屋根の塗り替え工事を徹底解説!塗装時期・費用相場から業者選びまで

屋根の塗り替え

「もう築10年だけど屋根の塗り替えっていつやればいいの?」

「費用はいくらぐらいかかるの?」

と疑問に思って調べられているのではないでしょうか。

 

屋根の塗り替えは屋根を長持ちさせるためにとても大切な工事です。

塗り替えをするのとしないのでは、屋根の耐久年数が1.5倍ほど変わってきます。

とはいっても安い工事ではないので、必要な時期にならないとなかなか工事をやる決心はつかないですよね。

 

そこで今回は屋根の塗り替えが必要な時期症状と、工事にかかる費用相場をご紹介します。

また、塗り替え工事でよくあるQ&A業者選びのポイントもご説明しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ご自宅の屋根を長持ちさせるために、必要な時期に塗り替えを行ないましょう。

 

DIYでの屋根塗装はお勧めしない

ご自身で屋根の塗り替えをするのはお勧めしません。なぜなら、高所で非常に危険だからです。

また知識がないまま塗装を行うと後々不具合が発生する場合もありますので、必ずプロに依頼してください。

 

まずは屋根の塗り替え時期についてご説明します。

 

時期は屋根の種類によって異なります。

屋根はなかなかご自身では確認できないところですので、塗り替え目安の時期や劣化症状などを把握しておきましょう。

屋根の塗り替え時期

 

1-1 【屋根材別】塗り替え目安の時期

スレート(コロニアル)

スレート

スレート屋根は塗装が必要です。塗り替えを行なわないと屋根が水を吸って劣化をしてしまいます。

築7年~10年で塗り替えを行なうことをおすすめします。

 

参考:

 

和瓦・洋瓦(粘土瓦)

屋根瓦

粘土瓦の和瓦や洋瓦には塗装が必要ありません。瓦よりも先に内側の防水紙が劣化し交換が必要になります。

 

参考:

 

セメント瓦・モニエル瓦

セメント瓦

セメント瓦やモニエル瓦は塗装が必要です。セメントが主成分の瓦は水を吸うようになり脆くなります。

そのため築10~15年で塗り替えを行ないましょう。

 

参考:

 

トタン

トタン屋根

トタンの屋根も塗装が必要です。トタンは金属のため、塗装することで錆の抑制になります。

築7~8年で塗り替えを行ないましょう。

 

ガルバリウム

金属屋根

ガルバリウム鋼板の屋根は、20~30年の耐久性があります。塗装しなくても防水機能に問題はありませんが色褪せはします。

また、屋根に傷がついてそこから錆が発生した場合は塗りかえなどのメンテナンスが必要になるので定期的な点検は必要です。

 

参考:

 

1-2 塗り替えが必要な劣化症状

症状

塗り替えの必要性

色褪せ

コケ

ヒビ

欠け

反り

サビ

雨漏り

×

 

色褪せ

退色

屋根が色褪せしている場合、塗装を検討しましょう。塗料が劣化して水を弾かなくなっている可能性があります。

ただし、ガルバリウム鋼板のように色褪せしても防水機能がある屋根材は、塗り替えしなくても耐久性には問題ありません。

見た目が悪い点が気になる方は塗装を検討しましょう。

 

コケ

セメント瓦

屋根にコケが生えてきたら塗り替えの時期です。これ以上繁殖する前に塗り替えを行ないましょう。

 

ヒビ

クラック

屋根にヒビが入ってきてしまったら塗り替えの時期が来ています。数が増える前に塗り替えをしましょう。

 

欠け

欠落

屋根が欠けてきてしまったら塗り替え時期を過ぎています。あまりにも多い量だと塗り替えではなく重ね張り・葺きかえなどの工事が必要になります。

 

反り

屋根の反り

屋根が反ってきてしまったら塗り替え時期を過ぎています。

反りが進行すると屋根の上を歩くだけで屋根が割れてしまうほど脆くなってしまうので、早急に塗り替えまたは点検をしましょう。

 

