずに施工できます。

悪目立ちはしたくないけど他の家と差を付けたいという方は、ぜひアートペイントを施工してみてはいかがでしょうか。

アートペイントはできる業者が限られていますので、施工をお願いする業者に問い合わせてみましょう。

  • ■青に映える黄色のお花でアクセント

ネイビー

 

  • ■貝殻をあしらって爽やかに

    アート

     

    ■玄関先に猫のシルエット

    アート

     

    • ■お花の妻飾りでおしゃれな印象に

    アート

     


    4章 全体のバランスが大事!後悔しない色選びのポイント4選

    続いては実際に色を決定する際に気を付けてほしいポイントをご紹介します。

    実際に私がたくさんのお家の施工や色選びに携わって分かったことは、

    家の印象は外壁の色だけでなく、全体のバランスで決まるということです。

     

    バランスが崩れてしまうと、まとまりがない印象になり施工後に後悔が残ってしまうことも…

    少し気を付けるだけでイメージ通りの仕上がりになりますので、ポイントをおさえて色を決定していきましょう。

     

    4-1 全体で使う色は34色にする

    家全体で使用する色は3~4色におさえましょう。

    色はたくさん使いすぎるとまとまりがない印象になってしまいます。

    まとまりがなくなると、家のイメージのもはっきりせず、周りの家から浮いてしまう恐れもあります。

    1か所だけでなく全体のバランスを考えた配色にしましょう。

     

    ■おしゃれさの中にも温もりを感じる家

    ツートン

    F(厚木市みはる野)の場合~

    •  (外壁2)
    • 薄茶 (外壁1階)
    • こげ茶 (屋根・附帯物)

    同系色の3色を使うと全体のイメージがまとまり統一感のある仕上がりになります。

    外壁の色が薄色でも、屋根や雨どいなどの附帯物を濃色にすることでスッキリとした印象になっています。

       

      ■色使いが上手な北欧風の爽やか家

      ツートン

      E(町田市山崎町)の場合~

      •  (外壁)
      •  (附帯物・門塀)
      •  (屋根・タイル)

      屋根やタイルの赤味のあるレンガ色が、薄色の白と青のアクセントになっています。

      薄色の面積の方が多いので、同系色でなくても色同士がケンカすることなくうまくまとまっています。

       

      4-2  窓サッシやレンガなどの塗装しない部分に色を合わせる

      塗装には塗りかえる部分塗り替えない部分があります。

      窓サッシやレンガ、タイルなど塗装しない箇所は既存の色がそのまま残ります。

      また、多色のサイディングに透明の塗料を塗る場合は、既存の柄が残ります。

       

      色を変えない部分に塗り替える部分も色を合わせることで、統一感が出て全体のバランスが良くなります

       

      ■レンガ調を生かしたナチュラルな家

      ツートン

      K(大和市上和田)の場合~

      • 色が変わらない場所1階の外壁(レンガのサイディング・玄関前のレンガの門塀・窓サッシ
      • 色を塗り替える場所2階の外壁・屋根・雨どいなど附帯物

      色が変わらない場所が茶系のため、色を塗り替える場所も同系統の色を選択しています。

       

      • 2階外壁
      • JC-04:セラスターウォール
      • ■屋根
      • JC-25:セラスタールーフ
      • ■雨どい(附帯物)
      • コーヒーブラウン
      • コーヒーブラウン:SPパワーサーモF

      塗り替えられない場所に合わせることで、全体のバランスやイメージを損なうことなく、まとまった印象になります。

      色がなかなか決められない方は、まず自宅の塗り替えられない場所の色を確認し、系統を合わせてみましょう。

       

      4-3    カラーシミュレーションでバランスを確認する

      カラーシミュレーション

      カラーシミュレーションで出来上がりのイメージを確認しましょう。

      1色ずつ色を選ぶと全体に塗ったときのイメージがつかみにくいです。

      シミュレーションで色を乗せることで細かい色の調節や確認ができます。

      またシミュレーションで、予想していなかった色が意外に自宅に合っているという発見もありますので、

      ワンパターンだけでなく、様々な色のシミュレーションをしてみましょう

       

      ▶カラーシミュレーションについて詳しく知りたい方はこちら

       

      4-4    色板で色の確認をする

      色板見本

      最終決定はカタログではなく、大きいサイズの色見本=色板で行いましょう。

      色には面積効果というものがあり、カタログなどの小さい面積で見る色と外壁に塗った大きい面積で見る色は違う色に見えます。

       

      色の面積効果とは…

      明るい色は面積が大きくなるほど明るく見える

      暗い色は面積が大きくなるほど暗く見える

      という人間の視覚の特徴です。

       

      また、室内の蛍光灯で見る色と外の日光で見る色も違いますので、色板を確認する際は、野外行いましょう。

      晴れている日、曇りの日、日中、夕方などでも見え方が変わりますので、できれば1日借りて様々な時間で色の確認をしてみましょう。

       

      ▽色板で色を確認する際のステップ

      • 1.気になる色の色板を工事業者に借りる
      • ※この時、選んだ色より薄い色と濃い色も借りて比較ができるようにしましょう。
      •  
      • 2.外に出て、外壁にかざして、日向と日陰で色を確認する。
        色板見本の比較
      •  
      • 3.夕方再度外に出て、外壁にかざし色を確認する。
      •  
      • 4.イメージに合った色を決定する。

       

      ▶色選びを失敗したくない方はこちらもチェック

       


      まとめ

      いかがでしたか。

      外壁塗装は塗る面積も大きく、色もすぐに決めるのは難しいです。

      しかし、色の選び方やポイントさえ押さえれば良い色に出会えます。

      どんな色がいいのかが分からない方は、まずどんな印象にしたいかを考えてから、印象に合った色を選択していきましょう。

       

      10年に一度の大切な工事、満足できる仕上がりにしていきましょう。

      最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

       

       

      [無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

      「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

      「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

      とお悩みではありませんか?

       

      そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

      今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

      ユーコーナビでのお見積作成は、

      • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
      • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
      • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
      • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
      • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

      お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。