サビ

屋根の錆び

金属の屋根の場合はサビが発生します。

サビを放っておくと、周りにも広がりますし、屋根材自体がボロボロになってしまうので、錆が発生したら塗装が必要になります。

また塗装の際は下塗りで錆止めを塗装し、錆の発生を防ぎましょう。

 

雨漏り

屋根裏雨漏り

屋根から雨漏りしてしまった場合は、塗り替えではなく葺き替え工事が必要になります。

塗りかえよりも1.52倍の費用がかかります。

こうなる前に、早めのお手入れをしてあげましょう。

 

参考:

 


  • 2章 屋根の塗り替えの費用相場

屋根の塗り替え工事にかかる費用相場をご紹介します。

費用相場を知ることで工事までに準備しておくべき費用が分かるので確認しておきましょう。

 

2-1 【塗料別】費用相場

屋根の塗り替えの費用相場は、選ぶ塗料によって大きく変わります。

 

■塗料別費用相場

屋根塗装の費用相場

※概算金額ですので、実際は必ずご自宅を点検の上、見積もりを作成してもらいましょう。

 

2-2 屋根の塗り替えに必要な作業単価一覧

屋根の塗装で必要な作業と単価相場を一覧でまとめました。

見積を取った際に、細かい作業の単価も確認してみましょう。

 

■見積もりの内訳(単価相場)

屋根塗装の費用相場

 

棟板金釘打ちコーキングとは

熱膨張で抜けてきた棟板金(屋根の頂上にある鉄板)の釘を打ち込んでコーキングで止める作業のこと。

釘が抜けているのを放っておくと棟の中の木材が腐ってしまったり、板金が突風で飛んで行ってしまう。

釘打ち工事

 

縁切り(タスペーサー挿入)とは

屋根の塗装後に屋根同士がくっつかないように塗装後に隙間を開けること。

ここが埋まっていると塗装工事後に雨漏りが発生する。(主にスレート屋根のみに行う。)

縁切り・塗膜切除

 

▼今は専用の「スペーサー」という部材を挿入するだけで縁切りができる。

タスペーサー

 


  • 3章 よくある疑問QA

屋根の塗り替えについてよくある疑問をQAにしてまとめました。

同じような疑問などがあればご参考にしてみてください。

 

3-1 「足場は無くても塗装出来る?」

足場は無くても塗装できる?

足場がないと危険なので、必ず足場を立てて塗り替えが必要です

工事費用の1020%は足場代のため、足場代を節約しようと考える方も多いかと思いますがそれは危険です。

安全に作業するためには足場が必要不可欠で、足場がないと丁寧な作業もできません。

昔はパイプをつなげるだけの足場もありましたが、それも危険なので今は法律で「ビケ足場」と呼ばれる幅の広い歩ける足場で施工する規則があります。

塗装工事の際はビケ足場で安全に丁寧に作業してもらいましょう。

 

参考:

 

3-2 「自分でもできる?」

屋根塗装は自分でもできる?

できなくはないですが、おすすめしません。

ご自身での塗装はおすすめしませんなぜなら、危険なのはもちろんですが、知識がないと施工後に不具合が起きてしまう可能性があるからです。

また塗料や道具の手配や足場の手配も手間がかかります。

もしどうしても自分で施工したいのであれば、安全な足場だけは業者に依頼して、使う塗料の仕様を守って行ないましょう。

 

3-3 「屋根にはどんな塗料がおすすめ?」

屋根にはどんな塗料がおすすめ?

遮熱効果のあるグレードの高い塗料がおすすめです。

屋根は外壁よりも紫外線を浴びる場所なので、劣化のスピードが速いです。

そのため遮熱効果のあるグレードの高い(紫外線に強い)塗料を選ぶのがおすすめです。

外壁も一緒に塗装するのであれば、外壁よりも一段階高いグレードの塗料を選びましょう。

 

3-4 「お得に工事する方法はないの?」

お得に工事をする方法はないの?

条件が揃えばお住まいの市区町村から補助金がもらえる場合があります。

屋根工事をお得にしたい方は、市区町村の補助金の申請をしてみましょう。

いくつかの条件をクリアできれば市区町村から補助金を受け取ることが出来ます。

 

補助金の制度があるかや適応条件は市区町村によって違うので、お住まいの地域の補助金の制度を確認してみましょう。

以下のページからご確認いただけます↓

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

 

↓補助金について詳しく知りたい方はこちら

 


  • 4章 安心して任せられる業者選びのポイント

☑ 屋根の様子が細かく分かる点検写真をくれる

☑ 詳細な見積もりをくれる

☑ 工事中も確認に来てくれる

☑ アフター対応がしっかりしている

 

安心して任せられる業者選びのポイントをご紹介します。

屋根の塗り替えで重要なのが、どの業者に依頼するかです。

業者によってはマージンが発生して相場よりも高い見積もりを提示してくる業者や、手抜き工事をするような悪徳業者もあります。

適正価格で丁寧な施工をしてくれる業者を選ぶためにポイントをおさえておきましょう。

 

4-1 屋根の様子が細かく分かる点検写真をくれる

点検写真

屋根の点検をしてもらった時は必ず点検写真を撮ってもらいましょう。

中には屋根に登らずに計測だけして帰る業者もいますが、それではどんな症状があるのか・必要な補修はないのかの確認が出来ません。

屋根の様子が分かる写真を撮ってくれる業者を選びましょう。

 

4-2 詳細な見積もりをくれる

内訳が詳細な見積もりをくれる業者を選びましょう。

屋根の塗り替えには塗装以外にも足場仮設や洗浄、縁切りなど複数の作業が必要になります。

しかし「屋根 塗装 一式=○○円」と見積で記載されていては必要な作業がきちんと見積もりに入っているか分からず、工事中にトラブルになる可能性があります。

見積を貰った時に詳細な見積になっているか確認し、①作業内容 ②単価相場 ③数量をきちんと記載している業者を選びましょう。

 

参考:

 

4-3 工事中も確認に来てくれる

工事中も職人以外の担当者が確認に来てくれる業者を選びましょう。

屋根の工事はお客様からはなかなか確認しにくい場所なので、悪徳業者は手を抜きやすい環境です。

工事が終わった後でも安心いただけるように、工事中も各工程で確認し、さらには写真を撮っておいてもらいましょう。

 

★弊社ユーコーコミュティーでは、工事後に工事中確認したときの写真をアルバムにしてお客様にお渡ししています。

施工写真

 

4-4 アフター対応がしっかりしている

工事終了後のアフター対応がしっかりしている、またはアフター専用の部署がある業者を選びましょう。

屋根は外壁と違ってお客様自身ではなかなか確認できないところです。

そのため何も心配がなくても定期的に点検してもらうことが重要になります。

何かあっても連絡したらすぐ来てくれるようなアフター対応がしっかりしている業者を選びましょう。

 


まとめ

いかがでしたか。

屋根の塗り替えは家を長持ちさせるために必要な工事です。

時期を逃す前に適正価格で工事を行ないましょう。

また、中には悪徳業者や知識のない業者もいますので、知識や経験が豊富な専門業者に依頼して、品質の高い工事をしてもらいましょう。

最後までご覧くださりありがとうございました。

 

◆塗装業者を選ぶ際のポイントをまとめています。チェックリストもありますのでぜひ確認してみてください。

外壁塗装は業者選びが肝心!優良業者を見極める20のチェックポイント

 

[無料]外壁塗装見積もり 100枚の点検写真付!

「外壁塗装、うちは実際いくらくらい?」

「そろそろとは思うけど、塗装ってどこに頼んだらいいの?」

とお悩みではありませんか?

 

そんな方は一度、塗装専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。

今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。

ユーコーナビでのお見積作成は、

  • 50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断、写真は全て進呈!
  • 我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書
  • 塗料プランは4パターン以上もらえて比較検討できる
  • 専門用語もスタッフが分かりやすく解説
  • 契約する必要は一切なし(他社様との比較などにも是非ご活用ください)

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。